マエダさんの映画レビュー・感想・評価

マエダ

マエダ

いろいろなジャンルの映画をたくさん見たいです。時間的な問題から自宅鑑賞が多いです。本当は劇場でたくさん見たい!(評価で満点は付けちゃダメなんですか?皆さん評価が厳しいなぁ。おもしろい作品たくさんあるけどなぁ…)

映画(599)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

仮面ライダー THE NEXT(2007年製作の映画)

1.0

前作は恋愛要素強めでとんでもない作品になり、今度はホラー要素とツンデレJK要素を入れ込んできやがった。それもやはりマネて作ってみましたくらいのクオリティ。。。複数の女性が整形をして一人のアイドルを演じ>>続きを読む

仮面ライダー THE FIRST(2005年製作の映画)

1.0

リデザインされた仮面ライダーがカッコイイ。ヘルメットから髪の毛が覗いているのが渋い。コブラっぽい怪人男女のデザインも良い。といってもコスプレ集団となってしまう紙一重の危うさはある(笑) 古臭いカメラア>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

5.0

前作みたいなのが良かったという人は、前作を見ましょう。そんな大人は嫌いです。少年大人として鑑賞。いやーおもしろかった!! 最初の導入はドラマ部分が多かったけど、イェーガー出てきたらノンストップ。デモを>>続きを読む

ジャッジ・ドレッド(2012年製作の映画)

4.8

スタローン版のジャッジ・ドレッドが好きだけど、今作もスタイリッシュでハードでドライで大好き。なによりシンプルな内容で時間も短いのでサクッと見れる。3D映画ブームの時に作られたので、それを意識した演出は>>続きを読む

オー・マイ・ゼット!(2016年製作の映画)

1.0

東京03の角ちゃんが主演というんだから見たくなっちゃった作品。それなら03のメンバー全員出してほしかったな。ていうか脚本を書いてほしかった。作りたいものはわかるけど、おもしろくない。ところどころコント>>続きを読む

リピーテッド(2014年製作の映画)

3.8

たまに作られる記憶喪失もの。嫌いじゃないのジャンルで、この作品もそこそこおもしろかった。記憶を探す過程がシンプルなんだけど、その流れに見入っていた。本編時間も程よい。これ以上長いと疲れたかも。キャスト>>続きを読む

サボタージュ(2014年製作の映画)

3.5

すんげーおもしろくなりそうなところが、そうじゃなく終わってしまった作品。復帰後のシュワちゃん、いろいろなオファーがある中からコレを選んだのは、なかなかなハイセンスだと思うんだけど、結果としてとても惜し>>続きを読む

パーフェクト・ルーム(2014年製作の映画)

3.8

男5人が情事のために共同で使っている部屋起こった殺人事件の真相。5人の中の誰が犯人か? なかなか見入って楽しめる作品。バカバカ男ってバカ。程よい豪華キャストがこれまた心地良い。回想シーンと死体を前にし>>続きを読む

GOEMON(2008年製作の映画)

4.0

この作品は、紀里谷和明の第1作&駄作「CASSHERN」の存在のせいで評判が悪かったり、見ようと思う人がいないんじゃないかと考察している。僕はね、この映画好きなんですよ。カッコいい映画で。紀里谷和明ら>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

2.0

むむむ、評・判・通り…。。。アクション映画叩きを趣味としている人が言ってるだけで、そんなことないでしょーって思ってたけど、おもしろくなかったです(T_T) あぁトム・クルーズ。。冒険映画かもとワクワク>>続きを読む

破裏拳ポリマー(2017年製作の映画)

2.5

助手の女の子が可愛い。あえての漫画っぽいキャラクターとしていろいろやらせているのが可愛い。意外と活躍の場も多くてナイスだった。なんというか、ダサくなっちゃうであろう作品だからこそ、いろいろ遊んだのかな>>続きを読む

探検隊の栄光(2015年製作の映画)

