nさんの映画レビュー・感想・評価

n

n

印度映画☀香港映画☔台湾映画☁中国映画🌟韓国映画⚡
ベストムービーは2017年上半期ベスト。

エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ(2012年製作の映画)

3.0

もうメリージャーン♪メリージャーン♪しか思い出せない。最後だけ何なんだあのテンションは。157分もあったの…!?

パンジャブ・ハイ(2016年製作の映画)

4.0

IFFJ2017公開題『フライング・パンジャーブ』。期待通りのヘビーな作品だった。
題材やストーリー展開から『プロテージ/偽りの絆』や『チェイサー』を連想したせいもあって、終始嫌な感じに心拍数が上がり
>>続きを読む

ファイナル・ラウンド(2016年製作の映画)

4.2

上映後のQ&Aにゲストとしていらっしゃったマーダヴァンさんのキラキラ笑顔の破壊力によってスコア爆上げ大加点されている感は無きにしもあらず…しかし間違いなく最高に熱い王道スポ根だった。
とにかく特訓シー
>>続きを読む

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

4.0

部屋の壁紙、鉄の扉、レンガの塀、坂道と空と海…とにかく撮影が素晴らしくて、冒頭から引き込まれる。透き通るようなピアノのスコアも美しい。

お話としては何より、マイケルのパートが好きだな…!泣

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気(2015年製作の映画)

4.7

とても良かった。二人が出会ってから関係を作り上げていくまでの描写が丁寧で、溢れるときめきと温かさにずっと感極まってたし、だからこそ中盤以降はぼろぼろ泣いた。マイケル・シャノンもやっぱり素敵だなあとしみ>>続きを読む

アキラ(2016年製作の映画)

3.6

アキラに降りかかる試練の理不尽さのみならず、ストーリーテリングの拙さにも「どないやねん…」って百回ぐらい言ったけど、ソナクシ様が五億点!!!護身術アクションの格好良さは勿論、初めてとは思えない堂に入っ>>続きを読む

スルターン(2016年製作の映画)

4.1

一度は格闘技で名を成した男が人生のどん底から再起を懸けて立ち上がる、インド版『激戦 ハート・オブ・ファイト』。真っ直ぐに熱く優しいドラマだった。
とにかくアールファーのユニフォーム姿がかっこよすぎて美
>>続きを読む

Ek Villain(原題)(2014年製作の映画)

4.9

『悪魔を見た』のインド版リメイク…だけど、ほぼ別物と言って差し支えない。重く冷たく情け容赦ない韓国バイオレンスノワールと、愛と祈りと歌に充ち満ちたインド映画的世界観を足して割らない、唯一無二のドラマだ>>続きを読む

華麗なるリベンジ(2015年製作の映画)

4.0

癒やしを求めて再鑑賞。
覚えてたより教訓的で真っ当な話だったし、悪者はわりとガチで悪だし、しっかり法廷劇なのでそこそこ難しいんだけど、ヘリウムガスより軽いカン・ドンウォンのおかげですべてはフワフワにな
>>続きを読む

タチャ イカサマ師(2006年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

出会う男女すべて狂わせるボーイ、ゴニ…。最強である。

ザ・成人映画!っていう感じで、絵もキマってて面白かったけど、マダムが大変魅力的なキャラクターだっただけに、土壇場でホモソーシャル的に締め出されて
>>続きを読む

ミッドナイト・スペシャル(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

かぐや姫護送大作戦。

アルトンを守る大人たちの、澄んだ目と穏やかな表情がとても良かった。みんな好きな顔。

西遊記2~妖怪の逆襲~(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

続編というよりは、原案:チャウ・シンチーみたいな感じ。ネタも使い回しが多いので、前作と比べるとギャグ映画としてはいまいちだけど、今回はまさかのメロドラマが良かった…!

孫悟空の緊箍児は実は妖怪ハンタ
>>続きを読む

リトル京太の冒険(2016年製作の映画)

3.5

小学生の男の子とALTの先生のお話って面白そう!ていうか先生めっちゃ可愛いな!と軽い気持ちでふらっと観に行ったら、予想もしなかった恐怖に文字通り歯の根が合わないぐらい震えながら劇場を出ることになった。>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.8

とにかく、そうか松田龍平は宇宙人だったのか…っていう納得感がすごい。そしてやっぱり絵になる人だなあ!と思った。眼福。

アウトセプションする宇宙人という設定や奇妙でキレの良いアクションは面白かったけど
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

2.0

悪い意味で無邪気な「軍人かっこいい」「戦闘機かっこいい」が前面に出すぎてて無理。民間船の徴用を肯定的に描くとか無理。このご時世にUKの愛国映画とか無理。ケネス・ブラナー無理。最初から最後まで、なんでこ>>続きを読む

ハハハ(2010年製作の映画)

3.7

なんか合わない気がする…と食わず嫌いしていたホン・サンスだけど、これはロメールみたいで普通に面白かった。統営、いいところだなー。

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.9

古典的でロマンチックで、他の女性ヒーロー映画と比べると全然古臭いんだけど、いやあ実はこういうの好きなんですよね…みたいなやつ。

問題は他の女性ヒーロー映画がまだ存在していないことなので、これからは数
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.5

ゾンビ映画はほとんど見たことがないのでゾンビについては何も言えないけど、パニックムービーとしての余裕の王道っぷりに、韓国映画の底力はやっぱりすごい…!と思った。『ポセイドン・アドベンチャー』みたい。>>続きを読む

私の少女(2014年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

さすがペ・ドゥナ…さすがキム・セロン…!とひたすらスタンディングオベーションを送りたい。

特に、ドヒのキャラクター造形とその完璧な表現には圧倒的な説得力があった。後輩刑事がドヒのことを子供らしくない
>>続きを読む

観相師 かんそうし(2013年製作の映画)

3.0

エンタメ時代劇だと思って軽い気持ちで見たら何これ…意味もなく厭すぎる…。でも史実なの!?

