祖国 イラク零年の作品情報・感想・評価

祖国 イラク零年2015年製作の映画)

Homeland/Iraq Year Zero

製作国:

上映時間:334分

4.1

あらすじ

2003年バグダッド。大家族の生活はアメリカの侵攻で大きく変わっていく。2年間にわたる記録を通し。戦争に侵食されていく日常を鋭く描き絶賛された。

「祖国 イラク零年」に投稿された感想・評価

yuuki

yuukiの感想・評価

4.2
山形国際ドキュメンタリー映画祭2015にて鑑賞。
日常生活の延長に、戦争がある。
まさしく、その言葉の通りであると感じた。
血がないからだろうか。戦争映画なのに戦争映画でないような感覚に陥る作品。
でありながら、衝撃的なラスト。

多くの人に観てもらいたい。そして語ってもらいたい。
Osamu

Osamuの感想・評価

4.0
昨年2015年の山形国際ドキュメンタリー映画祭の優秀賞、観客賞作品。

2003年イラク侵攻が始まる前と、首都が陥落した後のイラク市民を映すドキュメンタリー。

侵攻前の第1部では、戦争への準備をする市民の姿が見られます。井戸を掘り、窓ガラスにテープを貼り、燃料・食料を備蓄する。その辺りは1991年の湾岸戦争以来慣れたもののようです。たくましいけれど悲しいですね。

首都陥落後の第2部では、米軍の誤爆で家を破壊された市民、賊に財産を略奪された市民、フセイン政権時代に身内を殺された市民などなどが声と顔で苦悩を訴えます。

国の政治情勢、街の治安状態が混乱を極めていても、その間、人生の時計が止まるわけでもなく、人は生きていかなければならない。この作品の趣旨とは違うのかもしれませんが、それをリアルに感じました。

そして、やはり戦争の理不尽さ。

この戦争にも大義が無かったことを市民の目線で証明する映画。

ドキュメンタリー・ドリーム・ショー 山形in東京2016にて。
milagros

milagrosの感想・評価

4.0
戦争が一つの国の在り方をどれほど豹変させるか。戦争前後のイラクの市民から発せられる声は、その残酷な有り様をこれでもかと提示する。
いつだって被害者は弱い側だ。分かっているとはいえ、ラストの衝撃はきつい。
フセイン政権が倒れる前後でイラク国内で暮らす人々を描くドキュメンタリー。
イラクに住んでいようとも、そこにある生活は私たちと何ら変わらない。そういう単純な事実を知れたことだけでも観れてよかった。これからイラクのニュースが流れるたびに彼らの顔を思い出すだろう。
イラクの人々が住む街は決してソドムとゴモラではない。米国侵攻のあとの無法地帯が早く収まってくれるよう願っている。