ボーグマンの作品情報・感想・評価・動画配信

「ボーグマン」に投稿された感想・評価

謎が多い話は好きなんだけど、これは自分には合わなかったな。毎回少しずつ見てやっと見終えた。

このレビューはネタバレを含みます

2回目。やっぱり面白かった。
なんなの、あの謎の変なお芝居。変な音楽。変な飲み物。
小学生の時に、お金持ちの同級生のお父さんが経営しているゴルフ場付きホテルに遊びに行った事を思い出す。大掛かりな機械を持ってきて土を掘り起こして木を倒してただ死体を埋めるだけの池をつくる様子は、私にとっては何も興味もなかったゴルフ場建設の光景の記憶に近いものがあった。
牧師たちに追いかけられてたのは、きっと前にもなんかやらかしたんだ。
シリーズで見たい。絶対ないだろうけど。


アレックスファンヴァーメルダム監督のオランダの作品
(正確にはベルギーとデンマークの合作)。
そして父になるや藁の盾の世代にカンヌのパルムドールを争った作品。


#マザー! や#聖なる鹿殺し のような
いわゆる家庭介入系映画ということで
個人的には大好物なジャンルと思って見始めた作品。
TSUTAYA等のレンタルにない作品なので、
アマプラ土日セールでみかけ、手を出す。

今年の頭大ヒットだった#パラサイト のような豪邸が舞台なのかー
と思って見始めたら、割と展開もパラサイトに近め。

ただ、他の家庭介入系に比べると結構残る謎が多い作品。
ジワジワと進行していき、始終ハラハラが続く感じ。



冒頭の一文から少しSFチックなトーンなのかと思いつつ、
それが言及されないまま話は進む。
あのゲータレードみたいなドリンクなのか、
ボーグマン達の特殊能力なのかわからないが、
人に取り入るのがうまく、サラーっと身内に取り組んていくのは
不思議なところ。

背中の手術?も結局明示はない。
(監督も観る人に委ねるとコメントしてるみたい。)



そう考えると不快な家庭介入系に特有な映画への没入度は
比較的少し浅めな方かな?
という感じ。

とはいえ、格差社会への言及、富裕層への投げかけ的な部分は
色々なシーンから伝わってくる作品に感じた。

上記のような家庭介入系映画をつい見てしまう方、
ジワジワとリアルに緊張感が続く映画が観たい方、
是非オススメです!
絶対に家の風呂には入れたくない汚いオッサンがだんだんキレイなオッサンになる話

このレビューはネタバレを含みます

2014年鑑賞

オランダ映画?
な、何なんだこの映画は。シュールっていうの?違うか?

神父に追われていきなり土の中から仲間が逃げ出して…
裕福な家庭に入り込むために次々と人を殺していく。

で、そんな処理の仕方すんのかい!
てかそこで泳ぐんかいっ!
笑わせてくれるのうっ!
土の中に身を隠す謎の男達。
この男達が裕福な家庭に侵入
していく。目的は一体…💭

これは好き嫌いが分かれそう🤔
(私は合わなかった派…⤵︎⤵︎)
謎で始まり謎で終わります🔚
目的も不明な為スッキリしないし
どうにもこうにも意味不明😑💭

家が乗っ取られていく様子は
ドキドキ&ゾクゾクしたものの
意味不明すぎるのは困る⚠️笑

※お母さんが急に欲求不満すぎて
 それも困る…もう謎だらけww
神父たちが血眼になりながら手には凶器を持ちながら男たちを探している。
その男たちは土の中に身を隠しながら逃げていた。
その中のひとり、汚らしく髪や髭が伸びているホームレスぽい風貌の男がリーダー格らしい。
ケータイを駆使しながら仲間と連絡を取り合い逃げていた。
その男が逃げ込もうとそこの地域にある家とゆう家を風呂だけ入らせてほしいとゆうコトで入れさせてもらえるよう廻っている。
しかし、当然のコトながら、家に入れてもらえるはずがない。
そんな彼が次に目を付けたのが大豪邸。
先ずダンナが出てきたが門前払い。
嫁が出てきて嫁とは知り合いだと言うが、そんな名前ではないと断られる。
仕舞いにはダンナを挑発しダンナがそいつをボコボコに。
そんな彼を嫁は可哀想に思い、ダンナには内緒で風呂だけとゆう約束で家に入れる。
しかし段々とそいつの態度がデカくなり、ずっと家に居座り、また、3人の子供たちとも接触する様になる。
行動が大胆になっていく彼をダンナにバレたらマズイし咎める嫁だったが、何か彼の存在を受け入れている自分がいた。
そんなある日彼はここは飽きたし違うトコへ行くと出て行こうとしていた。
嫁はまだここにいてほしいと懇願。
それならば立場を変えてと話し彼は去って行った。
そんな直後、庭師の老人が倒れた。
彼が毒付きの吹き矢で仕留めたのだ。
庭師を助ける振りをして、また新たな女性2人組の仲間の手を借りて、その庭師と庭師の嫁を抹殺した。
そして新しい庭師の振りをして、風貌も変え、仲間と共に、彼は豪邸に帰ってきた、、
て、ストーリー。

キター、不思議で意味わからん系www
パッケージ見て、だいたいそぉーゆう系だろうとふんでたが、当たりだよ✨
キライぢゃないよ、寧ろ、好みだよwwww
ラストの意味は、オレの頭が追いついていれば、わかった!
ケド、この映画の独特な雰囲気のお陰で、なんか胸糞とゆうか、そんな胸糞ではないけど違和感が残るとゆうか余韻が残るとゆうか。
んで、そぉーゆう集団なのはわかったよ、ケド、なぜ冒頭、あんなに神父に追われてた?
そもそも何故あんな場所にあいつらいた?
んで子供たちやお手伝いのカワイイ姉ちゃんに呑ませてたのは何でなんで手術みたいのしてた?
なんであんなアホな沈め方した?
その他にも色々回収されていない部分てのが多く残った作品だけど、この作品の良さか、それが逆に余韻に残る部分でもあってオレはキライぢゃない感じかなぁー(*´∀`)
前日譚ならびにこの時こおゆうコトしてたんだよ、ってゆう感じの作品で"2"出てほしい!!✨
そんな作品でした(*^^*)
たぶん、好きキライは分かれる作品と思います。
オレは、先程も言ったように、好きです(・ω<)
終始うーん?ってなります。こう、ずっと曇り空というか家の中に引きこもっているような時の感情に似ています。そしてそれがこの映画の良さだと思います。私には早すぎた映画。
青

青の感想・評価

3.0
パラサイト的な感じ?
裕福な家庭にホームレスたちが寄生するみたいな?
わくわくしながらみたけど謎が明かされずに終わってしまった、、けどすき

子供たちのこれからはどうなるんかな
🎉 2021年 325 作品目 📽

土の中で暮らしてる人々・・・❓

彼らは何者なのか❓
謎のままのストーリー展開🤔

結局、何者で
何が目的なのか不明❓

でも、不思議と
面白かった作品😅👌

で・し・た
>|

あなたにおすすめの記事