mityさんの映画レビュー・感想・評価

mity

mity

  • List view
  • Grid view

君は永遠にそいつらより若い(2021年製作の映画)

3.5

タイトルに込められた想いが気になって鑑賞。

哀しい過去に、憤りの過去に、「その場にいれなかったことが悔しい」と言えるイノギとホリガイ。何て真っ直ぐと真摯なんだろうと思った。イノギに気付いてあげられな
>>続きを読む

浜の朝日の嘘つきどもと(2021年製作の映画)

4.0

良い映画だった!よくある笑って泣けるっていう謳い文句が、この映画にはピッタリだったと思う。

もう茉莉子先生が最高だったなー。生徒から人気があるの分かるよ。変に取り繕わないし、良い面だけを見せようとし
>>続きを読む

マスカレード・ナイト(2021年製作の映画)

4.0

前作よりも好みだった!長すぎるOPのアルゼンチンタンゴと既視感のあるラストはどうかと思ったけれど、怪しい人物オンパレードの中進むフーダニットは見応えがあったな。

全ての客を疑う新田と全てのお客様を信
>>続きを読む

スイング・ステート(2020年製作の映画)

3.5

いやぁ、皮肉たっぷり批判も混じって、楽しい映画だった。

片田舎の小さな町の町長選挙が、民主党vs共和党の代理戦争となり、どんどんどんどん規模が大きくなって、そこまでする?のオンパレードには笑っちゃっ
>>続きを読む

レミニセンス(2021年製作の映画)

3.5

予告から感じた印象とは、ちょっと違った映画だったなぁ。

人々の記憶のカケラを繋ぎ合わせながら、真実に辿り着いていくニックだけれど、この映画の場合、記憶は全て正しいことが前提で進んでいっているようだっ
>>続きを読む

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

4.0

約3時間と長い上映時間だったけれど、苦なく観続けられた、何とも心地の良い映画だった。

劇中劇として出てくる、チェーホフの戯曲『ワーニャ伯父さん』。この戯曲の台詞が、家福の心情を表しているように思えた
>>続きを読む

ブライズ・スピリット 夫をシェアしたくはありません!(2020年製作の映画)

3.5

愛憎は表裏一体だな、と思ったブラックユーモアたっぷりの映画だった。

チャールズ以外には見えない幽霊として甦ったエルヴィラの、チャールズが好きでしょうがないっていう想いが重かった~。独占欲からどんどん
>>続きを読む

モンタナの目撃者(2021年製作の映画)

3.5

前方から山火事、後方からは暗殺者。・・・って何という恐怖。前にも進めず後ろにも戻れない中、一か八か腹を括り、コナーを守り抜こうとするハンナは格好良かった。

父親が秘密が書かれた手紙を渡す際、コナーに
>>続きを読む

先生、私の隣に座っていただけませんか?(2021年製作の映画)

3.5

何を考えているのか読めない佐和子が醸し出すミステリアスさ。佐和子に翻弄される俊夫のコミカルさ。このバランスが良かったなぁ。分岐点となった質問で回答を誤ったなと感じた時から、私はちょっと佐和子に肩入れし>>続きを読む

恋の病 〜潔癖なふたりのビフォーアフター〜(2020年製作の映画)

3.5

びっくりしたー・・・。
ポップなラブコメかと思っていたらとんでもなかった・・・。入口と出口が違いすぎて、観終わった後、驚き過ぎてちょっと呆然とした。

こんな私を理解してくれる人なんていないだろうと確
>>続きを読む

ホロコーストの罪人(2020年製作の映画)

4.0

ホロコーストに加担したノルウェーの罪を描いた本作。力を持ったナチスに侵攻され、従わざるおえなかったという側面もあるかもしれないけれど、でも、「ついにきたぞ」「やっと追い出せる」との言葉には、命令に従っ>>続きを読む

アナザーラウンド(2020年製作の映画)

