オクトパスの作品情報・感想・評価

「オクトパス」に投稿された感想・評価

だーま

だーまの感想・評価

3.5

驚く程役に立たないCIA諜報部員ターナー。
どことなく、キアヌ・リーブスに似てる。

大使館を爆破しまくるふてー野郎を
追いかけるも相方を死なせ、うーんという感じ。
でも、犯人捕まえたし、ラッキー★みたいな。

爆弾魔を護送するために潜水艦に乗るターナー。
彼の役立たずっぷりはすさまじい。
犯人に簡単に騙されたり、銃は撃てないし、
もう観客のフラストレーションが高まりまくる。
お色家担当のリサが代わりに銃で闘う程だ。

一方、犯人のお仲間は彼を助けるために
色々と画策をたてている。

なんだかんだ言って、タコから逃れ、
海上に脱出した御一行。

でも、当然それで終わらず、次は
犯人の仲間が乗ってる船上で第二ラウンド。

彼の使えなさはここでも発揮される。
犯人を取り押さえようとぶん殴るも、
相手が勢い余ってリサの仲間の足を撃ち、
負傷させるという運の悪さを招くのだ。

もうターナーには是非、転職を勧めたい。

この作品、原子力がどーのこーのとか
社会派っぽい話から入り、
爆弾魔と闘うアクション&サスペンスを取り込み、
その後にやっとパニック映画になるんです。

場面や雰囲気が色々混ざって変わってます。

まぁ意外と憎めない映画だが、
もうちょっとタコに喰われる場面を
多く描いたほうが良いと思う。

多分、当時なら皆『ザ・グリード』の方を
気に入ったのではないでしょうか。
でかいタコが出てくるだけで怖くないw
CGもショボイ。
ただ、潜水艦に乗っている金髪美人の女優が気になる存在ではあった。すぐにブラジャー姿になる女性。
B級映画を観てしまった。
確か15年くらい前に地上波で、多分日曜洋画劇場だったと思うけど、それで何気無しに見た記憶があります。

正直今でもこれを越える酷い映画を見たことがありません。笑
CGが雑だったり、展開がグダグダとかは別に大きな問題じゃないんです。

問題は主人公がヘタレで全く応援する気が起きないこと。こいつのせいで何人死んだのか、思い出してる今でもイライラが蓄積するほど。笑

タコとかテロリストとかどうでもいいレベル。何かちょっとでも良い要素があれば良いんですけど、マジで何も浮かばない。笑
YOU

YOUの感想・評価

2.2
まぁこんなもんでしょ。
船長のキャラ設定がいまいちもったいない。
CIAとテロリストの対決に巨大タコが乱入。混ぜると危険な異色のモンスターパニック映画。何でも詰め込み過ぎてオチが"帰らぬ旅"になってしまった。ブルガリア・ソフィアの米国大使館爆弾テロ。魅惑のリサ博士の脱衣トランプ。魔の海域・悪魔の目(デビルズ・アイ)。原子力潜水艦ルーズベルト。カストロへの贈り物。撃てない特別諜報員。「あの怪物、悪人が分かるみたい」
前半サスペンス、後半モンスターパニック映画という前後編でジャンルが異なる作品

なかなかいい感じになれないB級映画
終盤は予算が無かったからかもしれないけれど、かなりテンポ良くなってる(笑)

タイトルにあるタコさんのCGも結構微妙な感じです。
総合的にオススメはあまり出来ません。
巨大な🐙にも簡易的だが理由があり、女優も可愛かった。
ダメなところは最後がどう考えても尺が足りなさすぎる。海の上に上がってからが駆け足すぎてあっという間だった。
🐙のCGもこじつけ感がすごく、なんだこれはという感じ。
キューバ危機から吸盤危機。

脚本1
演出1
映像1
俳優1
印象1
vivaKAORIN

vivaKAORINの感想・評価

1.0
テロリストとタコ🐙
なんと言う組み合わせなんだ(笑)
CGが全然ダメだー。
CIAエージェントのロイ(ジェイ・ハリントン)は常駐先のブルガリアで逮捕した国際テロリストのキャスパー(ラヴィル・イシアノフ)をアメリカに護送する任務に就くことになった。
移送手段は海軍の巨大潜水艦。
その護送ルートは魔の海域で、潜水艦は巨大タコに襲われてしまう・・・。

B級臭が漂う作品タイトルからして期待はしてませんでした(笑)

“巨大タコ”映画のはずなのになかなか登場しない。
テロリストを追いつめるCIAエージェントなのですが、この主役のCIAエージェントがとんでもないヘタレなんですよね〜(笑)
犯人に対して拳銃は構えても撃てない。
なんとコレが最後までこのスタンスを変えない!

中盤になってやっと巨大タコの登場ですが全貌を現すのはラストのみ。
何にしろストーリーにボリュームを持たそうとしてるのは分かるが、いさぎよく巨大タコのパニック映画にしておけば良かったような(笑)
ま、アサイラム映画よりは真面目に撮ろうという気持ちは見えましたけど。

一番驚いたのはコレが日本で劇場公開してること。
普通にお金払ってコレを見せられたらブチキレそうです(笑)
>|