ymmtdiskさんの映画レビュー・感想・評価

ymmtdisk

ymmtdisk

ローマの休日(1953年製作の映画)

4.5

名作鑑賞の一環として。
最初はスクープを目当てに始まった関係が、徐々に恋愛に変わっていく王道ラブコメ。というか、こんなにラブコメしているとは思っていなかったなあ。「スペイン広場でジェラート」「ベスパ二
>>続きを読む

ホーム・アローン2(1992年製作の映画)

3.5

大型連休中に息子と一緒に見た。こちらも何年振りだろう。
今回も愉快痛快な泥棒退治と、鳩おばさんやダンカンさんとの交流がよい。反面、やっぱりマカリスター家の面々にはムズムズとしてしまうんだよなあ。
当時
>>続きを読む

ホーム・アローン(1990年製作の映画)

3.5

大型連休中に息子と一緒に見た。何年振りだろう。
泥棒退治はもちろん愉快痛快だし、隣人・マーリーとの交流で描かれる機微も素晴らしい。でも、マカリスター家って、こんなにも感情を掻き乱す面々だったっけなあ。
>>続きを読む

バクラウ 地図から消された村(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

なるほど。映画を見終わって頭に浮かんだ言葉。なるほど。

ポスター/パッケージの意味ありげなUFO。「地図から消された村」というキーワード。中盤までほとんどなにも明かされない流れ……から想像する程には
>>続きを読む

ミナリ(2020年製作の映画)

3.0

韓国系移民のジェイコブが、妻・モニカ、娘・アン、息子・デビッドと共に、アーカンソーに引っ越してくるところから始まる。後におばあちゃん(モニカの母)も合流。
「ミナリ」とは、韓国語で野菜の「セリ」を表す
>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

 テンポのよい会話劇で、コミュニケーションを苦手とする大野の言葉や佇まいに笑ってしまったり、興奮してくると酔っ払い口調になる香住にもキュンキュンしてしまう。コメディで且つ恋愛する映画だけど「ラブストー>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

 西川美和監督の映画は初めて。感想を言語化するのが少し難しいけど、心に沁みる、とてもいい映画だった。と思う。観てよかった。

 序盤の幸夫は自分のことしか考えておらず、妻・夏子が亡くなっても自分が世間
>>続きを読む

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

4.0

 「しょうがない。」という言葉がキーワードになっていて、中盤で宮下が呟く「『しょうがない』って言わないで」という方向へ映画は向かっていく。私自身、高校時代は「はしの方」で消化不良のまま過ごしたこともあ>>続きを読む

ホーリー・マウンテン(1973年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

お経の様なものが聞こえる中、黒衣の人物(後に錬金術師であり、ホドロフスキーが演じていることがわかる)が、女性二人の衣服を剥ぎ、その頭を丸め、儀式を執り行っているところから始まる。
場面は変わり、一人の
>>続きを読む

タイタンフォール 巨神降臨(2020年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

男性兵士(シェーン)が目を覚ますと、そこはゴーストタウン。それまでの記憶はなく、首の後ろには謎のチップが取り付けられていた。わけもわからないまま、突如現れた2足歩行のロボットに襲われるが、パイパーとい>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

全員失業中のキム一家は、息子・ギウが名門大学生のミニョクから留学中の家庭教師代理を依頼されたことを切っ掛けにして、一家全員身分を詐称しつつ裕福なパク一家にパラサイトしていく……という序盤の展開。

>>続きを読む

オフィーリア 奪われた王国(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

オフィーリアは王妃・ガートルードが最も信頼する侍女。彼女はハムレット王子の目を惹き、二人の間に許されざる愛が芽生えていく。さらに、国王の弟・クローディアスの謀略が絡み、次第に城は不穏な空気に包まれてい>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

冒頭、光学分野の優秀な科学者であるエイドリアンの束縛から、妹・エミリーの助けを得て逃れたセシリア。怯えながら友人・ジェームズの元で過ごしていたが、「ジェームズは手首を切って自殺した」と知らせが入る。し>>続きを読む

八つ(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

広場恐怖症により2年間外に出られず、強迫性障害により潔癖症と「8回」という儀式に囚われた女性・サラのお話。モーニングルーティンの中で、彼女の行動や部屋の様子に違和感が、精神を患っているからだ、というこ>>続きを読む

ルパン三世 THE FIRST(2019年製作の映画)

3.5

あー、ルパンルパン。という感じで、ストーリーは面白かった。
3DCGは案外悪くないけど、個人的にはトゥーンレンダリング掛かってた方が好きかも。と考えていた。
でも、不二子やレティシアの表情はよかった。
>>続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ 89(2020年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

3作続いた「黒く蠢くもの」の完結編を含むということで。

1つ目の「繰り返される死」は映画『犬鳴村』(2020年)にも似たシーンあったなぁ。
6つ目「棲みつくもの」はインタビューで引っ張ったものの、然
>>続きを読む

ウィッカーマン(1973年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

スコットランドの警察官・ハウイーは、ローワンという少女が行方不明になったという匿名の手紙を受け、サマーアイルという孤島に舞い降りる。そこでは自然崇拝の原始宗教が信仰されており、厳格なキリスト教徒である>>続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ 88(2020年製作の映画)

2.0

87から89までの3作は「黒く蠢くもの」を題材に内容が関連するということで。
この巻は取り立ててよかったと思う映像はなかった。
「黒く蠢くもの」の一連の展開は嫌いではないんだけど、「異なる部屋」の映像
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

