タキさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • タキさんの鑑賞したドラマ
タキ

タキ

映画(369)
ドラマ(83)
  • List view
  • Grid view

スカーレット(2019年製作のドラマ)

5.0

主人公は当時ほとんどいなかった女性陶芸家にはなるが、話の中心は特別な出来事ではなくほとんどの人々が送るであろうなんでもない日常へ向けられていた。
ドラマになるといえば波乱万丈と歌いがちだがこの日常への
>>続きを読む

0

獣になれない私たち(2018年製作のドラマ)

4.6

ガッキーは野木脚本と出会えてよかったなーと思う。あの優等生のような佇まいが彼女自身とオーバーラップして多層的に見え始める。
鐘は、聞こえた。

0

コタキ兄弟と四苦八苦(2020年製作のドラマ)

5.0

今期イチオシのドラマ。
古舘さんと滝藤さんの芸達者ぶりはもはや疑問を差し挟むところなどないが、さっちゃん役の芳根京子がとてもよかった。ラスト3回ほどの芝居はこんなに上手い役者だったのか!と膝を打つほど
>>続きを読む

0

テセウスの船(2020年製作のドラマ)

2.9

全体に話が冗長で最終回は特に説明ゼリフが多く犯人がわかる前に飽きてしまった。無理に拡大版にしなくてもよかったのでは。ミステリとして見ると粗が目立つ。最後まで犯人は!?と煽っていたが犯人の顔を見せたとこ>>続きを読む

0

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。(2020年製作のドラマ)

2.9

いまの横浜流星のあれこれをスペシャル詰め込んだドラマ。
パンダは生まれた双子のどちらかしか育てないというのが元ネタだろうけど人間だからねぇ…なんとも。突飛な設定はアメコミ風にしたいのだろうなと察しはつ
>>続きを読む

0

病室で念仏を唱えないでください(2020年製作のドラマ)

3.5

唐田さんが降板されましたね。
そこまでする必要あるのかなと思うけど地上波だとスポンサーが絡むしなかなか難しいのかな。
伊藤英明は真顔と笑顔のギャップがいい。泉谷しげるにいつ怒鳴り散らされるかと毎回ビク
>>続きを読む

0

シャーロック 特別編(2019年製作のドラマ)

2.8

総集編プラス次作に続けるための置き土産を残した。
若宮ちゃんがいじらしい。
ディーン・フジオカと距離があるのが画面上から伝わってくるぐらいなのに(笑)
いったい誰だったらおディーン様としっくりくるんだ
>>続きを読む

0

10の秘密(2020年製作のドラマ)

2.0

面白そうな題材だったのにどの秘密も雑回収でなにが言いたいのかまったくわからないぼんやりしたドラマだった。演出もびっくりするぐらいダサいし、その上、演者の芝居もマズい。ちょっといいところが見当たらない。

0

ウォーキング・デッド3(2012年製作のドラマ)

4.2

新型コロナウィルス蔓延中のこのご時世にウォーキングデッドを見ると余計に心細くなってくる(けど見る)ウォーカーの血飛沫がブシャーッとなると毎回ギョッとする。その血はきっと汚染されていて粘膜や傷口につくと>>続きを読む

0

知らなくていいコト(2020年製作のドラマ)

3.5

最終回がなー…うーん。ここまで盛り上げといて肩透かし食らった感はある。ノトアトオルがもっと絡んでくるのかと思ったけど記者(ケイト)の書く物語に彼の語りは必要ないということだったのかな。
野中が毎回クズ
>>続きを読む

0

俺のスカート、 どこ行った?(2019年製作のドラマ)

2.8

レビュー書いてないなと思ったらなんと最終回だけ見てなかった。やっと完走した。たしか1話目だったかの歓迎会でのぶおのセリフ、なんのセリフだったか忘れたけど、あーダメだな…って思った気がする。白石麻衣に下>>続きを読む

0

これは経費で落ちません!(2019年製作のドラマ)

5.0

経理課の森若さんが領収書などから不正を暴くという探偵もののような面白さと営業課の山田太陽との恋模様が毎回可愛くてニコニコしながら毎週楽しみにして見ていた。キャストひとりひとりのキャラがたっていてとても>>続きを読む