全然好きな映画じゃないけど、ディズニーヴィランみたいなイ・ジョンジェさんは最高でした。

わすれな草(2000年製作の映画)

3.6

甘口でセンチメンタルだけど、「心温まる」ってこういうことだよねという映画。
ごちゃごちゃと映るものすべて、がやがやと出てくる人たちみんなに等しく愛着がわくような画面の豊かさは、『つきせぬ想い』や『裏町
>>続きを読む

オオカミの誘惑(2004年製作の映画)

3.5

子犬系弟キャラから薄幸のヒロインまで完璧に全うするカン・ドンウォン、強い…。可愛い…。韓国ドラマというよりは一昔前の携帯小説みたいだなと思っていたら、実際に女子高生が書いたネット小説が原作だそう。>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY(2017年製作の映画)

3.5

みんな、髪、切ったね…!

迂闊にもTHE MOVIEしか予習していなかったので、えっ待って雨宮家長男!?えっ!?…という衝撃で始まってしまった。

新キャラではやっぱり源治が優勝なのでは。蘭丸やジェ
>>続きを読む

10人の泥棒たち(2012年製作の映画)

3.0

やっぱり人数多すぎたのでは…。まとまるものもまとまらなかった感じ。何もかも行き当たりばったりだし、個々のキャラクターも描けてるようで描けてない。

10人のうち9割を占めるキム・ユンソク、早々に鮮やか
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

楽しかったー!!

漫画チックな面白さ変テコさはもちろん、犯罪はよくない!という線引きがぶれないところにも非常に好感を持った。(最後の裁判〜服役のくだりはもはや、文科省推薦映画でも目指してるの?と思っ
>>続きを読む

隠された時間(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

突然現れた見知らぬ男は、時空を超えた少年か?あるいは児童誘拐犯か?って、これ以上に切実でスリリングな謎もそうないのでは。同じようなサスペンスで物語を引っ張っていた『コクソン』よりよほど衝撃的だったし良>>続きを読む

LUCK-KEY/ラッキー(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ユ・ヘジンは予想通り最高オブ最高で、さすが!の一言だったのだけど、全体的に彼に頼りすぎている感じで、テンポもバランスも悪くて映画としては大変いまいち…。
記憶が戻ってからのバリバリヘジンももっと観たか
>>続きを読む

もしも君に恋したら。(2013年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

これで二人がくっつかなかったら良かったのになあ!!という、個人的な好みからめちゃくちゃ惜しい映画。最後の最後にずっこけてしまった。
アダム・ドライバーとマッケンジー・デイヴィスのエキセントリックカップ
>>続きを読む

プリースト 悪魔を葬る者(2015年製作の映画)

4.9

今のところ一番好きなカン・ドンウォン!
ジャージから司祭服まで完璧なビジュアルだし、コミカルな前半とシリアスな後半のどちらも素晴らしい演技だった。優しく聞きやすい声も印象深い。

最小限の登場人物たち
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.8

さすがにMCU作品を『アイアンマン』以外見たことない状態で臨むのは無謀だったな…というのが正直な感想だけど、アジア系にヨーロッパ系にアフリカ系に、いろんなバックグラウンドを持つ子たちがごく当たり前に一>>続きを読む

言えない秘密(2007年製作の映画)

4.8

素直に面白くて、素直に感動的で最高!いつ見てもその純粋さと誠実さに胸打たれる、大好きな映画。「台湾映画ベスト10」みたいなものにこれが入っていたらそのランキングは信用できる。

暗殺(2015年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

アクションもサスペンスも大盤振る舞いてんこ盛りのド派手な一大活劇なのに、この切ない余韻は何なのだろうか。素敵。映画館で観たかったな。
ラストの、少しも変わらず若々しいようでいて、過ぎ去った歳月が確かに
>>続きを読む

ノーボーイズ,ノークライ(2009年製作の映画)

3.9

今のところ一番好きなハ・ジョンウ!もはや歩いてるだけで面白い。
\アジア!/最高でした。

道士下山(2015年製作の映画)

3.0

やっぱり張震はすごい!最後の最後に少しだけ出てきたけど圧倒的な存在感だった。彼だけなら『グランド・マスター』より好きかもしれない。

端々にトンデモ感が迸っていたけど、徐皓峰が撮っていたら普通にめちゃ
>>続きを読む

空と風と星の詩人 尹東柱(ユンドンジュ)の生涯(2015年製作の映画)

4.1

予告編に登場していた清らかな詩が、あんな場面で読まれるなんて…。言葉がない。
またしても知らないことだらけだったので、まずは原作となった評伝から読んでみようと思った。

>|