キッズレーサー 魔法のメダルと秘密のサーキットの作品情報・感想・評価

キッズレーサー 魔法のメダルと秘密のサーキット2013年製作の映画)

V8 - Start Your Engines!

製作国:

上映時間:106分

3.2

「キッズレーサー 魔法のメダルと秘密のサーキット」に投稿された感想・評価

yui

yuiの感想・評価

2.8
イケメンと美女。子役なのに仕草が大人っぽすぎ。ドイツ語で観れないのが残念。
子ども用ドイツ映画。
カート・レースを題材にした少年少女の成長物語。
素材もメカニックも、美少年・美少女の割合!も素晴らしい。
設定も面白いんだけど…残念な事に脚本が粗い。詰め込み過ぎて散漫。
惜しい。
学校って物が存在しない感じの、少年少女の行動の端々にB級感あふれています。
いっその事、CGを多用して宇宙とか異空間を舞台にすれば良かったかもね。
あと…ドイツ映画なので壁の落書きが全く読めない(恥)

デヴィッド・ミシェル(10才)はレーサー志望の熱血漢。ウザい妹ルカ(8才)と、自分のカートを手に入れる為、アルバイト(ドイツ語)に勤しむ。

ローゼンガルデンの町の南側は、危険な地域。
南側の女の子キキは、メンテナンスが得意な機械油まみれの美少女。
デヴィッドの同級生、美少年のロビンは金持ちのボンボン。

ある日、デヴィッドと妹ルカ。
キキとロビンの4人は不思議なメダルを見つける。
そこには1人1人の顔と…キャッスルのパンからの招待状として、7つのレース、7つの勝利、7つの塔、そして挑戦を待つ、と刻印※されていた。
※メダルをデザインして鋳型から鋳造する苦労を知ってる人は、この時点でB級臭を感じる(笑)
もしくは金属を材料に出来る、3Dプリンターで造ったか。

4人は、いがみ合いながらもマシンを作り上げて敵のバラクーダと対峙。
メカニックの専門家キキと、キキのママの協力の元、16000回転※のエンジン開発に成功!!
チーム名はV8。
※通常のF1マシンが18000回転なので、感覚で言うと軽トラで時速300キロを出す感じ。一般車は3000回転で100キロ出ます。

果たして…
V8は、バラクーダに勝てるのか。
子供向けかな…
レース
友情
物足りなさがあります…
主人公デイビッドの明るさや臭い友情、ムードメーカーっぷりが最初はすごく見ていて気持ちが良いんだけど途中その明るさがお腹いっぱいになっちゃうのね。ただし、それは現実の世界でもいる人種だと思う。こういう子って倒れても何度も這い上がる。見た目の力強さはあまり感じられないけど心の強さはとても強靭。顔もキャラクターとあってる。

一つも目標に向かって試行錯誤し、友情が形成されて行く過程はなかなか良かったと思う。レースシーンなどはサウンドで誤魔化してる感は否めないけどそれは別にどうでも良い。

途中女装するシーンで彼が美脚だということも見て取れる。それにしてもドイツの子役は男女問わずイケメンが多い。

最近楽しいことが待っていて起きるのが待ち遠しいとか空回りしそうなくらいの行動力で生活しただろうか。本当に今自分がやりたいこと、やるべきことを彼のように行動に移したい。移したいというか自然とこれやりたい!というものに出会いたい。
フー

フーの感想・評価

2.7
肝心のカーレースシーンはとても地味でしたが、、子供たちが自分で作りあげた車でレースする感じは好きです。
レーサーに憧れていた自分が明日も会社に出社することが夢であってほしいです。