YOUさんの映画レビュー・感想・評価

YOU

YOU

大好きな映画は
『オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ』
と『シンプルメン』

映画(353)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

緑の光線(1985年製作の映画)

3.3

全く知らない映画だったが
NHK・BSで放映したので
録画してみた。
題名はいまいちな感じだが
フランス映画なのと
解説でストーリーを見て
面白そうに思った。
途中チラッと観た時も
印象が良かったので
>>続きを読む

2010年(1984年製作の映画)

3.3

SF映画の金字塔『2001年 宇宙の旅』の続編。
監督もキューブリックじゃないし、
正直言うと
こんな作品があること自体知らなかった。
1984年の作

でも結構面白かった。
『2001年』の謎を解い
>>続きを読む

バベル(2006年製作の映画)

3.3

この作品は
菊地凛子がアカデミー助演女優賞に
ノミネートされたので
映画館に足を運んで以来。
当時ケイト・ブランシェットのことを
知らないで、
きれいな人だなあって思ったのを
覚えている。
あと刑事役
>>続きを読む

ニンゲン合格(1999年製作の映画)

3.2

この題名の意味はよくわからない。
10年間意識がなかったストーリー上の
必要性もよくわからない。

でも全体を通して
こういう家族とか夫婦とか
人間関係とか人生とかの
再生、再構築、探す旅みたいなのは
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.2

学園恋愛ものの王道って感じ。
桜良の強引なところが気になったけど
可愛いから許すか。
小栗君の冴えない教師もいい感じ。
ガムくれる友だち君もいい。
あと北川景子がきれい
---------------
>>続きを読む

サタデー・ナイト・フィーバー(1977年製作の映画)

3.3

NHK・BSで放映したので
録画して観た。
ディスコ・ブームの火付け役とか、
トアラボルタの印象を決定付けたとか、
トラボルタの踊りとか、
ビージーズの音楽とか、
そのへんのことが頭に浮かぶ作品だが
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

これはいい映画だね。
何年かぶりに映画館に足を運んだが
その価値はあった。
絶対にネタバレはしていけない作品。
映画好きにはたまらないと思う

それにしても映画好きって
ゾンビが好きだよね。
『桐島、
>>続きを読む

オーシャンズ13(2007年製作の映画)

3.1

おっ、アル・パチーノ。
これってキャメロン・ディアズじゃないよな
って思ったら、エレン・バーキンだった。
なんとなくしらふのディアスっぽい。
ディアスのしらふってしらないけど (^_^;)

ジュリア
>>続きを読む

オーシャンズ12(2004年製作の映画)

3.2

キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、
今はすっかりおばちゃんだけど
この頃はほんと美しい。
『シカゴ』もそうだったけど
なんとなくどこか抜けてるというか
スキがある感じが完璧な美人すぎないで
よいのだと思う
>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.2

家族が借りてきたので観てみた。
ジョージ・クルーニーは存在感がある。
いるだけで作品の質が上がる気がする。
でもクルーニーとブラピ、2人も必要?

クルーニーとジュリア・ロバーツ、
美男美女。
しかし
>>続きを読む

私の頭の中の消しゴム(2004年製作の映画)

3.2

韓国映画はあまり観ないが
『愛してる、愛してない』と
『冬の小鳥』は印象深い。
全体的に甘ったるのが苦手。
『猟奇的な彼女』は吐瀉シーンが
生理的にダメなのと
ラスト「これか…」って感じ

この作品も
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.4

なかなかテンポが良くて
一気に観てしまった。
個人的に奥さん役の
ミシェル・ウイリアムズは
『ブルーバレンタイン』を観て好きになった。
初め可愛くて気づかなかった。芸達者だ。

あとオペラ歌手リンド役
>>続きを読む

恋のゆくえ ファビュラス・ベイカー・ボーイズ(1989年製作の映画)

3.7

ミッシェル・ファイファーは
僕にとっては特異な存在。
全然知らない女優だったが
ある著名な映画人のコラムで
『スカーフェイス』の彼女が
セクシーナンバーワンと書いてあり
興味を持った。
『スカーフェイ
>>続きを読む

ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ(1942年製作の映画)

3.5

古いミュージカル映画。
モノクロ。
知らなかった作品だが
NHK・BSで放映したので観てみた。
ミュージカル好きなもので。

なんかホッとする内容。
(国威発揚な箇所は除いて)
世知辛い世の中だからこ
>>続きを読む

クレイマー、クレイマー(1979年製作の映画)

3.7

昔から名の知れた名作だが
あまり観たいとは思わなかった。
主演がダスティン・ホフマンだし
まあいいか、ぐらいな感じ

ダスティンはやっぱり『卒業』。
名俳優なのは知っているが
そんなに好きというわけで
>>続きを読む

ダウン・バイ・ロー(1986年製作の映画)

4.0

ジム・ジャームッシュ監督は
すべての映画で一番好きな監督

今回NHK・BSで
『ストレンジャー・ザン・パラダイス』に
続いて放映されたので
久しぶりに、何回目だろうか、観た。
やっぱり、いい

「あ
>>続きを読む

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

3.5

是枝監督の作品は
『そして父になる』と『海街diary』しか
観たことがなく、
それほど注目していたわけではない。
『そして父…』が
近くのコミュニティセンターで
上映されたこともあり、
どちらかと言
>>続きを読む

インファナル・アフェア(2002年製作の映画)

3.7

ハリウッドがリメイク権を
史上最高額で獲得したという
折り紙付きの作品。
アジア最高傑作とも言われているらしい。
確かに面白い。
緊張感もあって全く飽きることがない

『ティパーテッド』がそうなのかな
>>続きを読む

トゥルー・ロマンス(1993年製作の映画)

