It Is Fine! Everything Is Fine.(原題)の作品情報・感想・評価

「It Is Fine! Everything Is Fine.(原題)」に投稿された感想・評価

カヨ

カヨの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

カナザワ映画祭2016にて

主演のスティーブン・C・スチュワートは脳性麻痺を患っており、身体を自由に動かすことはできず車椅子に座って移動する。
口や舌を動かすことも難しく、何を言っているかは誰も(一人を除いて)聞き取れない。(字幕は常に「xxx」で表現される。)
そのスティーブン・C・スチュワート氏が主演、脚本を務めた(監督はクリスピン・グローヴァー氏)のが、本作「It is Fine! EVERYTHING IS FINE.」だ。


(本編あらすじ)

映画は、高齢者の養護施設と思われる場所から始まる。
周りには白髪でロングヘアーの女性が全員車椅子に座っている。スチュワート演じるポールは床に寝そべって隣に車椅子が転がっている。看護師は雑に車椅子を立て直し、病室までポールを運ぶ。
病室には母の写真とポールの幼い頃の写真。ポールはその写真を眺める。

シーンは変わり舞踏会。ポールはロングヘアーの美しい女性に話しかける。
女性はポールの言葉が理解できて当たり前かのように躊躇せず返答する。
その瞬間、この映画はファンタジーだということがわかる。

話しかけた美しい女性とポールはデートを重ね距離を縮めるが、女性はポールのことを友人だという姿勢を崩さない。
女性は離婚しており、娘と息子がいる。娘はロングヘアーだ。娘に対してポールが性的なフェティシズムを向けても、女性は気付かない。

とあるデートの時、ついにポールは求婚する。
女性は彼に好意を抱いていながら、それを断る。
二人はキスをして、夢中になったポールは女性を殺してしまう。

それからのポールは、会う女性みんなを夢中にさせ、性行為に及び、女性を殺してしまう…。


(Q&A)

クリスピン・グローヴァー氏の監督作品を上映する際は、必ず本人が立会い、ビッグ・スライドショウ(写真で一言みたいなやつだった)とQ&A(観客から質問を集う)がセットになっており、映画単体の上映はしないようだ。

Q&Aと言いながら、クリスピン・グローヴァー氏は一人で三時間ほど「It is Fine! EVERYTHING IS FINE.」を制作した経緯やスティーブン氏のことを話してくれた。

元々、スティーブン氏が映画の構想を持っており、それを知ったとあるドキュメンタリー監督がグローヴァー氏に声を掛けた。脚本を読んだグローヴァー氏はこれは絶対撮らなければいけないと感じ、資金集めを始めた。チャーリズ・エンジェルの出演料のほとんどはこの映画に使われたそうだ。

撮影が終わり、編集をしていたグローヴァー氏にスティーブン氏から電話があった。
スティーブン氏は撮影中も具合が悪かったそうだが、撮影後更に具合を悪くし、生命維持装置を使わなければ生き続けるのは難しい状態だった。
スティーブン氏は生命維持装置を使うことを拒否し、「もう追加撮影はないか(生命維持装置を使わなくても問題ないか)。」と聞くために電話したとのこと。
グローヴァー氏は「もう追加撮影はないよ。問題ない。」と伝え電話を切った。その一週間後にスティーブン氏は亡くなった。

スティーブン氏は生まれてからずっと母親と暮らしていたが、二十歳の時に母が亡くなり、それから十年間、高齢者養護施設で知的障害者として介護されながら暮らしたという。
しかし、スティーブン氏は知的障害は抱えておらず、物事を年相応に判断出来ていた。
その十年間は、とても屈辱的な経験であっただろう。
その後、施設を移ることができ、文字を書くことで意思疎通を行なったそう。


(感想)

人間には役割がある。
生まれた理由はない。生きるための理由はない。でも、役割があるんだ。
役割は他人から宛行われる訳ではなく、自分で見つけ実行する。その結果が形になることがある。その形がこの映画だ。
スティーブン氏個人の役割が果たされ、存在を焼き付けたこの作品はずっとどの作品にも似ずに映画として存在し続けるだろう。
私は、映画という媒体の懐の広さに感謝した。