4.0

なかなか好き。最後の持っていきかたも好き。そして藤原竜也が好き。藤原竜也ってカイジやデスノートなどのキャラでネタにされてるけど、そんなのよりも、彼は気の良い兄ちゃんって感じが好き。芸能人で友だちになり>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

2.5

原作漫画を読んでいた人間です。まぁ漫画を読んだときも思ったけど、なんか古いっすよね。家庭を顧みず妻が離れて罰を受ける刑事っていつの時代の話やねん。犯人はすんなり正体わかって、この話の醍醐味は、主人公が>>続きを読む

劇場版SPEC~結~ 爻ノ篇(2013年製作の映画)

1.0

テレビドラマ、いや、携帯で見れるようなオマケなような映像でも、もっと場面が切り替わるのではと思う。最後の最後がずっと同じ映像ってなんですか。これを撮影していたときは、監督も演者もどういう気持ちで仕事を>>続きを読む

劇場版SPEC~結~ 漸ノ篇(2013年製作の映画)

1.0

SPEC愛があっても、どうも評価が厳しくなる結。。。あのユルいギャグノリも入れたい、でも意味不明な展開にもしたい、重要キャラが死んじゃう、でもユルいギャグノリも入れたい。気持ちはわかるが、全然バランス>>続きを読む

劇場版 SPEC 天(2012年製作の映画)

2.5

うん、始まりから危うい空気を醸し出す。まぁわけわからんところばかりクローズアップしても勿体ないので、良いところを。ドラマ版でパッとしなかった福田沙紀の活躍があって楽しい。ゴミバケツ被ってさまよう姿が笑>>続きを読む

SPEC~翔~ 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿(2012年製作の映画)

3.0

年に数回、ドラマのSPECを見返してしまう。いつもドラマ版のみ見るのだが、ネット配信でラインナップされていたので、翔・天・結も見ることにした。

今作は、ドラマ後のものでは一番好き。というか何が起こっ
>>続きを読む

スコーピオン・キング(2002年製作の映画)

3.5

小気味よい良作。ドウェイン・ジョンソンが、まだ「ザ・ロック」としてレスラーだった頃の作品。肉体に弾力がありそうなしっかりしたレスラー体型。今の肉体改造されたマッチョ体型もカッコいいが、この頃のロック様>>続きを読む

殿、利息でござる!(2016年製作の映画)

3.0

タイトルにジャケットイメージや出演キャストにしては、エンジンが掛かるのが遅く拍子抜けしてしまった。実際にあった話だとかで、それを意識してリアリティをと考えたのかな。まぁちょっと勿体ないかなとは思う。し>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

5.0

おもしろい映画でした。妻が死んだ時に自分のエゴサーチをする気色悪いモックンと、イカツイけど良い奴の竹原ピストル。竹原ピストルの家族と仲良くなるモックン。ハートフルな場面が増えて、モックンの気色悪い感じ>>続きを読む

レジェンド・オブ・ゾロ(2005年製作の映画)

3.3

みんな大好きゾロ。前作で3枚目ゾロを演じたアントニオ・バンデラスのゾロの続編ということで、楽しさ満載の作品。特に今回は息子も出てきて、ファミリーとして戦う。パパが実はヒーローだったと知るときの場面がと>>続きを読む

砂上の法廷(2015年製作の映画)

4.2

これはなかなか良い法廷サスペンスでなかろうか。とても淡々と話しは進められていく。よくある警察のごとく真実を捜査して、真犯人を見つけるといった類のストーリーではなく、舞台はほぼ法廷のみ。そこに立つ証人が>>続きを読む

人生スイッチ(2014年製作の映画)

4.0

ブラックなオムニバス形式のおもしろ「バカヤロー!私怒ってます」的ドラマ。程よい具合を攻めていて、最後までストレスなく、「あーもっと他の話も見たい」と思ってるところでエンドになる。南米の人たちの顔が好き>>続きを読む

女子ーズ(2014年製作の映画)

3.5

福田監督らしい作品。ネット配信にあったからこそ手を出せた作品。勇者ヨシヒコがドラクエを題材にしたユルいコメディーなら、今作は戦隊モノを題材にいろいろとユルく攻めていた。佐藤二朗ちゃんなんてヨシヒコとあ>>続きを読む

