1946年製作のおすすめ映画 231作品

1946年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、フランク・キャプラ監督の素晴らしき哉、人生!や、ジャン・マレーが出演する美女と野獣、汚名などの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

今回、キモいオカルト臭がプンプン漂う内容を書きまくりますが、そういう毛色の者ではありませんので、ご承知とご容赦願います…

>>続きを読む

2017/12/24鑑賞 毎年クリスマス時期の鑑賞が恒例となった自分のNo.1映画を今年も。ちょうど1年ごとに観ると「…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

父はベルのために薔薇を取ってこようとするが、美しい薔薇を見つけた場所は野獣が住む城の庭だった。野獣は父に3人の娘のうち…

>>続きを読む

「ひらけ〜ゴマ!」 そんな言葉から始まる物語。 お伽話をワクワクしながら聞いていた子供の頃の、純粋なこころを思い出し…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【毒薬】 ケイリー・グラントが男前すぎるし、イングリット・バークマンが綺麗すぎた。 何より2人のキスシーン。 白黒…

>>続きを読む

映画が始まってすぐのショットでは、裁判で被告席にいるアリシア(イングリッド・バーグマン)の父親。国家反逆罪で20年の懲…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

私立探偵フィリップ・マーロウの行く先々で次々と事件が起こり、個性のはっきりしない脇役が出ては消えを繰り返し、あれよあれ…

>>続きを読む

レイモンド・チャンドラー原作の「大いなる眠り」を映画化した本作「三つ数えろ」は、原作がかなり複雑なプロットのため、一度…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

光と影と鏡を巧みに操ったオーソンウェルズのサスペンス作品。 歴史教師として市井に潜むナチス残党キンドラーと、彼を追うこ…

>>続きを読む

オーソン・ウェルズの監督作の中ではあまり語られることのない作品だけど、これは間違いなく傑作だ。 脚本には甘いところがあ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

世界大戦中ナチスに脅迫されて核爆弾の開発に協力させられている科学者を救い出す話。 あのゲイリー・クーパーが素人スパイ…

>>続きを読む

暗黒街の〜と同時上映。 ハラハラドキドキは所々中だるみしたせいでそこまで感じなかったけど、もうメインの2人の演技とラス…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ジャン・ルノワール。公開当時も酷評と絶賛が真っ二つにわかれたという本作。私はスコア通り前者でした…。1番の理由は、キャ…

>>続きを読む

アメリカ時代のルノワールって脚本のせいなのか基本的につまらなくて困る あまりに幻想的な冒頭の夢のシーンを見たときは傑…

>>続きを読む

大曽根家の朝

製作国:

上映時間:

81分

ジャンル:

3.4

おすすめの感想・評価

敗戦直後1946年の作品。裕福な大曽根家は亡き父は自由主義。母は横浜の貿易商の娘で外国の学校(フェリスかな)を出た意識…

>>続きを読む

これまでの軍国主義の時代を代表するようなプロパガンダシーンが垣間見える作品から一転して、ある自由主義者のブルジョワ一家…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ひょんなことからトゥーム・ストーンという西部の町の保安官を務めることになった実在の人物ワイアット・アープの物語。 ジ…

>>続きを読む

復讐は復讐を生む 最高に面白い。なんといっても最大の見所はラストのOK牧場での銃撃戦でしょう。ジョン・フォード監督や…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

卒論のテーマとして教授に買ってもらったこの映画。ディズニーファンとしてずっと観たかったのでとても嬉しいです。これか…

>>続きを読む

依頼があったのでディズニー映画レビューですよ(^o^) だから、ほんとにディズニー映画ですってば! 封印されただけで(…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「我等の生涯の最良の年」 原題「The Best Years of Our Lives」 1948/6/16公開 アメ…

>>続きを読む

「素晴らしき哉、人生!」という名作が上映された年、もう1作印象的なアメリカの良心とも言えるような傑作があった。「我等の…

>>続きを読む

わが青春に悔なし

製作国:

上映時間:

110分
3.5

おすすめの感想・評価

青春にも全人生にも悔いしかない、省みて悔いのある生活しかして来ていない俺に何が言えようとは思うが、冒頭の白シャツで胸を…

>>続きを読む

 タイトル『わが青春に悔なし』なんて聞くと、どれほど輝かしい青春時代を描いた作品かと思いますが、実態は真逆、この『わが…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

リタ・ヘイワースがもう眩しいです。 モノクロでこんなに映える女優さんっていらっしゃるんですね。 劇中で2度披露される「…

>>続きを読む

1940年代にセックスシンボルとして一世を風靡したリタ・ヘイワース。 そのリタ演じるギルダがふたりの男を翻弄するフィル…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

片田舎のガソリンスタンド兼ダイナーに、やってきた流れ者の男フランクは、オーナーの美人妻コーラと瞬く間に恋に落ちる。コー…

>>続きを読む

2017年3月24日 NHKBS 『郵便配達は2度ベルを鳴らす』1946年製作 監督、テイ・ガーネット。 この映画、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

無防備都市と対をなすロッセリーニのイタリアン・ネオリアリズモの1作です。 映画史の1pを飾る戦争を実際の映像を交えな…

>>続きを読む

ジュリエッタマシーナを追いかけていくと、彼女の数少ない出演作の中ではフェデリコフェリーニとロッセリーニが関わってる若い…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

第二次世界大戦後のイタリアの混乱期を子供達を主役にストレートに描いたネオレアリズム映画の傑作。 パスクァーレとジュゼ…

>>続きを読む

7月7日は戦後のイタリア映画において、ロッセリーニやヴィスコンティらと共に"ネオレアリズモ"を牽引した巨匠ヴィットリオ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

実際には存在しない黒水仙。このミステリアスなタイトルとジャケットの美しさに惹かれて鑑賞。 イギリスからヒマラヤ僻地に…

>>続きを読む

ヒマラヤの麓に新設する修道院の院長を任されたシスター・クローダ。4人のシスターを引き連れて現地に到着するが、修道院…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

イギリスの文豪ディケンズの代表作であるこの作品は数多く上映・上演されているけど、お恥ずかしながら実はこれが初ディケンズ…

>>続きを読む

紳士 両親を亡くした少年ピップは、鍛冶屋に引き取られることに ある日、両親の墓場で屈強な怪しい男に酒と食べ物を求めら…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

金を持つと傲慢になるのか、傲慢だから金が手に入るのかは知らぬが、もちろん金銭だけで人間の幸福の尺度が決められるなどとい…

>>続きを読む

映画の印象は演出によって如何様にも変えることができると言わんばかりに、演出で魅せるという映画の醍醐味を楽しんで味わえる…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

愛しのフレッド・アステア。ビデオテープで鑑賞。今作で初めてミュージカル界のトップスター、ジーン・ケリーとフレッド・アス…

>>続きを読む

『巨星ジーグフェルド』を観た後に本作を観るという最高のタイミングで本作を鑑賞。レビューの王様、フローレンツ・ジーグフェ…

>>続きを読む
>|