おしゃれ大作戦の作品情報・感想・評価

「おしゃれ大作戦」に投稿された感想・評価

変態オヤジに乗っ取られそうな服飾学校を生徒達が守るみたいな話。杉本美樹が浮いてる。こんな映画にも出てたんだって感じ…。若い頃の八代亜紀がサークルの先輩と激似で微妙な心境になった。岡崎友紀の可愛さだけが唯一の救い。
70年代の東宝映画っていろいろ闇深くて今後探っていきたい。『恋の大冒険』とか『ヘアピンサーカス』並にヤバい珍作とか隠れた傑作絶対あるはず。
ぜんぜんおしゃれじゃないし笑えない、1976年当時の風俗資料としてのみ、ようやく価値を見出だせる駄作。
Marrison

Marrisonの感想・評価

2.1
大して面白くないB級作であることは構わない。おしゃれ度がゼロなのが悲しい。意味不明な水前寺清子のステージで幕開けて、、八代亜紀も何のため?
1976年時点で最旬だったらしい岡崎友紀(ガンバリすぎで顔演技がちょい痛い)や由美かおるらを躍動させたのはいいけど全然ダサいってことは、当時の日本列島にはおしゃれな女性が一人もいなかったんだ?
いや、そんなことはないでしょ。ネット動画で見つけた資生堂のCM「マイピュアレディー」(77年)や、歌詞世界でいえば荒井由実の「海を見ていた午後」(74年)なんかの洗練は、今の目にも凄いから。

この映画は、デザイナーやパタンナーを養成するような学校を勝手にモチーフにしてるのに、そもそも監督も脚本家も、おしゃれなものを作ろうという気持ちを持ってない。当時売れてたんであろう「装苑」ぐらいは目を通して文化服装学院への取材ぐらいしておくべきだったんだろう。
まるで70年代頃から日本人は男も女も単に浮ついてばかりいたかのようにも思えてしまう。
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.5
役名と名前を事前に叩き込んでから見るべきだったけど家のお手伝いに成りかわる児島美ゆきさんが一番好きっすね。
小西真奈美さんっぽい感しがあるのは長谷直美さんだろうか。
沢田さんが番格といった感じでリーダーシップをとっていくけどバイオレンスなシーンは杉本さんに多少譲って欲しかった気もする。
白装束で揃えちゃって最後切腹するのかと心配したけどしなくてよかった。
八代亜紀さんのステージも良かった。
赤穂浪士の名前に「子」付けただけみたいな役名がズサンでいい。洋裁学校の割に皆武闘派。あっけらかんと無意味な歌謡映画でもあった。