恋する歯車の作品情報・感想・評価・動画配信

「恋する歯車」に投稿された感想・評価

キリン

キリンの感想・評価

1.0
うん、覚えてない!
かといって、再度Clipして
もう一回観ようかという
気分にならない作品なのは確か
ネットであらすじを確認して
思い出そうという気にもならない
程度の記憶
まあ、読めてはいたけど…

人間みんな保身、勝手な話😓

すごく胸糞悪くなる。
面白い作品だったけれど…。

このレビューはネタバレを含みます

「TOEI HERO NEXT」第3弾。

仮面ライダーや戦隊などキッズ向け特撮番組出身イケメンヒーロー俳優のネクストキャリアの為の映画シリーズである。

タイトルの「恋する歯車」は、謎の年上女性とのロマンスに溺れながら、警察の苛烈な尋問で獄死した革命家の血を受け継ぐ革命勢力のホープとして担ぎ出される主人公の境遇そのものを指す。

主人公は『海賊戦隊ゴーカイジャー』のゴーカイレッドこと小澤亮太。警察が彼の両親の獄死を隠蔽し、辞職警官を育ての親としていたという、出生の秘密を抱える複雑な役どころを演じる。ゴーカイシルバーこと池田純矢は、クレイジーな革命家として彼をテロ活動に引き込む。果たして彼は実親の運命を引き継いで、社会に弓引く危険な革命戦士となってしまうのか?

……いやいやいや、東映の白倉プロデューサーさんよォ〜、この設定は、発想が半世紀近く古いんじゃないか〜い???

さすがに企画レベルでの無理がある中、残念ながら、この時代錯誤な荒唐無稽さを、リアルな大人のドラマとして成立させる為の俳優の演技力も、制作陣の演出力も足りないのであった。

さらに本作と前後して小澤亮太はプライベートなスキャンダル(元ホストでDVだの隠し子だの)で爽やかイケメンのイメージにケチがついてしまったし、東映としても慣れないことやるより既存特撮作品のスピンオフ出す方が余程良いと分かっているであろうから、もうやらないんだろうなぁ……
悪杭

悪杭の感想・評価

2.5
2014年 鑑賞
TOEI HERO NEXTシリーズ第3弾。海賊戦隊ゴーカイジャーのレッド/マーベラスの小澤亮太さんが主演で、グリーン/ハカセの清水さん、シルバー/凱の池田さんも出演。
哀しきラブストーリーって謳っていたが... 警察の隠蔽と学生運動の劣化版に振り回される小澤さん。って感じかな?ハラハラしないし、怪しいなって思っていた●●さんがやっぱりって思ったし... 中だるみもしたし...
池田さんのネジが狂っている役は良かった。

そういえば... ブルーの山田さん出てない!やっぱりと思った。だからこそこのシリーズの4弾目観てなかったのかぁ、と理解した。

653

このレビューはネタバレを含みます

これだけでも十分楽しい映画なんだけど、「海賊戦隊ゴーカイジャー」とセットで観るとより一層楽しい。

今回の映画にはゴーカイレッド、ゴーカイグリーン、ゴーカイシルバーを演じていた俳優がみんなキャラクターの違う役で登場している。例えば小澤亮太は「ゴーカイジャー」ではキャプテン・マーベラスという「クール」なキャラクターを演じていたのに、今回の映画では真面目な法科大学院生。そういう「落差」もこの映画の見所の一つ。いや、もしかしたら最大の見所なのかもしれない。

こういった試み、あまり見かけないけど面白いと思う。他の作品でもやってくれないかな。例えば「水戸黄門」のキャストでミステリーとか。里見浩太朗が犯人で、探偵はうっかり八兵衛役の高橋元太郎とかね。で、探偵の相棒は由美かおる。勿論、意味もなく番組の途中で入浴シーン…。あとは各自で考えて(^^)。

再来月にはまた、「海賊戦隊ゴーカイジャー」のキャプテン・マーベラスで活躍する小澤亮太が観られる。今後の活躍にも期待大。
ジップ

ジップの感想・評価

3.4
鬱々と淡々とした空気の中で少しずつ明かされていく謎。
つっこみどころはあったけど、きちんとまとまっていて、なにが言いたい映画なのか分かりやすくてよかった。
池田くんはこういう役をする印象がなかったので新鮮で、うまいなぁと感心した。
AO

AOの感想・評価

3.0
物語も俳優も悪くなかったけど映画じゃなくて、2時間ドラマなら「面白かった」と記憶に残ったはず。子供ができるっていうくだりはギャグなのかと思った。
KOKO

KOKOの感想・評価

2.7
池田純矢の演技が本当に見もの。彼の狂ったようないかれた演技に魅了されてたけれど内容が頭に残ってない。
miyabi

miyabiの感想・評価

2.5
自分が何者なのか?本当の両親は、誰なのか?誰を信じて良いのか?
謎の女を黒川智花、なかなかミステリアス。
tubame

tubameの感想・評価

3.1
両親の交通事故死以来、塞いでいた男の前に謎の女が現れて始まるラブサスペンス。基本的に観客対象に俳優のファンしか想定していない極めてコアな世界の映画だと思うけど、話の筋はそれなりにきちんとしてて途中まで結構ハラハラした。流行りの話題は組み込みつつも、やや古めかしいサスペンスといった印象。東映ヒーローの俳優に現代劇を演じさせるHERO NEXTという企画もので、ゴーカイジャーの俳優3人が出演しているが、自分が贔屓ということを差し引いても池田純矢が頭ひとつ飛び抜けている。気が狂ったような表情と演技はなかなかインパクト大。ただ正直映画として特筆すべきものはあまりないかな。

あなたにおすすめの記事