ぶみさんの映画レビュー・感想・評価

ぶみ

ぶみ

アクション、サスペンス、ミステリー、乗り物全般、パニック、ディザスターものが大好き。反面、ラブストーリーやファンタジー系は苦手です。

映画(273)
ドラマ(0)

イコライザー2(2018年製作の映画)

4.0

前作に続き、デンゼル・ワシントンの魅力が満載の一作。
全体的に抑えられているトーンも前作譲り。
ラストの台風下でのアクションは必見。

スター・トレック(2009年製作の映画)

3.0

スター・トレックシリーズは、これが初見。王道のSFだが、初見の場合、一部置いてきぼり感があるのは否めない。

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.0

真実と現実の狭間を描いた物語。三度目の殺人を犯すのは一体、を投げかけられ、考えさせられる一作。
役所広司の演技は安定しつつ、福山雅治、広瀬すず、斉藤由貴、いずれも素晴らしかった。

TAXi(4)(2007年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

もはや、名ばかりのタクシー。アクションではなく、コメディ映画。

ジュマンジ(1995年製作の映画)

3.5

今更ながら、初鑑賞。次は何だろうと思わせる展開や、タイムパラドックス等、見所満載。

イコライザー(2014年製作の映画)

4.0

重厚でスタイリッシュな映像は秀逸。デンゼル・ワシントンの魅力が溢れる一作。

エグジット・スピード(2008年製作の映画)

3.0

何年か振りの鑑賞。ザ・B級映画だけど、それなりに楽しめる。ただ、タイトルは意味不明。

L.A.コンフィデンシャル(1997年製作の映画)

3.5

個性溢れる三人の刑事、緻密なストーリー、重厚なサスペンスと、隙のない一作。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.5

ジャンルとしては、ホラーかもしれないが、内容的にはシチュエーションスリラーかも。設定の勝利であり、映画館で観るべき一作。

ブルーサンダー(1983年製作の映画)

3.5

CG夜明け前の映像は、ある意味本物の迫力。ストーリーも分かりやすく、純粋に楽しめる一作。太陽を背に登場するブルーサンダーが、ひたすらカッコいい。

>|