スティーブン氏が養護施設で過ごした十年間は想像に絶するが、彼は自分の意思を失わなかった。

私が失い続けた意思は形も作らずどこかに行ってしまった。
単純なことを思う。
私の役割とは。
梵膿

梵膿の感想・評価

4.5
めちゃめちゃディープな内容で度肝を抜かされました。
http://jzzzn.hatenablog.com/entry/2016/10/24/230356
カナザワ映画祭2016オールタイムベスト作品リバイバル上映にて。
監督のクリスピン・グローヴァー本人が朗読する「ビッグ・スライドショー」とペアでないと上映できないという、鑑賞ハードルが極めて高い作品。2008年の同映画祭での伝説的な上映の噂を聞き、なんとしても観たいと思っていた作品です。

まずは「ビッグ・スライドショー」から。自著の抜粋をそのまま朗読している模様。本のページがプロジェクターで映し出され、赤いスポットライトの下でジェスチャーを交えた語りが展開される。
内容は、...よく分からない。日常に潜むグロテスクを描いたような、リンチの世界観に近いもの。映画とは特に関係ないらしいので聞き流しておく。

そして映画本編、これがまぁ極めて特殊な内容で説明に困ってしまう。
脳性麻痺の重度障害を持つ主人公はロングヘアーフェチという性癖を持つ。どういう訳か彼に好意を示す魅惑的な長髪の女性が次々に登場し、彼のことを完全に理解し体まで許してしまう。そしてセックスを済ますと必ず絞殺する。ナニコレ?

グローヴァー氏によると、脚本を書き主演を務めるスティーブン・C・スチュアートは本物の障害者で、彼の言葉はほとんど誰にも理解できない。なので字幕もすべて「×××××」表記。なのに女性たちは何故かすべて理解できている。
そして彼は障害者施設に入れられ自由を奪われたことに強く憤慨してて、その怒りを表現したのだと。自分を理解し愛してくれる女性たちを殺してしまう程の怒りとはどれほどなのかと、人間の途方も無い深淵を覗いてしまったような気分になる。

本作を観て最初に気になったのが美術の独特さ。オールセットでの撮影らしく、その作り物感ビンビンののっぺりとした質感が実にキモ美しいんですね。現実にはありえない、別世界の出来事のような印象を与える。

これはアート映画の箱に入れるのがしっくりくる作品ですね。つまり観る人を選ぶ。そして極めてパーソナルな作品でもある。

実はこれに似た映画はすでにあって、それを観ていたせいか衝撃はさほど大きくなかったです。
それは柴田剛監督の『おそいひと』(2004年)で、同じく脳性麻痺の障害者が殺人事件をはたらく話。これも本物の障害者が演じている。
本作の題材に興味を持たれた方は、こちらも観てみると良いでしょう。

ちなみに21:30から始まったこのプログラム、自分は途中で脱落したけど、Q&Aとサイン会まで入れると4時頃までやってたそうです。マジで狂ってる!
カナザワ映画祭にて鑑賞!

脳性麻痺患者の主人公が女性に猛烈アタック!&ファック!!、からの謎のスリーパーホールド!!!
これは夢か現か幻かって話☆

なんで?なんで?の連続に戸惑うばかりのわたくし( ̄▽ ̄;)

なんでこんなに彼はモテちゃうのだろう?
なんで折角“好意”を持ってくれた女性を“行為”の直後に殺しちゃうの??

その答えは上映後の監督のトークイベントで明かされることになります。

主演であり脚本も書かれたスティーブン・スチュアートさんはガチの重度の脳性麻痺患者で、彼は療養所生活にとても不満を抱いていたらしく、その鬱憤を爆発させたのが本作だったのです!!

なるほど♪
と、すんなり受け入れるにはあまりにも未熟なわたくしですが、こんなファンタジックでエロチックでバイオレンスな映像体験を提供してくれた“クリスピン・グローヴァー監督”に敬意を込めて・・・
オススメの一本です(* ̄ー ̄)♪



ちなみに本作の上映前に“ビッグスライドショー”なる同監督のスライド芸が披露されるのですが、これもなんとも言えず難解なシロモノでした( ̄▽ ̄;)
もっとバッチリ字幕がタイミングよく流れてくれれば少しは理解できたかなと思いますが・・・やっぱそれでも分かんないや、きっと(  ̄▽ ̄)

上映後のトークイベントもたっぷり二時間くらい語られたうえに、サイン会まで開催、写真撮影もOKというサービス精神の塊のような“クリスピン・グローヴァー監督”☆
まったく素晴らしい人です♪
(おかげで帰宅したのは朝の5時過ぎてましたよ・・・)

このレビューはネタバレを含みます

ニーブラーーー!!!

