シュナイダーVSバックスの作品情報・感想・評価

シュナイダーVSバックス2015年製作の映画)

Schneider vs. Bax

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

家族が自分の誕生パーティの準備をしているなか、シュナイダーに仕事の電話が入る。「バックスを殺せ」。一流ヒットマンという裏の顔を持つシュナイダーは家を抜け、支度を整え、作家のバックスが住む湖畔の家を目指す。それは、夜のパーティまでに帰れる簡単な仕事のはずだったが…。

「シュナイダーVSバックス」に投稿された感想・評価

映画祭にて。
ボーグマンに続きヘンテコ映画だったが面白かったw ベースは素性を隠して生きる殺し屋に新たな殺人依頼、とシンプルなんだけど…沼地での一筋縄ではいかない対決、絡んでくるクセのある人たち、やり手かと思ったらおバカだったり…多分この監督作は次も見てしまうなw
fuji80

fuji80の感想・評価

3.7
東京国際映画祭にて鑑賞。人をくったような展開で、笑ってよいのかどうか、自分の気持ちをどこにもっていってよいのか分からず、モヤモヤした状態で最後までいってしまいました。オランダ人的な感覚なのか、シニカルな笑いがそこかしこに散りばめられていました。前作の『ボーグマン』の方が、イマジネーション溢れる訳の分からなさがあって好きでしたが、本作もヤバイです。
ブログを更新しました。 『【TIFF2015】「シュナイダーVSバックス」おバカな組織の凄腕スナイパー対決は笑えます。』
⇒ http://ameblo.jp/yukigame/entry-12087252996.html
いち麦

いち麦の感想・評価

5.0
TIFFにて鑑賞。話の大枠は冒頭で大体予想がつく。だがそれをあっさり越えていく容赦ない展開が次々と押し寄せ予測不能…この緊張感が堪らない。前作『ボーグマン』から期待通りの見事なプロット。バックスの娘=フランシスの、完全に人を食ったような大化けぶりも見応えあり。葦原広がる沼と湖畔のコテージ風景がまたイイ。大満足のサスペンス。
ざわわ

ざわわの感想・評価

3.3
んー実に後味の悪い映画。
なぜ?なぜ?って部分が多すぎて、作者の意図が全く理解できなかった。
でも果たして作者に意図なんかあったのか?って後から思い出して、、、
あーすっきりしないww
ポカーンと見るのが良いのかもしれませんね。

@TIFF
TANEHARU

TANEHARUの感想・評価

2.0
スーッと始まってそのまま終わっていった。テンションの上がり下がりもなく平坦な感じがしてしまった。不謹慎だけどクスクス笑えるところもあり...?笑わせたいのかシリアスにしたいのか謎な作品。
Ta

Taの感想・評価

2.9
なるほど意味わからん

この映画自体が独特な雰囲気を持っていて、とっつきにくい感は多少ある。今まで見たことがあまりないような、、

シナリオを考察すること自体がもはや負けなのかとすら考えるのだが、なんでやねんとツッコミたくなる点がいくつか…
そもそも何がしたいのかもわからない
なぜ彼らは平然とあの状況を受け入れている⁈
秘密結社とは⁈…いやいやそこを突っ込んだら僕の負けですねごめんなさい

劇場で観たのですが、ちょいちょい客の笑い声が聞こえてきて自分自身も笑ったりしていたのだけれど、ふと思ったのが本当に彼はここで笑わせるつもりで作ったのか⁈という疑問が…
もしかすると文化の違いにより笑っているのでは⁈
…でもこれを意図して練られた笑いなら頭いいのかも
7kuri

7kuriの感想・評価

3.5
なんなんだろねこれは。
考えるほど訳がわからない作品。
中盤までのダラダラに慣れてると終盤で一気に疲れます。

@TIFF
mmmcy

mmmcyの感想・評価

-
忘れていた過去作『ボーグマン』を思い出させるくらいの作家性はありました。
201508

201508の感想・評価

4.0
2015.10.27 tiff バルト9
>|