wigglingさんの映画レビュー・感想・評価

wiggling

wiggling

広島の横川シネマやサロンシネマ、山口のYCAMに通っています。そして全国ミニシアター巡礼の旅を実施中。レビューの名を借りた自分語りをしないよう心掛けてます。☆は付けない派なので悪しからず。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

-

TCX & Dolby Atmosシアターをチョイス。この環境を初めて体験するのにふさわしい作品かと。

前作『セッション』を素直に楽しめなかった自分には、これまた困ってしまう作品だなぁと。
や、めち
>>続きを読む

赤い鳥逃げた?(1973年製作の映画)

-

YCAMシネマの藤田敏八特集にて。アメリカン・ニューシネマの色濃い影響がうかがえる1973年の作品です。

行くあてのない三人の男女の無軌道な漂流を描いた青春映画。社会に背を向け、社会からも黙殺される
>>続きを読む

ツィゴイネルワイゼン(1980年製作の映画)

-

若い頃の自分に映画の観方を教えてくれた作品のひとつです。"Don't Think! Feel"的な。
でもいま観ると、それほど難解な内容ではないなとも。

今回はYCAMシネマの藤田敏八の特集上映で、
>>続きを読む

気狂いピエロ(1965年製作の映画)

-

寺尾次郎さんによる2016年新訳にて。これも何度観たか覚えてませんが、『勝手にしやがれ』よりは多いはず。

最初に観たのは20代だったと思いますが、その時は1ミリも分かりませんでした。ポップアート的な
>>続きを読む

勝手にしやがれ(1959年製作の映画)

-

寺尾次郎さんによる2016年新訳にて。何度目の鑑賞かはよくわかりません。

映画作りに革命を起こした作品として有名ですけど、もしリアルタイムで観てたら作り手でなくても相当な衝撃だったでしょうね。
なに
>>続きを読む

壊れた心(2014年製作の映画)

-

マニラのスラム街を舞台に、組織の女を奪って逃避行する殺し屋の物語が台詞無しで描かれる。

良くも悪くも長尺ミュージックビデオかな。
殺し屋役の浅野忠信の存在感は素晴らしいんだけど、それ以外はかなり残念
>>続きを読む

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

-

この少し前に同じデトロイトを舞台にした『ドント・ブリーズ』を観たせいで、あの荒廃感が強烈に印象に残っている状態での鑑賞。

そういえば次作『イット・フォローズ』もデトロイトだったなと思ったら、監督の出
>>続きを読む

ヴィレッジ・オン・ザ・ヴィレッジ(2015年製作の映画)

-

死者と生者が同じ世界に棲んでる映画、いまブームなんですかね。『岸辺の旅』とか『母と暮せば』とか。

本作もそんな映画なんだけど、タイトルの通り死者の世界と生者の世界が入れ子になってて、両者の境界は曖昧
>>続きを読む

ひとみちゃん(2016年製作の映画)

-

いまおかしんじ監督『あなたを待っています』と併映の短編。主演は同じく山本ロザ、監督・脚本は守屋文雄。

結婚したばかりのひとみ(山本ロザ)は、いつからか疎遠になってしまった姉の家を夫婦で突如訪ね驚かせ
>>続きを読む

あなたを待っています(2016年製作の映画)

-

いまおかしんじ監督作品を観るのは『UNDERWATER LOVE おんなの河童』以来かな。
その脚本をやってる守屋文雄が俳優で出てて、企画・原案がいましろたかし、主演が大橋裕之、プロデュースが松江哲明
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

-

マナー激悪の週末繁華街深夜のシネコン客をシンとさせちゃいましたよ。お見事という他ない。

ジジイの人物造形の勝利ですな。
こういうキャラクターって意外とキチンとした生活をしてる頭のいい人間だったりする
>>続きを読む

電気100%(2016年製作の映画)

-

MOOSIC LAB 2016『愛のマーチ』と併映。
幸洋子監督とミュージシャン食品まつりのコラボ短編作品。

二人が銭湯に浸かりながら駄話をしてる体で、映像は話の内容にあわせてCGを使ってコラージュ
>>続きを読む

愛のマーチ(2016年製作の映画)

-

何も感じ取ることができなかった...
ひたすら苦痛な60分だった...