麻痺の為介助無しには生活できず、意志疎通も難しい髪フェチ中年男がホスピタリティ溢れる美女たちにモテまくり、首尾よくおセックスした後不自由な腕で絞め殺すってのの繰り返し。主演は原作者本人。
おっぱいホラーの形をした女への復讐かー、私はノーセンキュー、と思ってたら、一緒に見てた人が夢オチを示唆するポイントではないかという点を教えてくれてだいぶ印象が和らいだ。全体的に色がきれいだった。(←)

これカナザワ映画祭で、クリスピングローバーさんの朗読のようなショーの後上映されたんだが、セットになってるのにはどのような意図が...?とポカンとしてたら終演後のトークショーで「朗読と本編は別に関係ない。せっかく映画見に来てくれたから色つけといた」って言ってて笑った。

(この後、期待の新人監督という枠で日本の若手(?)監督の中編を3本見たんだけど、これまた全部「俺俺俺、セックス(女)」って作品で本当に辟易した。面白い部分もあったのは認めるけど、ひどいエログロポルノシーン連発された時は胃液がこみ上げて来た。何なんだよ、なんで皆そうなっちゃうんだよ。全5本見たカナザワ映画祭で、私が素直に楽しめたのはハードコアヘンリーだけだった。この世の修行は続く。)
ロタヒ

ロタヒの感想・評価

4.5
カナザワ映画祭にて鑑賞

今回のカナザワ映画祭で一番見たかった作品、観る機会自体無いのではと思ってたが、最後のカナザワ映画祭でこの作品を上映してくれた事を心から感謝。

スライドショーから、これは一体何なのか⁉︎、何かえらいところは連れて行かれるのか⁉︎と困惑しました、少し脳がボーッとした所に映画の上映、重度の障害を持っている脚本主演のスティーブン・スチュワートが、憎しみ怒り悲しみ性欲にユーモアなどを叩きつけてる様な作品で、タブーなど簡単に超えて観ている者に、これは一体何なのか?問いかける映画でした。いやはや予想は遥かに超える怪作でほんま凄まじかったし、面白かった。

観た後は、何やら名状し難い感情が渦巻いて、心の中に存在感を示し、兎に角何かよくわからないけど凄い!なんて気持ちになりました。

Q&Aにて話が止まらないクリスピン・グローヴァーさん、想いが溢れまくり、それにより撮影後程なく亡くなられたスティーブン・スチュワートさんの事や、彼の思いやハリウッド映画への思いなど、話が止まらない止まらない、思ってみれば深夜1時半でした。

いや〜凄かったなえらいもん観たなと、外へ出て友人と話してる時の外の風の気持ち良さったらなかったですよ、どうやらそのあとのサイン会は3時超えたのかな、いやほんまクリスピン・グローヴァーがパワフル過ぎました。
カナザワ映画祭の最大の目的はこれを観るため。カナザワ映画祭観客のオールタイムベストに選ばれた作品。DVD化はされず、ある条件下でなければ観れない作品。


監督のクリスピン・グローヴァー(『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のマーティのお父さん、『チャーリーズ・エンジェル』の髪フェチ殺し屋の人)の詩の朗読とセットでないと公開しないのだ!藤岡弘、※か!



※藤岡弘、をゲストに呼ぶ時は共演者が藤岡弘、の居合を観ないと出てくれないという話(@伊集院光のラジオより)


本編公開前に30分のクリスピン・グローヴァーの奇怪な詩の朗読。スライドと共に訳詞が出るが本当に全く理解できない!脳がグラグラした所で本編の公開。


74分の本編(内容は後述)が終わった後、監督のQ&Aに。観客の質問に入る前に監督が本作の製作経緯を説明する。これが長い。全く終わる気配を見せない。監督の解説が1時間オーバー!21時半にスタートしたのに既に1時近いのだ!そこから観客の質問タイムに!


