「Wet」に投稿された感想・評価

カント

カントの感想・評価

3.3
官能短編シリーズ③
げに怖ろしきは、コケティッシュな魅力を武器にする女。

閉店間際のバスタブ売り場。
そこへ押しかける黒人女ダビダ。明日バスタブを設置したいと言う。
店長は2週間も売り上げのないバスタブなので、ダビダのワガママな要望を聞いてあげる事に。

入り心地を試させて!
ダビダは服を脱ぎ捨て、黒の下着になる。バスタブに泡風呂の溶液を降り注ぎ、縁にはキャンドルの火も着けて雰囲気を出す。
7000ドルのバスタブが売れるかも!店長はダビダのセクシーな肢体に釘付け。

「一緒に入りましょ?」
とうとう下着も脱いで全裸のダビダ。暗い店内で店長を誘惑する理由は何か?

店長は理性を保ちつつも、ダビダの思惑通りに操られていく所が怖い。
寓意性に富んだ短編でした。