MOOSIC LABとは相性が悪い状態がしばらく続いてて、その先入観が影響してるのかもしれないけど。

笹口騒音ハーモニカの新
>>続きを読む

ライク・サムワン・イン・ラブ(2012年製作の映画)

-

キアロスタミの遺作にしてまさかの日本映画(フランスとの合作)。
そして、自分が初めてクラウドファンディングで応援した映画作品でもあります(極少額ですが)。それが遺作になったことには感慨もひとしお。
>>続きを読む

クローズ・アップ(1990年製作の映画)

-

衝撃度の高さではキアロスタミ作品のなかでいちばんかも。型破りすぎなうえに、おそろしく奇妙な作品です。
『そして人生はつづく』の前に撮ってることから、本作を起点に虚実が交錯する彼独特の作風が始まったのだ
>>続きを読む

ホームワーク(1989年製作の映画)

-

これは初鑑賞。ずっと観たかったので本当にありがたい。

イスラム革命そして対イラク戦争後の教育制度に疑問を感じるキアロスタミ監督が、子供達に直接インタビューする模様をおさめた作品。子供たちの受け応えや
>>続きを読む

トラベラー(1974年製作の映画)

-

『クローズ・アップ』でも引用されるキアロスタミの初期中編作。
サブジアンが、自分は『トラベラー』の少年と同じなのだと、貧困故に嘘をついてしまったのだというやつ。

サッカーに夢中な10歳のハッサン少年
>>続きを読む

パンと裏通り(1970年製作の映画)

-

キアロスタミのデビュー短編作。
狭い裏路地を歩く少年が怖い犬に道を塞がれ困ってしまうという小さな物語。

不安に満ちた少年の顔を映すシーンに多くの時間が割かれてるのが大変に良いです。
例によってこれも
>>続きを読む

オリーブの林をぬけて(1994年製作の映画)

-

ジグザグ道三部作の三作目。『そして人生はつづく』の1シーン、地震の翌日に結婚式を挙げたカップルの撮影風景が舞台になっている。
『そして...』はドキュメンターを装ったフィクション映画、そのメイキングの
>>続きを読む

そして人生はつづく(1992年製作の映画)

-

ジグザグ道三部作の二作目。キアロスタミの摩訶不思議な映画作法が世界を驚かせた作品であり、道が主人公というたいへん珍しい映画です。

『友だちのうちはどこ?』のロケ地で、多くの出演者が住むイラン北部のコ
>>続きを読む

友だちのうちはどこ?(1987年製作の映画)

-

ほんとうはユーロスペースの特集上映「キアロスタミ全仕事」で全作品コンプしたかったんだけど、地方者にはそれも厳しく。ほどなくして京都みなみ会館でも追悼特集が行われることになり、念願の再鑑賞が叶いました。>>続きを読む

MERU/メルー(2014年製作の映画)

-

登山に取り憑かれた男たちが、難攻不落と言われるヒマラヤ・メルー峠のシャークスフィンに挑む姿を記録したドキュメンタリー。

シャークスフィン(サメの背びれ)とはよく言ったもので、あの形をした絶壁がオーバ
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

-

京都シネマのワーナー・ブラザース特集にて。

たいへん人気の高い作品ですが、自分はこれが初鑑賞。なるほど、こういうお話でしたか。もっとベタな感動巨編を想像してたこともあり、その端正な語り口に感心しまし
>>続きを読む

聖の青春(2016年製作の映画)

