ふたば三十郎さんの映画レビュー・感想・評価

ふたば三十郎

ふたば三十郎

点数は双葉十三郎センセイの☆と★方式です。
2014年以降に、名画座を含む劇場鑑賞した作品と、ブルーレイで観た作品を、日記代わりに順番にメモってます。
「名は三十郎。もうすぐ四十郎だがな。」

映画(267)
ドラマ(0)

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.5

笑えて、考えさせられて、見てて飽きないんだけど、感情移入できる奴が一人もいない映画。

当時テレビで連日やってたので、トーニャ・ハーディングとナンシー・ケリガン襲撃事件の事は覚えてるけど、まさか登場人
>>続きを読む

Oh Lucy!(2016年製作の映画)

3.5

そういやオカンが好きやったなあと、久々にジョシュ・ハートネットを見にふらりと劇場に。

で、鑑賞した結果、
“ザ・思てたんと違う系映画”

中盤以降は笑いがなくなり結構ヘビーな展開に。
姉妹の話であり
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.3

IMAX3Dで。
周りの高評価にはばかられるが、どこが面白いか分からない。
いや、正確には痛快さやカタルシスがないのに、どう楽しんでいるのかが分からない。

いや、分かるんですよ。
サノスが何ゆえ最強
>>続きを読む

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

3.5

TVシリーズは未見。『聲の形』の山田尚子監督ってだけで鑑賞。
だが、作品自体はTV版のスピンオフ?「番外編」かつ「繋ぎ」っぽい位置付けなのかなと感じた。

なお、TVや原作は知らずとも、単独の作品とし
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

「俺は○○○○で行く!」
いや、そこは「○○○○、行きまーっす!」だろ⁉︎

不満点は以上!
それ以外はニヤつき度1000%!興奮度MAX!の超ニッチな超大作!アラフォー以上の日本男子は感涙の夢のおも
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.5

ほとんど予備知識なしで鑑賞。
もしかして、まさかの、そしてやっぱりな展開に、ちょっと笑いそうになったが、さすがに笑えるようなラストではなかった。

この監督さんの作品は初めてだが、じっくり丁寧な演出は
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.8

序盤から中盤は、最近の淡々としたスピルバーグ演出って感じで可もなく不可もなくだが、後半にかけてギアを上げた怒涛の展開は面白えぇっ!

いや、展開と言っても単に会話シーンが続くだけなんだが、あのマット・
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.5

点数のつけ方が難しい。
だってスタンリー・キューブリックまんまだもの。

退屈しなかったし面白くないわけじゃないし、むしろ不条理な展開にハマって観てたんだけど、なんか既視感みたいな感覚がずっとあって気
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.5

観る前は2時間半って長いなと思っていたが、それが演技か本心かー、疑いながらのめり込んで観てしまい、全く時間が気にならない面白さ。

まあ、自分でもいいお客さんだと思うが、アレやコレに気付かず最後に見事
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.3

チケット買う時に「○時の回のウェルカム・トゥ・ザ・ジャングルを…」と言いかけたくらい、予告編観て以来頭から離れないガンズの名曲のせいで劇場鑑賞することに。
しかも初4DX!

正直ロビン・ウィリアムズ
>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.3

普通にオモロイやん!

正直、アリシア・ヴィキャンデル大好き補正はあります(笑)
でも、冒険活劇映画としてはドキドキハラハラ楽しめたし、エピソード0としても良く出来ているかと。

アンジーの時は、あま
>>続きを読む

バース・オブ・ザ・ドラゴン(2016年製作の映画)

3.0

いや、意外と満足したんですが(笑)

ジェイソン・スコット・リーよりもさらに似てない、つーか、寄せる気もない人連れてきて「ブルース・リーです」って、ふざけんなって感じだが(だったら観るなって話だが劇場
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.5

結構な描写もあるので観やすいかどうかは置いといて、内容は分かりやすい。
あ、この人ゲイなんだとか、黒人差別とか、マイノリティーへの目線が分かりやすく、そして優しい。
そこらへんがアカデミー好みなのかな
>>続きを読む

招かれざる客(1967年製作の映画)

3.8

午前10時の映画祭にて。
昔テレビで観て以来。ラストは覚えていたけど、そこに至る内容は忘れてたので、新鮮に楽しめました。

ただ、最初からこんなに緊張感あったっけ⁉︎

オープニングから・・・

ムー
>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.5

祝!ギレルモ・デル・トロ監督、アカデミー賞受賞記念鑑賞。

ギレルモ・デル・トロの怪獣愛と日本へのリスペクトが十二分に感じられる超大作。
庵野秀明の『トップをねらえ!』と『エヴァンゲリオン』を足して割
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.3

IMAX3Dで。
流石にMARVELもマンネリかなと思いながら観ていたが、ラストバトルは盛り上がったので、まあ平均点以上は付けとこうかなって感じ。
パンサーとか言いながら、実は動物界では根強い“サイ最
>>続きを読む

マンハント(2018年製作の映画)

3.0

いろいろ辛かったなあ。

日本語、英語、中国語が飛び交うが、たぶんどの国の人も楽しめない映画。
唯一、大阪人だけが、福山雅治の口から「上本町」という単語が飛び出るギャップに笑えるだろう。

大阪を舞台
>>続きを読む

花様年華(かようねんか)(2000年製作の映画)

