マエダさんの映画レビュー・感想・評価

マエダ

マエダ

いろいろなジャンルの映画をたくさん見たいです。時間的な問題から自宅鑑賞が多いです。本当は劇場でたくさん見たい!(評価で満点は付けちゃダメなんですか?皆さん評価が厳しいなぁ。おもしろい作品たくさんあるけどなぁ…)

  • List view
  • Grid view

コンテンダー(2015年製作の映画)

1.0

わー全然おもしろくなかったー(T_T) 最初はさ、ニコラスのケイジ演じる政治家が浮気発覚での逆境から、信用落としても頑張ってなんとか原油事故の解決に奮闘していくお話かと思ったの。でもフタを開けてみりゃ>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

4.0

ヒトラーが現代にタイムスリップしたらどうなる、というネタをしっかり見せてくれた。おもしろかったです。ヒトラーという人間は、今もなお魅力的ということか。その題材でおもしろオカシク話は進んでいくのだけど、>>続きを読む

内村さまぁ~ず THE MOVIE エンジェル(2015年製作の映画)

3.8

何度か見たくなっちゃう作品。番組名を冠しているだけあって、ファン向けなんだけど、ほんとファンなら「ふふふ」と楽しめる内容になっている。映画としては正直、期待してなかったけど、これがどっこい、おもしろく>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.2

これは長いけどおもしろかった。キーは整形して逃亡している殺人犯。それと同時期に起きた、身元がハッキリしない男と出会った人たちの人間模様。キーは殺人犯なのだけど、話のメインは別にそこでもないのがおもしろ>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

2.0

原作小説をずっと前に読んでいる状態で鑑賞。いやコレ、原作で内容知らないと、登場人物たちが何を話しているのか、何をやっているのかわからないのちゃうかなと感じた。実際に自分もウル覚えの内容だったので、「ん>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

4.5

鑑賞2回目。1回目に見た時に、自分は押井ファンではなく攻殻機動隊ファンだったことに気付かされた、愛がある実写化。うん、むっちゃ好き! なぜ評価が良くないのだろう。全然カッコいい世界観だし、程よいアクシ>>続きを読む

コードネーム:プリンス(2014年製作の映画)

2.5

「96時間」のような映画かなと思わせておいて、主人公カッコよく悪者殺さないし、爽快感がなく、まず主人公ジェイソン・パトリックだしってところで、うーむ惜しいなという出来。全然おもしろくないわけではないの>>続きを読む

モンスタートラック(2016年製作の映画)

4.2

こういうの大好物です。ファミリー向けの楽しいハッピーエンドのやつ。アメリカで公開する情報を得てからずっと見たかった作品。タコのようなイルカのようなプニプニなモンスターが、ある少年と出会い、トラックを車>>続きを読む

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)

1.0

※アニメ好きな方には特に不快な文章です。
はい、苦手でした。てかもうこの手の今流行っているであろうアニメの感じがもう見れませんね。映像が綺麗になった分、実写映画と同じ感覚で見てしまうともうそこでアウト
>>続きを読む

レゴバットマン ザ・ムービー(2017年製作の映画)

5.0

むっちゃ良い映画やったし! 昨今で描かれていたダークヒーローのバットマン像があるが、本当にそれだけがバットマンかい?それだけがカッコいいかい?そんなことを問われたような気がした。「ダークナイト」での善>>続きを読む

プレデター2(1990年製作の映画)

3.5

この作品は、CGがまだまだレベルが高くない時代に作られたことが可哀想だなと何度見ても思う。逆に言うとそれでも挑戦して作ったガッツを買いたい。それでも、ショボさはあるものの、だからといって鑑賞する気が失>>続きを読む

デスノート Light up the NEW world(2016年製作の映画)

1.0

「ゴッドタン」でハライチの岩井さんが、最近のバラエティー番組を『お笑い風』と表現している。この作品はまさに『映画風』だなって感じた。旬なキャストと、中途半端な派手アクションやCG、ハッキングというスタ>>続きを読む