3.5

血中アルコール濃度0.05%って、どんな状態なんだろうと思って調べてみたら、ほろ酔いぐらいだそうで。

ほろ酔いで授業をしてみたら上手く出来た!という成功体験が良くないだろうことは、容易に想像がついた
>>続きを読む

鳩の撃退法(2021年製作の映画)

3.5

魅力的なタイトルに耳に残る主題歌、予告に惹かれて観るのを楽しみにしていた映画。

過去と現在、小説と現実を行き来しながら語られるニセ札と一家失踪事件の謎。映像にその境界線がないから、ちゃんと観ていかな
>>続きを読む

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

3.5

前作よりもバイオレンス度は格段に上がっていて、もう昼だろうが夜だろうが、ところ構わず此処彼処で暴力暴力暴力・・・めちゃくちゃ怖かった。それでも映画を観た後、前作の方が強烈だったなと思ったのは、多分あの>>続きを読む

子供はわかってあげない(2020年製作の映画)

4.0

私は何を観ているんだろー・・・と思った冒頭のアニメーションからの朔田家団欒で、一気に心を鷲掴みにされた。それからはもうずーっと前のめり状態(笑)

実の父が新興宗教の教祖となっていただけでも怪しいのに
>>続きを読む

復讐者たち(2020年製作の映画)

3.5

「目には目を 600万人には600万人を」
生き残ったユダヤ人たちによるドイツ人の無差別大量殺害計画が、もしも本当に実行されていたとしたら・・・多くのドイツ国民の命が失われていただけではないような恐ろ
>>続きを読む

妖怪大戦争 ガーディアンズ(2021年製作の映画)

2.5

前作をあまり覚えてはいないけれど、ただ、面白くなかったなという記憶はあって。だから今作もきっと面白くはないんだろうなと思いながら観に行ったお陰で、ちょっとだけ楽しめた。良かった・・・。

タイトルに偽
>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

4.0

これは面白かった‼️
モブキャラであるはずのガイが自由意思を持ち勝手に動き始めた理由、「フリー・シティ」の秘密、ゲームの世界が現実に与えた変化。もう脚本が巧くてワクワクした🤩

モロトフ・ガールに恋を
>>続きを読む

犬部!(2021年製作の映画)

4.0

どうしても観たかった映画。終わる前に観られて良かった。

颯太の変わらない信念も強い気持ちも行動力も素晴らしいとは思うけれど、でもやっぱり守るべきところは守らないといけないと思う。ひとりで突っ走しても
>>続きを読む

モロッコ、彼女たちの朝(2019年製作の映画)

3.5

なかなか観ることのないモロッコの映画。パン屋ひとつとっても異国情緒漂っていて、未知の国の文化はとても興味深かった。

女性の権利が強く制限されているモロッコ。アブラが話した夫を亡くした時のことからも、
>>続きを読む

夕霧花園(2019年製作の映画)

3.5

日本の占領下にあった歴史をもつマレーシア。そこでの日本軍による蛮行には心が痛んだ・・・。それでも日本庭園に想いを馳せ、美しいと愛でる心を持っていたユンホンの強さに、日本軍の非道さがより一層響いてしょう>>続きを読む

ジャングル・クルーズ(2020年製作の映画)

3.5

観終わった後、ディズニーランドに行きたくなった映画だった!ジャングル・クルーズ体験したいなぁ。

不老不死の花を求めて、アマゾンのジャングルへと向かうフランクにリリー、マクレガー。冒険の名に相応しく、
>>続きを読む

明日に向かって笑え!(2019年製作の映画)

3.5

金融危機に乗じて財産を奪われた者たちが、知恵を出しあって奪還に挑んだリベンジ劇!人のお金を騙しとって良い思いしようとしてる者を、流石に黙ってみてるわけにはいかないよねぇ。

結構無茶な奪還作戦だなぁと
>>続きを読む

サマーフィルムにのって(2020年製作の映画)

