あまのかぐや

アジョシのあまのかぐやのネタバレレビュー・内容・結末

アジョシ(2010年製作の映画)
3.5

このレビューはネタバレを含みます

韓国版「レオン」ということで話題になりました。
ジャン・レノのちょっともっさりした殺し屋と違い
ウォンビンは見た目もシャープで剃刀みたいな元工作員

暗い過去を背負った謎の男と不幸な女の子の心の交流…
臓器売買組織に拉致される女の子とその母
復讐に燃える元工作員…みたいな

なんというベタな展開…だけど気づくとはからずも涙してしまう。
あまりに容赦なく血生臭く、そしてアクションが美しい。

そしてわたし、相変わらず韓国の俳優は本名から役名からひとつも覚えられません。
悪役兄弟(レオンのゲイリーオールドマンの10倍ぐらいキレキレ)も最後まで覚えられず、兄=大鶴義丹 弟=フルポン村上 と最後まで呼んでいました

子役も…まあ本作のキーパーソンなんだけど…芦田マナ的上手さじゃないんだよね
生活の暗さ運命の過酷さをとことん汚く空気や匂いで見せる子役

多分6歳かそれぐらいの子なんだけど。
…ああこの子服何日同じの着てるのかな、とか
お風呂何日も入ってないんだろうなとか… 恐るべし韓流子役…!

ウォンビンの腹筋も必見だよ(o~-')b