テッド 2(2015年製作の映画)

4.2

笑いって無知じゃ何も楽しめない。前作もそうだったど、今作も見る側の知能指数のようなものを試されている映画である。何を元にどう笑わせているか、それに気付かないと何も楽しめない。時事ネタは特にそうだね。下>>続きを読む

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件(2015年製作の映画)

2.0

うむ、流行りのホームズの晩年を描くという企画は良かったけど、中身にセンスがなかったって感じ。比較してしまったのが「イップ・マン 最終章」だけど、まだイップマンの方が、客が見たいものを見せれていたかな。>>続きを読む

トリプルX:再起動(2017年製作の映画)

3.8

劣化版ではなくて、廉価版ワイルド・スピードという感覚。ヴィン・ディーゼルとチームでのアクション映画ということで「ワイルド・スピード」と比べてしまうが、長年掛けたおもしろみと違って、久しぶりに作った本作>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

2.2

俳優の人選も雰囲気も抜群に良い。あ、人選に関しては好みの問題だが…。もう少し、あと少しといったZARD状態。まぁ「お父さんじゃありません」という台詞を聞くまでに1時間である。ここに欠点があるだろう。じ>>続きを読む

LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門(2017年製作の映画)

2.5

ルパンファンとしては少し期待してしまったかな? サクッと終わったのだが、本当にサクッと終わっただけという印象。ハードボイルドさは前作の次元で見たので、別なものが見たかった。例えば日本らしい何か、時代劇>>続きを読む

ジャッジ・ドレッド(1995年製作の映画)

3.5

評判は悪いが、スタローン好きとしては楽しめる作品。あと学生時代に何度も見ていたという思い出補正もあるけども、でも今見ても楽しめた。原作がコミックなのでキャラクターや舞台設定は、文句なしにナイス。手に負>>続きを読む

恋はデジャ・ブ(1993年製作の映画)

5.0

忙しく気持ちも落ち着かなかったので、久しぶりの映画鑑賞。気持ちよく映画を見たかったので、大大だーい好きな作品をチョイス。この映画の主人公は、ある1日を繰り返し繰り返し体験することになるが、自分もこの映>>続きを読む

パニッシャー(2004年製作の映画)

2.5

この作品はね、サントラがむちゃくちゃカッコよくて良いアルバムだから絶対マストバイです。当時のイケてるロックバンドの名曲ばかり。作品自体は久しぶりに見たけど、まぁまぁですね。サントラが超良いだけに惜しい>>続きを読む

ロック・ザ・カスバ!(2015年製作の映画)

4.0

豪華キャストでジャケット的にもなんかおもしろそうだなと、気になっていた作品。アクション映画なのかなと感じるジャケットだけど、アクションではなく音楽映画でした。いやはやタイトル通りのロックでした。簡単に>>続きを読む

バトル・オブ・アトランティス(2013年製作の映画)

1.0

いや、良いんです。これ見た人は怒るとかそういうことしちゃいけない。だて絶対におもしろくないでしょが。そんなの分かってて見るんでしょが。原題はバッチシ「アトランティック・リム」ですから、パシフィック・リ>>続きを読む

ヒーローマニア 生活(2016年製作の映画)

1.5

いやぁ、最高に惜しい作品。お話の方向性は悪くないのに、演出なのか構成力なのか、「キック・アス」になれなかった駄作。導入部分でシラケてしまった。街の描写がリアリティないし何あれ。ヒーロー物って、ヒーロー>>続きを読む

闘魂先生 Mr.ネバーギブアップ(2012年製作の映画)

5.0

おもしろかった! こういう演じている俳優も楽しそうにしている作品は大好き。撮影中は絶対楽しかったはず! ケヴィン・ジェームズはもち好感持てるキャラ。そして何より格闘技を教えるバス・ルッテンが本当に楽し>>続きを読む