-

村山聖の出身地ということで、広島ではロングラン上映。おかげで観ることができたんだけど、ホント観逃さなくて良かった。

これ『ピンポン』の将棋版ですよね。
羽生の「深く潜りすぎて怖くなる事がある。聖君と
>>続きを読む

ジュリエッタ(2016年製作の映画)

-

『私が、生きる肌』ぶりに観るアルモドバル作品は、変態度低い方のラインでした。

ファーストショットから目の覚めるような鮮やかな赤。以前の色調というか感触とは違ってて、明らかにデジタルの映像なんですね。
>>続きを読む

秋の理由(2015年製作の映画)

-

これほど「秋」というタイトルがふさわしい映画はなかなかない。枯葉色に染まる情景と、人生の秋を迎えた者たち、そのすべてが陰鬱な冬を迎える気満々。

そんなショボくれたお話なので、大して面白いものではない
>>続きを読む

FORMA(2013年製作の映画)

-

危険な映画だ。女という生き物の恐ろしさ、わけの分からなさを描いた作品とも取れるが、もっと広い解釈もできる。それについては後述。

評判は聞いててずっと観たかったけど機会がなく、立誠シネマで毎年末上映し
>>続きを読む

PASSION(2008年製作の映画)

-

特集上映ハッピー・ハマグチ・アワーにて久々の再鑑賞。3度目かな。

最初に観たのは「濱口竜介プロスペクティヴ」(2013)で、あまりの面白さに腰を抜かしたものです。しかも東京藝術大学大学院の修了作品な
>>続きを読む

何食わぬ顔(2003年製作の映画)

-

特集上映ハッピー・ハマグチ・アワーにて久々の再鑑賞。long ver.の方。

濱口監督が映研時代に撮った8ミリ作品にしてデビュー作。なので技術的な稚拙さはあるものの、この時点で現在の濱口竜介につなが
>>続きを読む

天国はまだ遠い(2015年製作の映画)

-

特集上映ハッピー・ハマグチ・アワーにて。
『ハッピーアワー』のクラウドファンディングへの参加者特典として企画された作品。現時点での最新作ということになりますね。

これが実に不思議な作品で、観るものを
>>続きを読む

永遠に君を愛す(2009年製作の映画)

-

特集上映ハッピー・ハマグチ・アワーにて久々の再鑑賞。

今回は京都の立誠シネマで観たのですが、その日の編成は岡部尚の出演作品を集めたものだったようで、彼にはそれほど注目していなかったこともあり新鮮でし
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

-

多くの方が指摘するように『グラン・トリノ』インスパイアなプロット。それでもというか、だからというか、北欧テイストも相まって観応えのある作品でした。

高齢化が進むご時世のせいか、こういうお話に共感が集
>>続きを読む

話の話(1979年製作の映画)

-

ユーリー・ノルシュティン監督特集上映「アニメーションの神様、その美しき世界」にて。

まごうことなき彼の最高傑作。ノルシュテインの自伝的作品らしく、まるで彼の記憶から作られたイメージの塊です。

一貫
>>続きを読む

霧の中のハリネズミ/霧につつまれたハリネズミ(1975年製作の映画)

-

ユーリー・ノルシュティン監督特集上映「アニメーションの神様、その美しき世界」にて。

冒頭からキュン死してしまいそう。ハリネズミのヨージックが友達の子グマとお茶を飲みながら星を数えにいく、このシチュエ
>>続きを読む

アオサギとツル(1974年製作の映画)

-

ユーリー・ノルシュティン監督特集上映「アニメーションの神様、その美しき世界」にて。

東洋的テイストのある作画が印象的なツンデレ恋愛物語。切り絵アニメでここまでの表現ができてしまうのかと驚く。
廃墟を
>>続きを読む

キツネとウサギ(1973年製作の映画)

-

ユーリー・ノルシュティン監督特集上映「アニメーションの神様、その美しき世界」にて。

資金調達のために子供受けを意識した作品でそうで。前2作とは明らかにテイストが変わり、子供にも分かりやすくなってます
>>続きを読む

>|