4.0

初見時は、ウォン・カーウァイがそれまでの作風を変えたってところばかりに目がいって、成否・可否でしか観れなかったけど、改めて鑑賞すると、何ですか!?この日本文学っぽい文芸作品としての完成度の高さは!!!>>続きを読む

天使の涙(1995年製作の映画)

3.5

爆音映画祭にて。
『恋する惑星』の続編というか姉妹編みたいな作品。

あの殺し屋のテーマ曲は今でも脳内再生しながら歩くことがあるくらいカッコいいが、まあ恥ずかしい大人になったもんだと自嘲(笑)

ウォ
>>続きを読む

恋する惑星(1994年製作の映画)

3.8

爆音映画祭にて。
若い頃ハマった映画の一つ。もうあのミッドナイト・エクスプレスもないんだなあとしみじみ。

正直、爆音の意味あるのかなと思ったけど、フェイ・ウォンの『夢中人』が流れた瞬間は震えたね。
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

巧い!
いや、ストーリーに何の驚きもなかったけど、ラストにヤラれた。

途中まで『ドント・ブリーズ』みたく、「低予算だけどアイデア勝負で頑張りました」系のスリラーくらいの印象で、終盤もさして驚きはなか
>>続きを読む

バグダッド・カフェ<ニュー・ディレクターズ・カット版>(1987年製作の映画)

4.0

やっと劇場で「コーリング・ユー」を聴けた。
観る前から良い曲だと思っていたけど、観ると大好きに(笑)

よく映画はマジックだと言われるが、小道具からロケ、セット、そして何より主題歌が“映画的”でいい。
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

結局、事件は解決せずに映画は終わる。
だが、それがどうした。

アカデミー賞ノミネートと評判の高さゆえ事前情報はシャットアウト。
で、公式サイトは後から見たが、“クライムサスペンス”って、ちーがーうー
>>続きを読む

劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ(2018年製作の映画)

3.0

TV版は予算が尽きてクオリティーが下がっていく様にデカルチャーだったけど、内容自体は好きだったんで、劇場版も観ようかなと参戦。
結果、ただの総集編に、やっぱデカルチャー!

相変わらず曲は良いし、「ア
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

3.5

ゴッホタッチの油絵アニメーションってだけで企画勝負かと思いきや(いや、CGかと疑う映像が手描きってだけで凄まじい労力と熱意に感嘆するけど)、なかなかどうしてミステリーっぽいストーリー展開の巧さにヤラレ>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.3

古き良きボンドのパロディ映画。
007シリーズ知らない人や、前作が好きで期待してた人には、正直微妙なんじゃなかろうか。

アメリカ志向のガイ・ハミルトン監督、シリーズの基礎を築いたテレンス・ヤング監督
>>続きを読む

梟の城(1999年製作の映画)

3.0

司馬遼太郎の原作を読んでなくても、その面白さが分かるだけの映画。
たぶん読んだら夢中でページ進めるんだろうなとは分かった。映画は退屈だったけど。

やっぱりこの篠田正浩監督は、あと市川崑監督もだけど、
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

テーマ的に旧シリーズとは完全に決別した作品。

主人公のレイは、ルークの娘でも高名なジェダイの末裔でもなく、今や無縁墓地に眠るただのケチな小悪党の娘だった…

師匠と弟子以上に、親と子という血の繋がり
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.3

ストーリーは前作の方が好きだけど、NYに住む1/3は殺し屋なんじゃないかと思わせる世界観が好き。

しっかり頭に2発ぶち込むガンアクションも健在で、防弾スーツに助けられすぎなのは引っかかったけど、より
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.3

結婚して殺し屋稼業から足を洗ったジョン・ウィックが、再び銃を手に取り立ち上がるー

てっきり妻が殺されての復讐劇かと思ってたら、奥さんはあっさり病死して、その奥さんからの最後のプレゼントである“仔犬”
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.3

ケネス・ブラナーが監督・主演?まさかのポアロ?
ジョニデ?ああ、あの役か。
ミシェル・ファイファー、ペネロペ、デイジー、女優微妙。
ジュディ・デンチまだ生きてる!
ウィレム・デフォーは見た目で犯人!
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

実話の映画化とは言え、最後の実写映像はいらない。
一気に世界仰天ニュース感が。
映画は映画として見せてほしかった。


は〜・・・


正直、内容以前に、相も変わらずギャガの酷さにレビューの気力もない
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

強←スーパーマン>(越えられない壁)>今回の敵>ワンダーウーマン>アクアマン>サイボーグ>フラッシュ>(越えられない壁)>バットマン→弱

結局スーパーマンが来たらチームなんかいらんかった。
それくら
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.5

スティーブン・ソダーバーグ久々の新作。
監督引退宣言なんて信じてなかったよ(笑)

世の中には引き際の美学なんて言葉もあるけど、好きな監督の作品を心待ちにするのに比べたら、撤回歓迎!美学なんてクソ食ら
>>続きを読む

悪魔のような女(1955年製作の映画)

3.3

何年か前、同じく午前10時の映画祭で『恐怖の報酬』を観て以来のアンリ=ジョルジュ・クルーゾー作品。

本編音楽なし!声や生活音、物音だけで勝負してくる感じは大好きです。
モノクロゆえに計算されたライテ
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.8

昔付き合ってた彼女が結婚し自分はまだ独身とか、今までそういった事を思い返し考えた事がなかった人も、観てる最中から絶対に色々と考える事間違いなし(笑)

それはさておき、内容も良かったが、何よりラストシ
>>続きを読む

>|