5.0

シェルターで暮らすジェームズは、父・テッド、母・エイプリルと暮らしていた。外の世界との繋がりは、毎週届く『ブリグズビー・ベア』という番組とチャットだけであった。ある夜、侵入してきた警察によりジェームズ>>続きを読む

LOU(2017年製作の映画)

4.0

ピクサーの短編。
幼稚園を舞台に、忘れ物箱に住む不思議な生き物・LOU(Lost and fOUnd)といじめっ子が攻防・交流するストーリー。
温かい良いお話でした。

スリーピー・ホロウ(1999年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

19世紀目前、警察の捜査に科学的根拠・証拠を取り入れようとしていたイカボッド・クレーン(ジョニー・デップ)は、当時としては異端であったため、郊外で発生した連続首なし殺人事件の捜査に派遣される。村の長老>>続きを読む

ジェヴォーダンの獣(2001年製作の映画)

4.0

舞台は革命前のフランス。王室博物学者のフロンサックは、新大陸で出会い義兄弟の契りを交わしたマニを伴い、ジェヴォーダン地方に出没し多数の犠牲者を出している謎の獣の正体を突き止めるために、王命を受けて派遣>>続きを読む

サイコ(1960年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

名作鑑賞。有名なシャワーシーンは当然知っていたけど、未鑑賞であらすじも知らなかったので、新鮮に見れた。いろいろなスリラー映画の原点みたいな感じ。これが1960年公開か。
シャワーシーン以外にも、アーボ
>>続きを読む

バイバスト(2018年製作の映画)

2.0

フィリピンのバイオレンスアクション映画。麻薬取締部隊vs麻薬組織vsスラム街住民の三つ巴構図。
舞台はスラム街、すごく狭い上に住民が大挙して襲ってくるので、なんかゾンビ映画を見ている気分にもなった。
>>続きを読む

架空OL日記(2020年製作の映画)

3.5

ドラマの雰囲気そのままで、ツッコミを入れながら鑑賞。楽しかった。

OLの日常の話なので、「この映画、どう終わるんだろう?」という疑問が序盤からずっと頭の中にあったけど、結構しっかりと「終わらせた」の
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

5.0

世界的なベストセラーとなっている小説三部作『デダリュス』完結編の翻訳のため、出版社によって9人の翻訳家が集められた。人里離れた洋館の地下シェルターで、生活や資料には申し分ないが、外部との接触を絶ちイン>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.5

笑えて、ちょっとホロッとして、アクションもなかなか、テンポもいい、バランスがとても良い映画。
ただ、お下劣なギャグだし、ゴア描写もあるので万人が観られるかというと、そうでもないのかもw
でもデップーち
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

結構簡単に壊滅させる。
私は「ロキシー生きてる説」を唱えていきたい。
ステイツマン本部は変形しそう。
ハル・ベリーが戦闘しない。
ウィスキーの声がブッチャー(ザ・ボーイズ)と被る。
エルトン・ジョンに
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

よかったよかった。
映像がただただ美しく、切り出した画像だけではホラー映画とわからない。音も『ヘレディタリー/継承』と同じく重要な役割をしている。
元々怪しかった祭りの様相がアッテストゥパンで拍車がか
>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

コ班長率いる麻薬捜査班は、一所懸命に事件を追うも失敗ばかり。次に国際犯罪組織の麻薬密輸捜査に当たることになり、アジト近くのフライドチキン屋に潜伏するが、店主が店を畳むという。店を買い取り潜伏を続けるが>>続きを読む

犬鳴村(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

一般的な評価が低くて意外。個人的には悪くない印象だった。
以下、箇条書き的に感想まとめ。

兄はマイルドヤンキー。
ゴア描写はまあ普通。ビックリ系はそんなに多くない。飛び降りてきた人と目が合うというの
>>続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ 87(2020年製作の映画)

2.5

ニコニコしながら鑑賞。
どれもそんなに恐くないけど、1つ目の「異世界」は結構好き。
でも、一番恐いのは(笑ったけど)上田くんでした。

87から89までの3作は「黒く蠢くもの」を題材に内容が関連するよ
>>続きを読む

ネバーエンディング・ストーリー(1984年製作の映画)

3.5

小学生ぐらいの頃に観た映画。
現実の世界と本の中の世界が徐々に交わっていく、という、今ではあるあるな設定の原点ではないかと思う。思い出フィルターもあってか、なんでもないシーンでも目が潤む。

アトレイ
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.0

第二次世界大戦中、ヒトラーに心酔しているが臆病であることからいじめられているドイツ人少年・ジョジョは、イマジナリーフレンドのアドルフを支えに、母・ロージーと暮らしている。ユースキャンプへの参加中、気持>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

3.5

鑑賞後の印象としては悪くない。けど、突き抜けたものはなかったかな、とも思う。
デッドプールの女性版と考えるとしっくりくる。
キラキラのグレネード弾などカラフルなアクションはとてもよかったし、ハーレイ・
>>続きを読む

愛犬とごちそう(2014年製作の映画)

4.0

ある男性がくれたフライドポテトに釣られて拾われ、飼われるようになったボストン・テリアの仔犬・ウィンストンは、飼い主と一緒に食べるピザやトルティーヤ・チップス、ポップコーンといったジャンクフードが大好物>>続きを読む

>|