ymmtdiskさんの映画レビュー・感想・評価

ymmtdisk

ymmtdisk

リバー、流れないでよ(2023年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

2分を何度も繰り返す中で、登場人物の背景が滲み出てくるところはさすが。
途中から「初期位置」「このターン、次のターン」と用語が出てくるのにニヤニヤした。

2分間の中でデートや逃避行しようとするシーン
>>続きを読む

新しい眼鏡を買わなくちゃ(2016年製作の映画)

3.0

ありがちな設定ではあるけど、簡潔でテンポよくなんかよかった。

ディア・ハンター(1978年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

村上春樹『羊をめぐる冒険』に筋書きが酷似しているというのを聞いて。

製鉄所で働くロシア系アメリカ人のマイケル、ニック、スティーブンらは、休日に鹿狩りを楽しむ平凡な仲間たちだったが、3人はベトナム戦争
>>続きを読む

キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン(2023年製作の映画)

4.0

映画『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』×TBSラジオ「アフター6ジャンクション2」日本最速試写会にて。

1920年代、ネイティブアメリカンは白人に追いやられた土地で石油が産出し裕福になるが、石油
>>続きを読む

劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最終回から直結する劇場版。
ゼロワンはキャラクター造形がとても好きで、でもテレビシリーズでのイズの結末には物足りなさを感じていた。そういうのを全部回収してくれる内容だったと思う。
シリーズ見終わってか
>>続きを読む

映像研には手を出すな!(2020年製作の映画)

4.0

アニメ、原作漫画、ドラマ、と来て映画に漕ぎ着けた。
映画はドラマの続きであり、冒頭に回想としてダイジェストでドラマの振り返りがある。親切。

単行本で言うところの2巻の内容。ロボ研と手を組み部の存続を
>>続きを読む

ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー(2023年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

日常パートもアクションパートも安定して面白かった。ちさととまひろが生活しているというだけで生きていける。
アクションパートはものすごくかっこいいのに、日常パートはしっかり会話で笑わせてくる。アクション
>>続きを読む

水は海に向かって流れる(2023年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

- 結局原作漫画を読まず、あらすじも入れずに観に行ったけど、10年前の親のW不倫がキーとなるのね。
- 泉谷楓が直達に告白するシーンで「誰かが熊沢くんのことを好きになるかもって考えなかったの?何を隠そ
>>続きを読む

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

4.5

なんどめだナウシカ。

内容がうろ覚えになっていたので、原作漫画を読み進める途中で、復習として観た。泣いた。

映画では風の谷対トルメキアの構図であるのに対して、漫画ではトルメキア対土鬼 (ドルク)
>>続きを読む

ヒルコ 妖怪ハンター(1991年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

図書館で原作漫画を読み、映画『奇談』を観た流れでこちらも。原作では『黒い探求者』と『赤い唇』のエピソードに当たるらしいんだけど、ちょうどこれらの収録巻は図書館に収蔵されておらず。
原作漫画を読んで抱い
>>続きを読む

聖なる証(2022年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

冒頭、映し出されるセットの外観から、カメラのパンによって第四の壁をするりと通り抜け、物語の中へ入っていく。映画の外から内へ。ストーリー上は信仰の外から内へ。最深部に到達すると、今度は過度な信仰心や過去>>続きを読む

ガール・イン・ザ・ピクチャー:写真はその闇を語る(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

実際に起こった犯罪のドキュメンタリー映画。
ひき逃げによる死亡と思われたトーニャの身元を調べていくと、不可解な事柄が連鎖的に浮き上がっていく。
シャロンの周りにいた人たちが語る彼女はとても聡明で、写真
>>続きを読む

トイレット(2010年製作の映画)

4.0

元々は「シー・ハルク」からタチアナ・マスラニーが出演していると遡って知った映画。「ばーちゃん」を中心に、それぞれが成長し絆を確かめ合う。
「ばーちゃん」のもたいまさこさんの出演時間は長いけど、台詞は二
>>続きを読む

アテナ(2022年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

 スタートから11分長回し。警察署前での沈痛な会見から、火炎瓶投擲、署内への車突入と、一瞬にして手が付けられないテンションまで張りつめるところで、一気に引き込まれる。カメラの視点がパトカーの車内から併>>続きを読む

