略奪者の作品情報・感想・評価

「略奪者」に投稿された感想・評価

n

nの感想・評価

4.0
耽美に破滅していく系文芸ラブロマンスかと思いきや、地に足の着いた、ささやかなようで力強い希望のある物語で、しみじみと泣けた。終わり方がとてもよい。

物憂げなソナクシ様も謎めいたランヴィールも、詩的な映像も美しく、つくづくスクリーンで観たかった作品。これもIFFJ2014である。
ひなた

ひなたの感想・評価

4.7
舞台は50年代ベンガル地方なんですが、これがすごくいい。しっとりずっしりした雰囲気がもう最高。
主演二人も良い!ソナクシもランヴィールも熱演だった。
雪に埋もれる屋敷や没落していく様なんかも本当美しい。

アイテムガール的扱いじゃないソナクシはこの映画で初めて見ました。
音楽も素晴らしい。しっとりとしてるけど、どこか明るい曲調。
もうサントラ聴くだけで内容を思い出しちゃってだめ。
観た後不思議な多幸感に包まれる作品でした。
ヨルン

ヨルンの感想・評価

4.5
The Last Leafが原作の悲しい恋の物語

地主には病の娘パキがいた
好奇心が強く、文芸に長けた美しい娘
ある日学者だという若者ヴァルンがやってきた
外の世界からやってきた若者に興味津々のパキ
ヴァルンも知的で美しいパキを次第に愛し始めていた
ヴァルンが去る日が近付き、意を決した彼は父親にパキと結婚したいと話す
結婚式の日、そこにヴァルンの姿は無く、地主が守ってきた土地の宝、彼の資産も全て……

原作は大まかなストーリー把握だけで読んだこと無いけれど、それだけでも悲しく切なく愛のある物語だと分かる
アンティークの似合うソナクシさんの芯の強い女性像と優男だけど裏のある男ランヴィールさんのコンビを珍しく思いながら見た
可愛らしい序盤から様相を変えていくラストに涙が止まらなくなった
ランヴィールさんめ……良いじゃん(涙)!
珍しく彼の筋肉自慢が無く、ハイウエストのパンツがもっさりしてる