新宿スワンII(2016年製作の映画)

2.0

「ひそひそ星」後の園子温。まさか新宿スワンの続編をまた園子温が担当するとは思わなかった。振り出しに戻る。豪華キャスト&エンターテインメント作品という形なので、園子温節はあまり感じられなかった。内容的に>>続きを読む

ひそひそ星(2015年製作の映画)

1.0

「TOKYO TRIBE」以降、どうしちゃったんですか?という内容と量を撮っていた園子温。それが製作会社作ってオリジナルを作るってんだから期待は上がる。しかしドキュメンタリーを事前に見たので平常心で見>>続きを読む

園子温という生きもの(2016年製作の映画)

1.5

自分はオーソドックスな園子温ファンだと思う。「愛のむきだし」でなんじゃこの映画は?!となり、「冷たい熱帯魚」でエゲツない世界ヤバイ!となり、「恋の罪」で神楽坂恵もヤベー!となった後は、「みんなエスパー>>続きを読む

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

4.0

試写会にて鑑賞。
綺麗な映画でした。悪い人も出てこないし、ストレスも溜まらない。こういった嫌味のない、そして作りの王道な作品が評価&ヒットされないと日本映画界はどんどん稼げなくなって衰退するんじゃない
>>続きを読む

パージ:大統領令(2016年製作の映画)

3.5

この第3作目が一番良かった。1、2作目が今作の前振りって感じで良い引き立て役になっていたのかも。このシリーズはイッキ見をオススメしたい。道のりは長いので我慢は必要だが、この結果からすると、ドラマシリー>>続きを読む

パージ:アナーキー(2014年製作の映画)

3.0

前作があったからこそ作ることができたって感じは好印象。ちゃんと世界観を統一できている。閉所的なところから外をサバイバルな内容に変化。前半はパージ目的の人間に怯えながらチームで逃げたり戦ったり。なんだか>>続きを読む

パージ(2013年製作の映画)

2.8

1晩だけ人殺しをしても良い日があるという、そのおかげで他の日は平和なんです。日本の漫画でありそうなおもしろい設定。主人公家族は、強固なセキュリティーがあるので大丈夫だというところから、どう危険な目に合>>続きを読む

エクスポーズ 暗闇の迷宮(2016年製作の映画)

3.0

この作品、全くヒットしなかったらしい。興行成績も超低かったらしい。全然主演でもないキアヌ・リーブスを、多く活躍するように無茶な内容変更を制作会社がしたとか。で、内容はオカルトっぽいらしい。…そんな前振>>続きを読む

レニー・ハーリン コベナント 幻魔降臨(2006年製作の映画)

2.0

レニー・ハーリンが監督なので、ファンとしては見ないわけにはいかない。すごく贔屓目な感想を言うと、お話は全然おもしろくない、でも演出が良いのか画面は飽きない、さすがレニー・ハーリン先生!という感じ。監督>>続きを読む

ランダウン ロッキング・ザ・アマゾン(2003年製作の映画)

1.5

この作品が公開されたときは、とてつもない期待感で溢れていた。ロックがWWEから本格的に映画俳優と転向していくぞという頃のもので、合わせて当時おもしろコメディーの常連ショーン・ウィリアム・スコットが共演>>続きを読む

64 ロクヨン 前編(2016年製作の映画)

2.5

一気観したので前後編まとめた感想を。
ピエール瀧主演のドラマ版を見ていたので、その比較をしてしまう見方になってしまったのは残念。それイコール、ドラマの方が好きという回答になってしまうのだが…、うーん、
>>続きを読む

仮面ライダーZO(1992年製作の映画)

3.2

ちょっと今作の話題になって、久しぶりにどんなんだったか見たいなとAmazonプライムで配信していたので即視聴! 子ども時代に見たので、こういう話だったかと全く覚えてなかった。佐々木功が出てきて鉄男みた>>続きを読む

>|