ドロステのはてで僕ら(2019年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

仕事を終えたカフェ店長のカトウが、店の2階にある自宅で、モニタ越しに2分後の未来の自分から話しかけられるところから始まる。どうやら1階店舗のテレビと2階自宅のモニタが2分間の時差で繋がってしまったよう>>続きを読む

ザ・バニシング-消失-(1988年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

原題は『SPOORLOOS』、調べるとオランダ語で「跡形なし」という意味が出てくる。
静かに、淡々と、不安が募っていく。構成としては「失踪」、「山荘と準備、遂行」、「3年後」、「邂逅」という感じ。
>>続きを読む

牛首村(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

 恐怖の村シリーズの3作目。廃墟であり有名な心霊スポットである富山県の「坪野鉱泉」と、石川県と富山県の県境にあり同じく心霊スポットの「牛首トンネル」を題材にしたストーリー。徐々に山村の古い因習や土着信>>続きを読む

呪詛(2022年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

 とてもよかった。モキュメンタリーホラーなのだけど、街や病院などの防犯カメラの映像や、精神科の記録映像も含まれている。About Netflixの記事に書かれているように、『ブレア・ウィッチ・プロジェ>>続きを読む

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結(2021年製作の映画)

4.0

面白かった。
「R15+指定」であるためか結構ゴア描写があるんだけど、特に冒頭のものは「ひっでぇ~」と笑いながら見ることはできる。それよりもスターロの脇が気持ち悪い。

ブラッドスポートとハーレイ・ク
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

面白かった。短期間に2回観た。

キャラクター造形や、ストップモーションの中に部分的に通常のアニメーションが入ったり、独特な世界観(まあウェス・アンダーソン監督だし)。時々こちらに話しかけてくるような
>>続きを読む

私ときどきレッサーパンダ(2022年製作の映画)

3.5

思春期の子と親の対立と成長、親離れ子離れ。
振り返ってみると、成長の振り幅が大きいのは母・ミンの方か。親離れ子離れもそういうものなのかもしれないなあ、とぼんやりと考えた。

SING/シング:ネクストステージ(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

息子と妻に誘われて、日本語吹き替えで劇場にて鑑賞。

タイトルの通り、前作から引き続き登場しているキャラクターが「ネクストステージ」へと進むお話。
ムーンの行き当たりばったりな思いつきは相変わらず。そ
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

息子と妻がDVDで見ている横で断片的に見ていたけど、テレビ放送を機に通しで見たので感想を書く。うーん、「家族もの」と「歌もの」という組合せは強いなあ。
石橋陽彩の歌声、すごいなあ。第一生命のCMでラッ
>>続きを読む

クール・ランニング(1993年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

主人公の挫折、なぜか近くにいる達人級の熟練者、難航する仲間集めと資金集め、乗り越えなくてはならない出場規定と不可解な判定、他チームとのいざこざ、父との関係、深まっていく仲間意識……と、スポーツ映画とし>>続きを読む

魔法にかけられて(2007年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

おとぎの国アンダレーシアに住むジゼルは、運命的に出会ったエドワード王子とその日のうちに婚約する。翌日城に出向くと、自分の立場を危惧した継母で魔女のナリッサ女王によって井戸に落とされ、「永遠の幸せなど存>>続きを読む

ザ・ファブル 殺さない殺し屋(2021年製作の映画)

4.0

凄腕の殺し屋だが前作で1年間「普通」に暮らす命を受けた佐藤アキラ。4年前の「仕事」の因縁から、再びトラブルに巻き込まれる。
ストーリーは前作よりも悪役のキャラクターが立ち、さらに道義もあり、わかりやす
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.5

ヴェノムは気が短くて時々人の頭を食べちゃうけど、地球での暮らしやエディを気に入ってからは悪いやつじゃない。んだけど、地球やエディを気に入る過程があまり描かれていなくて物足りなさがある。
若干デッドプー
>>続きを読む

あのこは貴族(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

良い映画だった。小説も読みたい。

榛原華子(門脇麦)は松濤に実家がある良家の女性で、個人的にその階層のことはよくわからないにしても、悩みは同級生が結婚・出産していく中で自分も遅れないようにすること、
>>続きを読む

ヴァージン・スーサイズ(1999年製作の映画)

3.5

たまたまソフィア・コッポラ監督の話題になり、『ロスト・イン・トランスレーション』よかったよねー、のあとに「この映画も好き」と言われたため履修することにした。

美しい5人姉妹の末っ子、セシリアが手首を
>>続きを読む

>|