激戦地の作品情報・感想・評価

「激戦地」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

暗い(。-ω-)ひたすら暗い(。-ω-)ウーム...
戦争だからね...当然かいや必然か...

初めに時代背景(1943年)と主要キャストの名前や出身地や性格や特質を紹介してくれている親切な作品。
急に出てきても「こいつは誰やねん?!」とはならないd(^-^)

しかも要所で歌が入る。
キャストの置かれた状況や心情を歌い上げてくれる。

1943年。
イタリアのサレルノ湾に、テキサス師団(歩兵隊)が上陸。
上陸早々、指揮官である中尉が負傷。
指揮はハルヴァーソンに委ねられる。
が、そのハルヴァーソンも待ち合わせ場所にはこず、師団は森へ移動。

結局、中尉とハルヴァーソンの戦死が伝えられ、当初の任務である『パルマの農場』の占拠作戦に3分隊に別れて向かうことになる。

着いてみると農場はすでにドイツ軍によって占拠されていた。なんとか追い出して占拠しなければならない状況。
普通に近づけば、ドイツ軍に窓から(機関銃による)機銃掃射されてしまうのは分かりきったことなのに、タイン軍曹ったら突っ込んでいっちゃう。

で、バリ💥バリ💥バリ💥バリ💥バリ💥
当然、退却(笑)

タイン軍曹が「どうしよう...」となった時に、ウィンディが名案を思い付く👍

ウィンディの案に乗っかったタイン軍曹の指揮で...って、タイン軍曹は有能で優秀な部下に恵まれていて良かったね!って事か(笑)

イタリア語が話せるトラネッラと、事あるごとに不吉な予言を口走る偵察兵のアーチムボーのキャラがツボ(笑)

原作:ハリー・ブラウン。