パワー・ゲーム(2013年製作の映画)

3.3

ビジネスサスペンスものって好きなんです。野心あふれる若者が、なんともラッキーに偉い人に気に入られある仕事に就く。その仕事は実は裏があって、会社の陰謀に巻き込まれていくのだった!的な話がすごく好き。今作>>続きを読む

スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ(2006年製作の映画)

2.5

なんか見ちゃうんですよね、この映画。繰り返し。そこまでおもしろくないんですけどね。なんか程よいというか、楽に見れるというか。ダメなところはたくさんあるんだけど、全く指摘するような気持ちにならず、それを>>続きを読む

グレートウォール(2016年製作の映画)

4.2

意外とおもしろく、見入っちゃった。話も変に冗長にならず、いたってシンプル。万里の長城はモンスターを都から守るためにあったのだ!というビックリ話をしっかり盛り上げて見せてくれた。ホワイトウォッシュとか叩>>続きを読む

マチェーテ・キルズ(2013年製作の映画)

2.5

ただただ、豪華なキャストなだけ。ジョークから始まったジョークな企画なので、こういう内容で良いんでしょうが、観客目線では、ストーリーが全然おもしろくないので、「うーむ…残念」という感想しか出てこない。ロ>>続きを読む

ハード・パニッシャー(2013年製作の映画)

3.8

すごくシンプルで楽しめた。超強い奴が、極悪な奴らを倒しまくる復讐もの。このジャンルは基本的にそこまでハズレってないのかも。まぁ皆、法律ではどうしようもない奴らを懲らしめる話が好きってことかな。でも今作>>続きを読む

米軍極秘部隊ウォー・ピッグス(2015年製作の映画)

3.0

ルーク・ゴス&ドルフ・ラングレン(あとミッキー・ローク)というその筋のファンであれば嬉しい組み合わせ。そして戦争アクション物で特殊部隊の話らしいと聞いたらちょっとおもしろそうかも期待はしちゃう。そんな>>続きを読む

香港国際警察/NEW POLICE STORY(2004年製作の映画)

4.5

近年のジャッキーの傑作、と言おうとしたらこれはもう14年前の作品になっちゃったのね。アクションを控えめになったとはいえ、自分のジャッキーのイメージは今作をまだハズしておらず、そう思うとまだまだ頑張って>>続きを読む

アウトバーン(2016年製作の映画)

2.5

とっても惜しい作品だった。主演はまだそこまで華がないとはいえ、子役時代から見ているニコラス・ホルト。ヒロインは可愛い今が旬のフェリシティ・ジョーンズ。そしてベン・キングズレー、アンソニー・ホプキンスと>>続きを読む

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

1.5

これは実につまらない内容になったなぁ。始まって途中までは多めに見てあげましょうよ。綾瀬はるかがいつもの感じで頑張ってるなーって。堤真一は何演じても良い人っぽく見えて良いなーって。濱田岳が出てるだけで場>>続きを読む

キックボクサー リジェネレーション(2015年製作の映画)

4.0

期待以上の内容。オリジナル版は見ているが、もう内容を忘れてしまっているくらい古い作品。それを今風に上手く作ったと思う。今作の特徴としては何よりも、あのジャン・クロード・ヴァン・ダムが実に楽しそうで、見>>続きを読む

フェイス/オフ(1997年製作の映画)

5.0

ジョン・ウーの最上級のものを。もちろんソフト所持。地球が滅亡して別の星に移住するときは必ず持っていこうと思う。パッケージの裏に「この映画させあれば、他にはいらない!!」と書いてるのだが、その通りと言っ>>続きを読む

捜査官X(2011年製作の映画)

4.5

不思議な雰囲気のカンフー映画だけど、これがなかなかおもしろい。前半は金城武の中華シャーロック・ホームズ。音楽も意識されていて、スタイリッシュな謎解き映像がまさにガイ・リッチー版シャーロック・ホームズ。>>続きを読む

>|