ザ・グリードの作品情報・感想・評価

「ザ・グリード」に投稿された感想・評価

なお

なおの感想・評価

3.0
結構こういうの、好き。パニックモンスターもの、シンプルに楽しめる♪
ラストもあちゃー💦(だいぶ昔に鑑賞)
ポカリ

ポカリの感想・評価

3.0
主人公の「お次はなんだ?」の台詞がとにかく印象的な一作。小さいころに金ローか何かで繰り返し観た覚えがある。改めて観てみると、結構ぐちゃぐちゃどろどろした表現が多いのに、よく平気で観てたな幼い自分。
NAO141

NAO141の感想・評価

3.4
『アルマゲドン』と同じ年(1998年)に公開されたモンスターパニック映画。
キャッチコピーがもの凄く強烈で、
「『タイタニック』を上回るスペクタクル、『ダイ・ハード』を凌駕する銃撃戦、『スピード2』を超える疾走感、『エイリアン4』を凌ぐタフで美貌のヒロイン、そして『GODZILLA』を超越した恐怖のモンスター!90分で3000人、喰って喰って喰いまくれ!」という激しい内容だった笑
このキャッチコピーに騙されて??笑、当時高校生だった自分はすぐに友人と映画館へ。なかなか楽しめた記憶がある。
キャッチコピーの通りだった…とはいかないが笑、『スピード2』はまったくスピード感がない作品だったので、疾走感はこっちが勝る…かな笑
『豪華なB級映画』といった感じ。

モンスターはなかなか強烈で、気持ちが悪く、グロい。本体がラストに登場する事でモンスターそのものはタコのような生物だったと判明。ウニョウニョしながら人間を襲っていたモンスターは実はこのタコの触手の部分だったわけだ。
このモンスターの名前が『グリード』というのかどうかは不明。というのも、作中に一回も『グリード』という名前は出てこないのだ。これは配給の東宝が付けた邦題で、聖書の「七つの大罪」の一つ”強欲・貪欲”から取ったらしい。確かにこのモンスターの名前にピッタリ。
キャッチコピーや邦題で作品のイメージは変わることがある。宣伝やタイトルって大事だなぁ~と改めて感じる笑

この作品、ラストもまた印象的で、モンスターを倒し生き延びた人々はある島へ辿り着くが、島の奥から新たなモンスターが現れ(姿は見えない)…というところで終わる。
いかにも続編あり!!を思わせる終わり方だが、なんだかんだ20年近く経過し、続編の気配は……ない笑
いや、この作品は単品完結で良い!笑
モンスター作品としては面白いので、まだ観てない方はぜひ!
(ただ実はDVDは廃盤になっており、レンタルもなかなかないため、今では観たくても手に入りにくい作品となっている。なにげにレアもの笑)
※注:グロあるよ…苦笑
エル

エルの感想・評価

3.8
子供の頃に見ててオチだけ記憶にあったけどこれだったのか

モンスターパニックの名作中の名作

このレビューはネタバレを含みます

食べられっぷりが最高の映画‼︎

モンスター映画の中で一番人を食べてるんじゃないかというぐらいの食いしん坊。ある意味飯テロ

溶けている人が出てくるシーンはトラウマになった人も多いのではないか。
私は特に登場シーンが好きで今まで姿を見せなかったが出てきたときの異物感がすごかった。

続編が出て欲しい映画No. 1
tukukake

tukukakeの感想・評価

3.4
海洋ホラー。若かりしファムケ・ヤンセンとトリート・ウィリアムズのいかにも90年代ぽい作り。エイリアンとタイタニックを混ぜてB級ホラーに焼き直したモノ。

この映画を観て私のように「あれー?これ観たことある!あっでも違うぞ…」と思った方もおられるのではないでしょうか。本作と同じ年に上映され、海上の船の中謎の生命体に襲われる、しかもクリフ・カーティスが同じようなポジションで出演している映画があるのです。おまけに本作にはトリート・ウィリアムズ、もう一作ではウィリアム・ボールドウィンが出ており、この2人遠目で目隠ししてみればほぼ同一人物とも言えなくもない。そしてそのややこしい映画は「ヴァイラス」といいます。

私は以下の理由から本作の方が好きです。
①血の量で圧倒!船内まっかっか!
②クリーチャーが強い!ヴァイラスは電気消す、水に弱い等弱点多し。グリードの圧勝!
③クリーチャーが問答無用で怖い!ヴァイラスからはコミュニケーションがあり一縷の望みがなくもない。
④登場人物にクズがいる(ウェス・ステューディー演じる悪ボス。温情かけられながら撃ち殺そうとする。しかもタマ切れでした!)
⑤島上陸→助かってからのラストが秀逸🤣

グリード = 強欲?(なんでも食べちゃうぞの意か?)

注意!ボクシング映画じゃないです。にしても、この2作。なんか関連があるのではなかろうか…どちらにも出演者したクリフ・カーティス、撮りながらどんな想いだったのだろう…「ヴァイラス」も是非‼️
いーす

いーすの感想・評価

4.0
むかしテレビでやってた懐かしいモンスターパニック系。

DVDはプレミア価格なので海外版Blu-ray買って視聴しました。

内容はタイタニック×モンスターって感じです。

クリーチャーの造形すばらしい。触手の先にトゲトゲの口がついてるとかいやらしい。

ラストは王道ですが好きです。
KOKI

KOKIの感想・評価

4.5
B級モンスター映画では最高の出来です。
王道展開、何が起こるか分からない緊迫感。そしてグロ描写。

現在DVDは残念ながら廃盤で
Amazon等では高価です。
ラストのオチは結構好きです。
「お次は何だ?」
最高としかいいようのないB級モンスター映画の傑作。

なんかやって欲しいこと全詰まり。
小学生の頃DVDを借りて、それから何回か金曜ロードショーとかでも見て、結構育ちの映画の1つ。

改めて大人になってみても面白い。
今まで気にしたことなかったけど、
パントゥーチってどんな名前やねん!!

最初から終わりまで完結してる感じが最高

でも1番ビビるのはこのDVD2万5000円くらいすること
LOST

LOSTの感想・評価

3.6
密輸船の船長フィネガンは、豪華客船に乗り込もうとする武装集団を運搬するが、3000人の乗客は殆どが死亡しており、船内は血の海だった…

幼い頃にTVで観て軽いトラウマだった
その時のイメージが強くダビングしてから何年も観てなかったけど、全然平気だった😅

程よいハラハラ感でそれなりに楽しめたし、B級作品としてはかなり良作だと思う👍

登場人物はパニック映画によくいる感じのタイプが多かった笑

続きが気になる!
>|