ぱやぱやさんの映画レビュー・感想・評価

ぱやぱや

ぱやぱや

映画(628)
ドラマ(140)

美女と野獣 ベルの素敵なプレゼント(1997年製作の映画)

3.2

さすがディズニー、こちら(サブストーリー?)も安定のクオリティ
キャラストーリー的なポジションなので(特にベルとチップ)、キャラに愛着がある人には微笑ましく楽しめるかと

ただ私的にはもう少し野獣のセ
>>続きを読む

美女と野獣(1991年製作の映画)

3.5

言わずと知れたディズニーの名作
個人的には色んなリメイクあれど、このアニメ版が好き
やっぱりお屋敷の召使達(物に変えられた)の動きに、このアニメでしか出せない躍動感が合わさっているミュージカルシーンが
>>続きを読む

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

評価高いのも納得の、はちゃめちゃコメディポリスアクション!
テンポ・ストーリーの大筋・キャラ・俳優さん達の演技全てが好きなアクションコメディに出会えた!普段イギリスのコメディは自分には合わないことが多
>>続きを読む

101(1996年製作の映画)

3.4

実写版101匹わんちゃん!

ぞろぞろ出てくる犬達(主にダルメシアン笑)も本作ヴィランである毛皮大好き奥様のクルエラも、アニメのあの表現を実写化するのはとても難しいはずなのに、かなりの再現度で驚いた
>>続きを読む

インビテーション/不吉な招待状(2015年製作の映画)

3.6

え!なんでこんな酷評されてるの?!というくらい自分的には高評価な「違和感」系ホラー

確か地味だし、なんだかだらだら長いし、ひっぱり過ぎとの声が多いのも理解できるが、こういう「なんか変じゃない?」って
>>続きを読む

ハチミツとクローバー(2006年製作の映画)

3.0

あるグループのある一時期の学生生活やら人間関係を感情込めて切り取った素晴らしい作品ということは理解してはいるんだけど、本当に…本当に申し訳ないことにアレルギーってほどに苦手な雰囲気の映画…(中学生時代>>続きを読む

スチュアート・リトル2(2002年製作の映画)

3.4

個人的には1の方がずっと好みだけど、2も十分良作だと思う

2では既に家族の一員となったスチュアートの奮闘が描かれると同時に、家族の形も時と共に変化が訪れるんだよね
そういう家族の絆が試される時期を描
>>続きを読む

スチュアート・リトル(1999年製作の映画)

4.0

幼い頃から繰り返し観ていて、大好きな映画のひとつ

ネズミのスチュアートが健気で、そして感情豊か
変にキャラの感情をデフォルメでごまかさず、むしろ大人びた演出をしているのも良い
強がって笑ったり、寂し
>>続きを読む

フリーダムランド(2006年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

これ凄い評価悪いみたいだけど、自分的には良くも悪くも2時間完結のサスペンスドラマみたいな感じで鑑賞できた

サスペンス自体に二転三転するような深みはなかった上、主人公格の女性が精神不安定のため、サスペ
>>続きを読む

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密(2015年製作の映画)

2.5

ミステリーとしてもよく筋書き分からないのに、中途半端なコメディだと感じたのは私だけじゃないみたい…(レビューをみて)

ストーリーがいまいちなのに、中途半端なギャグが挟まれるのと、ずっと同じテンポ(シ
>>続きを読む

ラブリーボーン(2009年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

公開当時の美しいCMが印象深くてレンタルして鑑賞したのだが、観るのが色々な意味で辛かった作品
凄く残念だった

他の方のレビューに私が言いたかったこと全て書いてあったので色々省略するが

一応概要
>>続きを読む

つみきのいえ(2008年製作の映画)

4.3

様々な短編アニメーションの賞を受賞した傑作
たった12分だしとても見やすい反面、家族愛について考えさせてくれる内容で、無声映画ということもあり、大人向けの作品だと思う

個人的には、よく傑作と言われる
>>続きを読む

バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!(2012年製作の映画)

3.0

程々、そんな振り切れてないくらいのコメディ映画(振り切れてないからこそのこの評価な気がする)

以下概要
仲間内で1番ブス…なはずの子が、美人な私たちより先に結婚?!私たちが花嫁付き添い人?!プライド
>>続きを読む

日の名残り(1993年製作の映画)

4.3

あまりに感情的になりすぎてレビューがひどいことになってしまった
名優アンソニー・ホプキンスの演技が全ての切ない名作…人生について考えさせられるラブストーリー


概要はFilmarks上にあるので簡単
>>続きを読む

ホーホケキョ となりの山田くん(1999年製作の映画)

4.3

原作ファンにも、アニメファンにも、ジブリファンにまで酷評されていて、実際円盤売れ行き的にも人気的にも酷い成績だったという本作だけど、私は大好き
毎日生きていこうという勇気が湧いてくる

絵が白っぽいと
>>続きを読む

赤い糸(2008年製作の映画)

2.7

携帯小説全盛期に中学生だった自分にとって、中でもめちゃくちゃ売れた赤い糸は特別な作品
小説はシリーズ全作既読状態で、映画館まで友達と観に行った思い出

なんだが…正直!全然!原作とは別物!
で、しかも
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.6

個人的にはホラー&ラブコメ感が好きだったから1の方が好みだったけど、2の方も別ベクトルでいい作品
ただし1の完全続編なので、1を観てからじゃないと訳分からないことになると思う

そして2は1の伏線回収
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

4.1

怖さあり、面白さあり、青春ありのハッピーキュートラブコメホラーの傑作!だと思う!大好き!