4.0

爽やかな青春感溢れるビジュアルに惹かれて鑑賞してみたら、ストーリーも結構良く出来ていて、思いがけず良い作品だった!これは、暑い夏にピッタリの映画だと思う。

ハダシ、ビート板、ブルーハワイ。仲良し3人
>>続きを読む

キネマの神様(2021年製作の映画)

3.5

コロナ禍の今が作品に盛り込まれていたりしたので、原作からわりと手を加えたんだろうなという印象を持った本作。

酒呑んで、ギャンブルやって、借金作って・・・孫にまでお金を借りようとしたゴウを、私は“愛す
>>続きを読む

映画 太陽の子(2021年製作の映画)

3.5

NHKでの放送を観ていなかったので、映画は必ず観ようと思っていた。日本でも原爆開発がされていたこと、ちゃんとは知らなかったなぁ・・・ただ日本が開発に成功しなくて良かったとは、しみじみ思った。

仲間が
>>続きを読む

わたしはダフネ(2019年製作の映画)

3.0

快活で口が達者でコミュニケーション能力が高いダフネにダウン症を感じたのは、序盤だけだったかもしれない。

母マリアを喪って情緒不安定のようになったダフネ。泣いて叫んで悲しんで、感情全開にして母の死を嘆
>>続きを読む

アウシュヴィッツ・レポート(2020年製作の映画)

3.5

アウシュヴィッツ収容所を脱走し、ホロコーストの真実を伝えた若者の実話に基づいた映画。彼らが命懸けで真実を伝えなければ、全貌を知る事は出来なかったのかもしれない・・・。

アルフレートとヴァルターがアウ
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

3.5

IMAXで観よう!と決めていた映画。歌がキーになっているだけあって、心情が歌で表現されていたりして楽しめたし、歌声がとても綺麗で、IMAXで観た甲斐があったなと思った。「U」が一番好きだったけれど、1>>続きを読む

東京リベンジャーズ(2021年製作の映画)

4.0

いやーカッコよかった!面白かった!
原作を知らないけれど、とてもシンプルに作られていたから、置いてけぼりになることなく楽しんで観ることが出来た。タケミチがタイムリープしてる謎とか諸々解決はしていないけ
>>続きを読む

SEOBOK/ソボク(2021年製作の映画)

3.5

ソボクがとっても可愛かったなー。ドジョウに興味津々だったのも、物欲しそうにしてたのも、初めて食べたカップラーメンが美味しくてしょうがなかったのも、もう“無垢な”という言葉がピッタリな感じの可愛らしさだ>>続きを読む

ベル・エポックでもう一度(2019年製作の映画)

3.5

SF映画かなと思っていたので、タイムトラベルはビジネスなんだ!という驚きと面白さを感じた映画だった。

セットを組んで役者を用意してリハーサルもしてって結構手が込んでいたから、これで自分の想い出を再体
>>続きを読む

幸せの答え合わせ(2019年製作の映画)

3.5

熟年離婚というと、突然妻に出て行かれる夫の図の方が先に思い浮かんでしまうけれど、この映画では、突然夫に出て行かれてしまった妻が描かれていた。

結婚29年目にして突然、もう修復不可能だと知らされるなん
>>続きを読む

シンプルな情熱(2020年製作の映画)

2.5

女性目線で描いた不倫の話と知って、一番最近で観たのだと『Red』があったなと思い出したけれど、こちらは実体験を元にした小説を映画化したものだそう。それを知ってますます不快になった。

エレーヌとアレク
>>続きを読む

やすらぎの森(2019年製作の映画)

3.5

16歳から60年もの間、外界と隔絶された施設での暮らしを余儀なくされていたジェルトルード。60年・・・その途轍もない年月に驚いて、想像力がちょっと追い付かなかった。

ジェルトルードが少しずつ明かす精
>>続きを読む

Arc アーク(2021年製作の映画)

3.5

描かれていないことの多い映画だなと思った。余白が多分にあるから、考え想像しながら観る映画だったと思う。

不老化処理が当たり前となった世界では、出生率は低下し、自殺者は増え、処理をしない選択に理由が求
>>続きを読む