ジュラシック・ジョーズの作品情報・感想・評価

「ジュラシック・ジョーズ」に投稿された感想・評価

吐き気をもよおす『邪悪』とはッ!
死んでしまったものを利用することだ……‼︎
自分の利益だけの為に利用することだ……
主人公が死んでしまった『博士』を‼︎
てめーだけの都合でッ!
ゆるさねぇッ! あんたは今 再びッ! 視聴者の心を『裏切った』ッ!

ジュラシックジョーズとは、本家ジョーズに憧れた結果、見えないサメの恐怖を演出しようとして失敗した作品である。見えるようになっても怖くないのもポイントだ。なにせ、本編中ではサメと明言していない。怪物、デカい魚と呼び、見た目もサメではない。背鰭もかなり変わっているので、もはやどこにジョーズがかかっているのか不明だ。

終盤以外の見所としては水着の女性がたくさん出るところと、おっぱいが見れるところ。あとは日本人のスズキさんが間違った日本人をしているところ。「死んじまえ! 」と言った直後に「気をつけろよ」と心配する情緒不安定なキャラクターなど、全員どうかしているので、そういった点では楽しめる。

最大の見所は、魚に襲われて内臓破裂した博士が「海に捨てないでくれ」と頼んだのに餌としてC4を括り付けてボートで引きずるクソ外道シーン。ヒロインが「やめて!」と言っているのに、笑顔で「こいつはそういうやつさ」と言って無視するのはサイコパス極まりない。

イカれた人間が見たくなったら、本作の後半20分を再生するといいだろう
ハテナ

ハテナの感想・評価

1.4
キラートマト並に映像古かったけどこれ94年なのかよ(笑)
この手の映画には珍しく続編フラグも立てずあっさり終わった印象

観た日:2016/06/11
サメじゃなくてアンコウみたいな感じです。吹き替えがちょっと棒読みでウケる
日本人なら楽しさ倍増のサメ映画。
ハワイを舞台に、古代サメが人を襲うお話。ストーリーらしきものはあるみたいなんですが、気にする必要はありません。終始気の抜けたBGMが流れて緊張感は常にゼロ。
おっぱいシーンと日本人のスズキさん(関西弁)が全てをもっていきます。フジヤーマァ!スシゲイーシャァ!ビューティフォー!アイアムジャパニーズ!かぁぁぁあつぅ!!いったるでぇ!!
あとラストは必見です。こいつら人間じゃねぇ。
しかしよくよく考えたらこの巨大魚、サメではない可能性があります。半分ぐらいになってしまったサメの死体が出るのでサメ映画ではあるんですが、謎の巨大魚がサメであると明言されていないのです!この点に関しては、今後詳細な調査が必要でしょう。
logn

lognの感想・評価

2.0
侍が出るところだけは笑いましたが、基本的には面白くありません。正直、これに吹き替えがついている事に驚きです。
東区P

東区Pの感想・評価

1.3
国辱サメ映画 日本人?も出てきますがみてて舐めてんのかと思ってしまいます面白くないです
あじ

あじの感想・評価

2.5
B級サメ映画なのでもうなんかなんというかなんですけど、狙ってるのか狙ってないのか笑えるシーンが多くて楽しかったです。

上裸フンドシ謎日本人、スズキサンの奇声とカタコトは必見だと思います。

最後の言葉をガン無視で海に捨てられサメのエサにされた教授を忘れません。
だくろ

だくろの感想・評価

1.3
レビューを観て「アンコウっぽいサメってどういうこと……?」と思っていた。そんなサメいなくない?と思っていた。でもそれはアンコウだった。

突然の鈴木さんの出現に笑ってしまった。
枕木

枕木の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

サメモ:古代から蘇ったのがどこでわかるのかよくわからないアンコウっぽいサメ 鈴木さんが謎 誰が何をしたのか集中してないと全くわからない
たぬき

たぬきの感想・評価

2.5
サメが全然出てこないから、襲われてるシーンがよくわからない。少し出てきたが、アンコウのようなサメだった。まあ1979年公開だからそのへんは多目にみよう。
ラスト20分くらいはネタ満載で面白い。主人公たちよりもキャラの濃いモブたちが活躍する。
>|