バトル・オブ・ロサンゼルスの作品情報・感想・評価

バトル・オブ・ロサンゼルス2011年製作の映画)

BATTLE OF LOS ANGELES

製作国:

上映時間:92分

1.6

「バトル・オブ・ロサンゼルス」に投稿された感想・評価

壱光

壱光の感想・評価

2.5
序盤のCGでまさかとは思ったけどやっぱりアサイラムだった
最高。大好き。
やった!
アサイラム作品!
大好物!

突っ込みどころが
多ければ
多いほど
楽しい系

しかし
キャプテン・アメリカな
あの人が
叫び出した時は
鳥肌が立った!
ここは
五億点
ツボにはまった!

2〜3分鳥肌は持続するものの
あとは失速

エクサスケールな
アサイラム作品に
パンジージャンプ
yamasaw

yamasawの感想・評価

1.2
真面目に作ったクソ。評価するところがない。
django

djangoの感想・評価

1.5
心に残らないことでは他の追随を許さない映画。
開始から突然宇宙船と戦争し始める軍。
日本刀持ったおばさんが仲間になったり、宇宙人関係の陰謀論が全て本当だったりするが、とにかく心に残らない。
セリフが滑っていく感じ。
大雑把なラスト。
凄いぜっ!
タイトルだけで引っかかって
全部見て見たけど
ただただB級感
青花

青花の感想・評価

1.0
映画を悪く言うのは好きじゃないけどこれは仕方がない。
ToruT

ToruTの感想・評価

1.0
ある日ロサンゼルス上空に超巨大宇宙船が飛来する。
アメリカ空軍機が出撃し攻撃を加えるもあっけなく敗退する。
そんな中空軍基地に第二次世界大戦に使われていた戦闘機が着陸する。
搭乗していたのはロジャース大尉。
1942年当時起きた『ロサンゼルスの戦い(実話 飛来したのは日本軍だと思われていたが日本にはそのような記録はない)』の時に偵察任務を帯びて飛び立った1人だった。

なんの前置きもなくいきなりUFOが飛来し米軍の攻撃が始まってガンガン攻撃されます。
誰1人敵が誰とか何とか考えずに取り敢えず攻撃してます。
流石アメリカ!
流石アサイラム!
話は一切深まらないままラストまで突っ走ってくれちゃって鑑賞後何も残らないという感覚を久々に思い出させてくれました。
ありがとうアサイラム。
こんなに清々しく空っぽな作品はなかなかないよ!
印象に残ったセリフの一つも拾えなかったさぁ・・・
LA侵略にきた巨大宇宙船と戦う話。粗製濫造で映画産業を侵略する制作会社・アサイラム製のZ級。訴訟沙汰になった「世界侵略LA決戦」と「スカイライン」と同時期のLA&宇宙人ものだが、本作は他の追随を許さない圧倒的低クオリティにより法的責任を免れた。
SF好きなので、観ました。

タイトルは無視して…
映画インデペンデンス・デイ①と②の中間的なストーリー❗️

LA中心部の壊れ方が手抜き&女刀戦士の活躍が物凄いのが、面白かったです。
(メ◆◆)
B級の味わいはないが、ところどころ、観れるシーンがあったりするのは、ある意味珍しい味わい。だからって、みなくてよし。早送りで見ると、色合いがまるで70年台の戦争ヒーローものみたい。チャックノリスとシュワちゃんでも出して、めちゃくちゃにしたろかw。
>|