0

女子高生の無駄づかい(2020年製作のドラマ)

3.7

1話に短い話が何本かあって4コマ漫画をいっぱい見てるみたいな感じで気軽にスキマ時間に見られるし、毎回笑えて今期のオアシスドラマだった。
私はバカとヲタとロボを足して3で割り6倍に希釈したぐらいの女子高
>>続きを読む

0

同期のサクラ(2019年製作のドラマ)

3.0

かつて人生の様々な残酷さを見せつけ主人公の夫が病で昏睡状態のまま終わらせた朝ドラの脚本を書いた遊川さんがですよ、空気の読めない主人公が社会に出て叩かれ夢破れ、交通事故に遭い昏睡状態になり会社から解雇さ>>続きを読む

0

教場(2020年製作のドラマ)

3.0

警察官としての適性のある人間と適性のない人間を見極め適性のない人間を容赦なくふるい落していく。それが「教場」なのは百も承知だが、どうしてもスポイルされてしまった人のことを考えてしまう。岸川や枝元のよう>>続きを読む

0

ゲゲゲの女房(2010年製作のドラマ)

4.5

NHKの朝ドラを見るという習慣がなかったのだがこの作品から見るようになったと思う。たぶん8時15分始まりだったのが8時始まりになったのもこの作品から。
2019年の秋からNHKの夕方、2話ずつの再放送
>>続きを読む

0

孤独のグルメ Season8(2019年製作のドラマ)

3.0

白のワイシャツに跳ねそうな食材も綺麗に食べきる松重さんに毎度ながら感心しきり。ただおじさんが時に親父ギャグをさし挟みながらごはん食べてるだけなのに今回も飽きずに見てしまった。食べログカンケーなしオノレ>>続きを読む

0

いだてん~東京オリムピック噺~(2019年製作のドラマ)

5.0

1年間とても楽しみにして見ていた。
大河ドラマというのは名を成した人が主人公でそのほかはその人物が輝くためのモブ扱いが一般的だが(そうでないものももちろんある)光の当たらない人へのまなざしがいつも温か
>>続きを読む

0

半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ~狙われた半沢直樹のパスワード~(2020年製作のドラマ)

3.0

本人の不在中に何十回「半沢直樹」言うのwwwてぐらいセリフに半沢直樹入ってて笑った。肝心の半沢直樹は回想シーンとラストに少しでてきたが、セントラル証券で1発ドカンとデカい花火上げる気満々だった。やはり>>続きを読む

0

グランメゾン東京(2019年製作のドラマ)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

グランメゾン東京の着地点を明確に見せてさらに高みを目指すというスッキリとした仕立てのドラマだった。毎回楽しく見ていたが相沢(及川光博)の家族の回はイライラした。家族を持つ料理人の苦悩を描くのに「私と仕>>続きを読む

0

ウォーキング・デッド2(2011年製作のドラマ)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

その尊大な態度で視聴者に総スカンを食らっているリックの妻、ローリのファムファタールぶりが見事。あんだけセックスしときながらシェーンがどれぐらい危険な人物か夫リックの耳元でささやきリックの目がだんだん座>>続きを読む

0

シャーロック(2019年製作のドラマ)

2.8

BBC版と同じくミソジニーなのはよしとしてもそれはシャーロックとワトソンのブロマンスも込みとしなくては心が沸き立つものがなく肝心の謎解きもイマイチで最終回でもったいぶってやっとでてきた守谷が一度も見た>>続きを読む

0

コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 3rd season(2017年製作のドラマ)

3.8

シーズン3から脚本家が変わったようだがうまく前作までのカラーを踏襲しており違和感はない。藍沢らは中堅の医師となり救命は新しく3人のフェローと1人のナースを迎える。ベテラン医師、中堅医師、新人それぞれの>>続きを読む

0

俺の話は長い(2019年製作のドラマ)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

特に大きな事件もおこらないホームコメディなんだけど、生田斗真、小池栄子、安田顕、原田美枝子、清原果耶という上手い人だらけのテンポのよい掛け合いが楽しくて毎週たのしみにして見ていた。最終回、へったくそな>>続きを読む