3.6

タランティーノ脚本、T・スコット監督だもの
面白くないわけがない。
タランティーノらしい
映画好きにはたまらない
マニアックなシーンがいっぱい。
千葉真一が出てくるとは思わなかった。
『キル・ビル』も
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.2

んー、頭で理解してはいけない
ジャンルの作品だね。
こういうのもあり、なんでしょう

ノーカントリーとアメリカン・ハッスルが、
それでもバルセロナとプレーブックが、
なんだかやっている、って感じ

>>続きを読む

31年目の夫婦げんか(2012年製作の映画)

3.1

年配者のセックス話は
聞いていてつらいものがある。
あえてそれを聞かせるところに
意味があるのだろうか

メリルはやっぱりすごい。
表情ひとつで複雑な心境を表現できる。
薄っぺらくないのだ。名人の境地
>>続きを読む

わが命つきるとも(1966年製作の映画)

3.8

信念の人トーマス・モアの話。

「政治家が公務という
大義名分をかざしてー
良心を捨てたらー
国に混乱を招くことになります」

森友・加計の改竄、隠蔽工作の
いまの安倍政権に聞かせてやりたい。
という
>>続きを読む

深夜食堂(2015年製作の映画)

3.2

小林薫はやっぱりいいなあ。
黒光りする店のカウンター、
昭和の演歌的な店の佇まい、
「深夜食堂」という題名もいい。
始まりと終わりの歌もいい。
漫画はすでに読んでいたが
それとは別物と思ったほうが楽し
>>続きを読む

山の音(1954年製作の映画)

3.6

作家(小説の話)で全部の作品を読んだのは
夏目漱石と太宰治とこの川端康成。
川端は同時代の三島由紀夫の才能に
一目置いていて,
川端がノーベル文学賞をとったとき
三島に申し訳ない、というようなことを
>>続きを読む

ミルドレッド・ピアース(1945年製作の映画)

3.5

フィルム・ノワールの傑作。
先日観た『大砂塵』の男前女優ジョーン・クロフォードが
今作でアカデミー主演女優賞をとった。
古い俳優なのでよく知らないが
当時を代表するスター女優だったようだ。
確かに目鼻
>>続きを読む

眺めのいい部屋(1986年製作の映画)

3.5

いい映画だというのは前から聞いてた。
いつか観てみたと思っていた。
そういう映画結構多くて
ずーと観ようと思っていて
観ないでいた映画を観た時って
何とも言えない、
感無量なものがある。
これも映画の
>>続きを読む

ある愛の詩(1970年製作の映画)

3.8

話は違うが、
邦題『ある愛の詩』って絶妙だと思った。
今知ったけど原題は『LOVE STORY』だもんね。
『ある愛の詩』…、んー素晴らしい。
それ自体でロマンチック。
「詩」にしたところにもセンスを
>>続きを読む

岸辺の旅(2015年製作の映画)

3.7

深津絵里ちゃんは、
いいの知ってたけど、
浅野君もいいね。
ハリウッドのアクションしか知らなかった

不思議な話。
全編を貫く静謐感がいい

大物女優2人、深津絵里と蒼井優の
奥さんと不倫相手の
2シ
>>続きを読む

フラッシュダンス(1983年製作の映画)

3.2

バブルの頃流行った映画だと思う。
80年代感たっぷりだし、
音楽も一度は聴いたことがある
有名なものだと思う。

自分がダンスを習っているから
ミュージカルやダンス関連の作品には興味がある。
『リトル
>>続きを読む

ピンポン(2002年製作の映画)

3.5

話は違うが
個人的に漫画の最高傑作は2つ決めている。
その一つが松本大洋の『Sunny』。
(ちなみにもう一つは望月峯太郎の『バタアシ金魚』)

もう一つ話は違うが
大好きなメガネ男子も2人決めている
>>続きを読む

十戒(1956年製作の映画)

3.3

映画史に残るスペクタクル巨編。
こういう作品では
やっぱり『ベン・ハー』が代表格かな
海が割れるシーンは圧巻。
教養として観ておくのはよいのでは?
こういう人手のかかる作品は
もう作られることは
ない
>>続きを読む

大砂塵(1954年製作の映画)

3.5

西部劇は最近あまり観ないが
昔はよくTVでやってた気がする

敬愛してやまないヌーベルバーグの
ゴダールやトリュフォーが
絶賛していたらしいから観てみた。
確かに普通の西部劇的大衆娯楽とは
違う印象。
>>続きを読む

バリー・リンドン(1975年製作の映画)

3.9

天下のキューブリック。
主演は『ペーパー・ムーン』『ある愛の詩』の
ライアン・オニール。
実はライアン・オニールはよく知らない。
『ペーパー・ムーン』共演し、
天才子役と言われた実娘の
テイタム・オニ
>>続きを読む

ニキータ(1990年製作の映画)

3.8

むか~し観たけど、
このところフランス映画付いてるので
観てみた。
やっぱスタイリッシュ

それと
単なる娯楽じゃなく
人間も描いているので深みがある。
アンジェとか、トム・クルーズとか
アベンジャー
>>続きを読む

ロシュフォールの恋人たち(1966年製作の映画)

3.9

『シェルブールの雨傘』の
カトリーヌ・ドヌーブとその実姉なんだね
『シェルブール…』とはまた違った
ミュージカルでまた楽しい。
フランス映画好きにはたまらないね

っていうか最後まで観たら
「これは一
>>続きを読む

恋する惑星(1994年製作の映画)

3.8

何度もだろう?
何度見てもおしゃれで、飽きない。

好きなシーンは、
彼女にふられ落ち込んだ男性が
部屋のトイレに座り
白い石鹸に語りかける

-----------
彼女が出て行って
家中の物がー
>>続きを読む

>|