これは付き合えないと途中退席。ホテルで爆睡。Twitterでは質問タイムが30分続き、その後サイン会に。観客のコメント全部にクリスピン・グローヴァーが答えたためサイン会が終わったのは4時近くだったそうな。監督も観客も元気だな!通訳さんの顔が死にかけてたけど。



この奇怪な映画体験とセットで本作を語りたい。


何故なら、映画単独で観た場合低予算で作りの粗いアートフィルムでしかないからだ。


四肢の麻痺した障害者である主人公(スティーブン・C・スチュアート)が髪の長い女と寝て殺害を繰り返す。これだけの話をデビッド・リンチ的な悪夢の様なビジュアルで展開していく。


面白いか面白くないかで言えば面白くない。しかし、本作は実際に四肢麻痺の主人公スティーブンの持ち込み企画であり、脚本も彼自身が書いたこと、当初の内容はほとんどポルノに近かったこと、撮影終了後すぐにスティーブンが亡くなったことという話を聞くと本作の印象が変わってくる。

主人公はデートした女性に求婚する。しかし、彼女から「あなたは素敵な人だけど恋愛対象にはならないの」と断られる。主人公は彼女を殺害しレイプする。その後、何度も主人公は髪の長い美人に「あなたは素敵な人」と惚れられ、SEXして殺害を繰り返すのだが、最初の女性だけがリアルに撮られている。多分、求婚を断れたのは実話なのだろう(監督もそう感じたそうな)。その後ののSEXと殺人に全くリアリティがなく悪夢の様にみえるのも意図的だ。


本作は障害者であるスティーブンの内面世界を忠実に描写してるのだ。髪の長い美人と寝たい。それもコールガールとのSEXではなく、自分を完全に認めてくれる様な美人と。した後に「そんな都合のいいやつがいるかよ!」とばかりに殺害するスティーブン。歪んでいるが、とてつもなく正直な告白だ。


全編を通じ、主人公の言葉は翻訳されない。全て「XXXX」と表現される。女性はそれを聞いて彼の意図を完全に理解してくれるのだ。自分を理解して欲しい希望と絶望が表されている。


これは私小説ならぬ私映画に近い。注釈がないと理解できないだろう。注釈ありきで表現されるアートなんて多くあるが、そういう意味で貴重な体験をしたなと思う。しかし、作りは本当に粗いので褒められたものではない。シネフィル向け作品。
クリスピン・グローヴァーのビッグスライドショウにて
wk

wkの感想・評価

3.0
カナザワ映画祭。
映画のストーリー自体はスカジョのアンダーザスキンを思い出してなんだかつらかった。
というか、映画上映までがとにかく長い。
ゴシックなかんじとか音楽とかダラダラ感があまり好きではないためクリスピン・グローヴァーはわたしの好みではなかったのが正直な感想。
だって障害者が長い髪の女の子を殺すってだけの話だし、特に緩急もなし。
あれだけ喋れるの逆にすごい
最後までいた人お疲れ様でした

とにかく喋りたい変わってる人なんだなあとは思った。。
好きとか好きじゃなくてこの上映自体に価値を見出せるかどうかなのかもしれない。
ヒカル

ヒカルの感想・評価

5.0
@カナザワ映画祭
まさか生きている内に「ビッグ・スライドショウ」を観れる日が来ようとは!!カナザワ映画祭には感謝してもし尽くせない。

物語は、重度の脳性麻痺を患っているスティーブン・C・スチュアートが脚本と主演を務めたサスペンス。
撮影の一ヶ月後にスティーブンはこの世を去ってしまったらしいが、映画を観ると(その観るのが滅茶苦茶大変なのだが!)一人の人間が死ぬ覚悟で込めた思いや怒り、悲しみがヒシヒシと伝わってくる。

個人的な事を書くと、上映後のQ&Aでファスビンダーについての質問をする事が出来て良かった。撮影の始まった90年代にファスビンダー映画を観始めた事や、「感情的な知性と社会性を同時に画面に納める点でキューブリックよりも優れた監督かもしれない」などの話をたくさんしてくれたけど、ファスビンダー映画の常連女優で本作の重要キャラクターでもあるマルギット・カルステンセンのキャスティングの経緯が一番興味深かった。
邪推だけど、スチュアートと彼女との直接のセックスシーンが無いのは(それ以外の女優とはある)、恐らくスチュアートはタイプじゃなかったからなのかも。
>|