グリーンドアの作品情報・感想・評価

グリーンドア1972年製作の映画)

Behind the Green Door

製作国:

上映時間:72分

3.0

「グリーンドア」に投稿された感想・評価

セックスシアターと称される大人の社交場に拉致されてきた女性(マリリン・チェンバース)が、観客の目前で見世物としてのセックスを強要される。アメリカで大規模上映された、初めてのハードコアポルノ映画。(擬似ではなくて本番行為をしている)

中学生の時分、VHSデッキを2台もち、ダビングという技術を導入していた私は、学校の不良生徒から「これをダビングしてくれ!」と半ば強引にビデオを押し付けられた。私はポルノのダビング依頼を以前から何度も受けていたので、今回も予想の範囲内。そのビデオの内容は、いわゆる洋ピンというやつで、無修正の裏流出モノ。数ある洋ピン作品からセックスシーンのみを切り出した、編集版だということはすぐに分かった。ノーカット版ではないけれど、収録されている個々のタイトルを確認すると、なんとそれが「ディープ・スロート」と「グリーン・ドア」だったという…(ちなみに、これは1990年代の話)

あれから長い歳月が立ち、インターネットの普及という世界規模の技術改革の後に、私は全長版の「グリーン・ドア」にめぐり合った。「ああ、そうそう、これこれ!」私はそこはかとない郷愁感を胸いっぱいに受けた。

若い頃は表面的にしか観られなかったけれど、ある程度の知識を溜めている今ならば、さらに奥深いところまで観ることができる。マリリンほどの見目麗しい美女がプロ意識をもって本番行為をしているところだとか、当時はタブーとされていた白人と黒人の交合が見られるところだとか、「ポルノ業界に革命を起こしてやる!」という製作者のやる気が感じられるところだとか。

とくに、ドラッグ描写的な映像処理によって、頭の中がユワンユワンとなってくる感覚が面白い。性行為を坦々と映像に収めるのではなくて、シチュエーションとカットワークを工夫することにより、どこか「オシャレ」に見せている。そこが、本作品が革命的と呼ばれる所以でもある。

この後、マリリン・チェンバースはクローネンバーグ監督「ラビッド」に主演。彼女の活躍を日本の女優に例えると、松田暎子あたりかな?