以下概要

女子大生ツリーは派手ギャルイケイケ女子の遊び人なんだけど、ある年の誕生日、変な仮面の奴に殺される
>>続きを読む

CUBE(1997年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

この時代に、限られたシチュエーションと俳優、低予算という制限つきで、これだけのホラーを作ったというのが凄い作品
後世の密室パニックものに影響を与えただろうな…という意味でも重要な作品だと思う

以下概
>>続きを読む

サブウェイ123 激突(2009年製作の映画)

3.0

主演2人の演技は本当に迫真で最高だったのに、色々よくある展開すぎてストーリー自体がTVドラマの1話くらいの規模に感じられた作品…

以下概要

嫌疑をかけられ降格として地下鉄の司令室勤務をしていた主人
>>続きを読む

レッド・ドラゴン(2002年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ハンニバルシリーズの映画は『羊たちの沈黙』しか観ておらず
ドラマ『ハンニバル』をシーズン1のみ視聴した状態での鑑賞

これは少数派かもしれないが、『羊たちの沈黙』よりもこちらの方が、単純にサスペンス映
>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.5

私個人としては予想以上によかったけど、好き嫌いは好みではっきり分かれそうなホラー作品
アメリカ版、怖さ半減の呪怨という感じ?に感じたので非常に満足

以下概要

ある美人な19歳の女の子はイケメンの彼
>>続きを読む

アイランド(2005年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

設定は凄く好きなんだけど、色々辻褄合わなかったり、心情的にどうなの?ってところがあったり、敵もガバガバご都合すぎて、惜しいな…ってなった作品

以下概要

地球が汚染されてシェルターの中で生かされてい
>>続きを読む

バッドボーイズ2バッド(2003年製作の映画)

3.4

相変わらず面白い2人のやりとりと、前作以上に派手になった(お金もかかってる)アクション演出で、最高の娯楽映画

マイケルベイ映画テッパンの炎上!爆発!吹っ飛ぶ!みたいなのもよかった

ふたりの息が1よ
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.9

決して派手ではないけど硬派で堅実な良質サスペンスドラマで、この平均点の高さも肯ける完成度だったと感じた
謎が深い訳でも、トリックがあるわけでもなければ、カッコいいアクションがあるわけでもないんだけど、
>>続きを読む

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(2011年製作の映画)

3.7

ガイリッチー監督×ロバート・ダウニー・Jr.のホームズ第2作目
(ちなみに2021年に予定されている3作目は監督が変わってしまうそう…ガイリッチーのアクション大好きなので凄く残念…)

今作はついにモ
>>続きを読む

シャーロック・ホームズ(2009年製作の映画)

4.0

これぞ!私が求めていたホームズ!

シャーロック・ホームズの原作も読んだし、映像化作品もいくつも観てきたけど、ここまで気に入った作品に出会えたのは初めて

正直観る前は、ホームズがロバート・ダウニー・
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.7

何度でも観たい!良質サスペンス!

画面上のみで進むという企画、ストーリー展開のテンポ感、違和感がすべて回収される結末、父と娘の絆を表現しきる主演の演技力…どれも本当に素晴らしい

ネタバレしたくない
>>続きを読む

ひかりをあててしぼる(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

以前、何故か友人宅でのお泊まりの時にこの映画を選び微妙な夜になった記憶…

実際にあった事件を元にしたらしい、DVからの殺人を描いた作品

忍成くん目当てで観たが、やっぱりDV男がこの人ほど似合う日本
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ffさんのつぶやきから、この映画の原作が『ファントム・スレッド』と同作者によるものと知ったため鑑賞

『ファントム・スレッド』は最近観た中でもかなりのお気に入りになったけど、これは胸糞すぎた…(ただし
>>続きを読む

キリング・ミー・ソフトリー(2002年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

大好きなチェン・カイコー作ということで鑑賞
確かに映像は綺麗だし、テーマの異常性愛という観点は自分も興味がある
独特のカメラワークや魅せ方、背景の色合い、主演の2人の美しさ、過去とのフラッシュバック…
>>続きを読む

エンド・オブ・ホワイトハウス(2013年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

大好きなジェラルド・バトラー主演ということで鑑賞
彼はやはり格好よかった、ガチガチ筋肉隆々の肉体での格闘は見応えあった
が、ストーリーがガバガバすぎて、全然入っていけなかった…
(それなのに予想以上に
>>続きを読む

ヴァージン・スーサイズ(1999年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

独特な空気感のある作品
ピンクでガーリーで女の子の夢って感じの映像なのに、当の主役姉妹は物憂げで世界に飽いているような、どこか厭世的な雰囲気…このギャップが観客を惹きつけたのだろうと思う
私の周りのお
>>続きを読む

>|