TAROの塔のドラマ情報・感想・評価

「TAROの塔」に投稿された感想・評価

岡本太郎という人間がどのような幼少期そして青春時代を経て、岡本太郎になったのか。それを知ることのできるドラマです。

本作品は、NHK総合テレビジョンの「土曜ドラマ」で2011年2月26日から同年4月2日まで放送された、全4回の連続ドラマ。

僕が岡本太郎を知ったのは、大学生になり始めて間もない頃だった。Amazonで1円売られていた『自分の中に毒を持て』を買って、風呂場で開いたのが僕と岡本太郎のはじめての出会い。

衝撃を受けた。高校生時代からの精神病に付き合い、疲労困憊し、「傷つかない生き方」を探していた自分には重いパンチだった。しかし、同時に温かく、背中を押してくれるようなパンチだった。

「もっと傷つくことを要求し、もっと自分を曝け出し、弱い自分のまま生きろ」

そんな本だ。

そんな初対面から5年経った今、"岡本太郎のことならある程度知っている"と思っていた。『自分の中に毒を持て』は外国を放浪するときはいつもバックパックにいれていたし、パリに滞在した計1年2ヶ月の間もずっと持っていた。

川崎と青山にある施設も訪問したし、Youtube上の岡本太郎の動画は全部観た。彼の著作も図書館でよく読んだ。彼が滞在していた1930年から1940年の雰囲気とは大きく違えども、パリの風も感じに訪れた。

そんな岡本太郎ファンの僕でも、本作品は目から鱗が落ちるぐらい、素晴らしいものだった。

少し掘っただけでは本当の理解には到達できない、それが岡本太郎だ。

ぜひ皆様にもご覧になっていただきたいと心から思います。
mikan

mikanの感想・評価

3.8
0
岡本太郎の半生がよく分かった!松尾スズキ、岡本太郎の演技が上手い。
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

5.0
0
伝説の芸術家・岡本太郎の知られざる全貌、初のドラマ化! 
「人類の進歩なんかくそくらえ!」昭和42年、「大阪万博」のプロデューサーに就任した岡本太郎(松尾スズキ)は真っ向からテーマに異を唱え、一大国家イベントと戦う決意を表明する。それは、太郎を育んだ岡本家の反骨精神でもあった。歌人の母・かの子(寺島しのぶ)、漫画家の父・一平(田辺誠一)、生涯のパートナーとなった秘書の敏子(常盤貴子)の4人が織り成す破天荒な家族模様を軸に、「太陽の塔」をつくるまでの岡本太郎の闘いを描く。 
絵画を志したけど、日本の硬直化した美術界に収まらず、パリで人種差別に負けず修行し、帰国後そのエネルギッシュな作風で日本の美術界に風穴を開けた岡本太郎の生涯を描いたドラマ。
岡本太郎を演じた松尾スズキと濱田岳、寺島しのぶの演技が、印象的。
美輪明宏がカバーした「水に流して」は、魂を揺さぶる。