0

まだ結婚できない男(2019年製作のドラマ)

3.5

コンビニの店員さんは外国人と中高年のおじさんになり、漫喫とレンタルビデオショップはカフェとジムに変わった。あれから13年、夏美先生との恋愛を経て以前よりちょっぴり優しくて人恋しくて丸くなった感を漂わせ>>続きを読む

0

コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 2nd season(2010年製作のドラマ)

3.0

シーズン1と2のあいだにスペシャルドラマがあったようだ。冴島は元恋人とヨリをもどし、森本先生はフライトオペレーターの轟と??(再放送枠で見ているため色々端折られててそのあたりは脳内補完しながら)
今回
>>続きを読む

0

永遠のニシパ ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~(2019年製作のドラマ)

3.0

短かった。
大河ドラマだと15話ぐらい終わってるところから始まってそのまま駆け足であれよあれよという間に走り抜けてしまった。
松潤は意外と武士の扮装が似合うと思ったのが新発見。しかしドラマの短さもあっ
>>続きを読む

0

ウォーキング・デッド(2010年製作のドラマ)

4.0

大人気のゾンビドラマがとうとうWOWOWにやってきた。本日シーズン1を見終わる。いろいろツッコミどころはあれど、人間ドラマの部分がシッカリしてそうなのでシーズン2に突入しようと思う。
いまのとこ全員ま
>>続きを読む

0

ルパンの娘(2019年製作のドラマ)

3.5

泥棒と警察官の恋という使い古された設定にはこのぐらいの味付けは必要だろう。
大袈裟演出にハマるかハマらないかで評価が違ってくると思う。ストーリーの骨組みがシッカリしてたので楽しめた。
深田恭子はリアリ
>>続きを読む

0

チャンネルはそのまま!(2019年製作のドラマ)

4.0

HTB北海道テレビ開局50周年記念ドラマ。
佐々木倫子原作のドラマでは最近TBSのものがあったがあちらは演出家と主演女優の圧が凄すぎて原作の佐々木倫子らしさが失われていて期待したほどの面白さは感じられ
>>続きを読む

0

コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 1st season(2008年製作のドラマ)

3.5

再放送にて視聴。
美男美女のフェローたちの嘘くささにまずつまずき浅利陽介のイタさに目と耳を塞ぎたくなり(共感性羞恥のため。浅利陽介は悪くない。)ブラジャーを装着すると心の癒しになる患者が廊下でかなりの
>>続きを読む

0

結婚できない男(2006年製作のドラマ)

5.0

結婚など人生の不良債権と嘯きながらなんだかんだで人が好きで結果的に面倒見のよい毒舌男を阿部寛が好演している。13年前も見たのだが新作が放送されるタイミングで再放送があり懐かしいのと13年経っても面白く>>続きを読む

0

獄門島(2016年製作のドラマ)

4.5

金田一といえば石坂浩二か古谷一行の世代でなにしろ当時は子どもだったからおそらく怪盗二十面相シリーズやルパンシリーズと同様の謎解きミステリーとして鑑賞していたのではないかと思う。その中でもやはり金田一シ>>続きを読む

0

凪のお暇(2019年製作のドラマ)

4.0

やっと最終回を見た。面白かったけどちょっとしんどいドラマだった。慎二のモラハラぶりもアレだが1番しんどかったのは凪の母の毒親ぶり。血縁だけに抜き差しならないドロドロ具合で凪も最後まで解決の糸口すら見い>>続きを読む

0

セミオトコ(2019年製作のドラマ)

2.5

脚本家の岡田惠和さんが得意とする下宿アパートもの。登場する住人や隣人はみんなひとクセあるが根はやさしくという定番のアレで8回完結なのでたいしてキャラクターごとの深掘りもなかったがゆるーく見るにはよい塩>>続きを読む

0

時効警察・復活スペシャル(2019年製作のドラマ)

3.0

時効警察は放送当時とばしとばしみたことあるぐらい。あのギャグセンスとわざとらしさは演じる側の技量が相当問われるだろうな。ちょっと意味わかんないのもけっこうあった。内輪ウケ的なやつだろうか。旧メンバーは>>続きを読む

0
>|