ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”の作品情報・感想・評価

「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」に投稿された感想・評価

rusk

ruskの感想・評価

4.9
スクリーンの迫力もドルビーの音響も素晴らしかった。
何より5人の嵐は最強に最高。
生のライブでは見られない細部まで見られたのも良かった。
もふ子

もふ子の感想・評価

5.0
OPで嵐が映った瞬間に鳥肌が立ち目が潤んだ。最高に輝いていて眩しかった。個々でいるよりもやっぱり嵐でいるときの本人たちが最強なんだなぁと。5人でいる事を大切にしてきた彼らだからこそ見る度にそう思う。5人にこだわる意味。ライブフィルムを通して伝わるのではないだろうか。映画館ならではの大きなスクリーンに音響のクリアな響き、これは観て損はないはず。カメラ125台による様々なアングルからのドームの光景、彼らの表情をよりダイレクトに感じられる。(BelieveとCOOL&SOULのアングル凄い!)エンドロールで映画に携わった方々の多さにまた、嵐がどれだけ愛されていて偉大なのかを再確認させられる。
私は最近ファンになったばかりだから
もちろんコンサートへ行ったこともなければ嵐に会ったことがない。でもこの映画で嵐に会えた。確実に。
これから先も
より嵐に会いたくなった。
わたしの夢はコンサートで嵐に逢うこと。夢だけ持ったっていいでしょ?

ちょっとでも気になってる人は是非観てみてね。

P.S 果てない空のにの感動したなぁ。。
スクリーンと映画館でのあの音量は、
迫力が半端ない。
登場時のイントロが既に涙。
たくさんのカメラで、5人のアップ、
いろんな表情が観れて嬉しかった。
凛々しい表情やにこやかなかわいい笑顔。
メンバーでじゃれあってるときの
緩んだ優しい表情、笑顔。
無邪気に絡んでる、じゃれあってる姿は
可愛かった。

堤さんは、ほんとに5人の素敵ないろんな表情を
詰め込んでくれて、ファン目線の絵もたくさん
入れてくれて、まるでその場にいるような感じで、5人を見れてる気持ちになった。

観れてよかった〜!!
「君も3,300円で6人目の嵐にならないか」
「『言葉より大切なもの』は青春」
「『a Day in Our Life』は思い出」
「『きっと大丈夫』、『Crazy Moon〜キミ・ハ・ムテキ〜』が聴けるとは」
「圧倒的カメラ数、疾走するドローン」
「ライブビューイングの完成形」
「大歓声、コール・アンド・レスポンスのあった日常」
「とにかく楽曲、MCほぼ無し」
「シームレスな編集・臨場感」
「Special Thanks 生田斗真」
「エンドロールだけよ不満は」




素ん晴らしい体験。
スクリーンの大きさも重要ですが
とにかくスピーカー最優先をオススメします。
会場に立ってる感覚を味わえます。


嵐のライブ、行きたかったんですよ僕はずっと。

ヒット曲だけじゃなく
ドラマ、映画のタイアップ、CMまで
耳馴染みのイイ、神曲ばっかなんですよ。

第一、35歳以下の人間の青春に《嵐》が
介入してないことありますか??

『木更津キャッツアイ』に
『STAND UP!』どんだけ観たと思ってんですか。

イントロで記憶と感動がWなのよ。

他のセットリストも最高かよ。

だけどやはり網羅は出来ないね。時間が足りない。
まだあと3時間観たかったよ。


あとはエンドロールだけですよ。

両サイド!余白あるじゃないのぉ!
オフショットやメイキングじゃなくてもいいのよ!
ハイライトの静止画でもイイから!
最後まで余韻に浸らせて欲しかったのよぉ!!!

一番最後のモノクロは良かったけどね。
ここだけだね残念だったのは。
私と嵐との出会いよ。コレは。
ほんっまに良かった…嵐の仲の良さがヒシヒシ伝わった!!!!何回手振りそうになったか…何回歌いそうになったか…ウズウズした〜ほんでほんで、オーケストラめちゃ良かった!あの中に混じりたくなった…
観に行ってよかった🤝広告に感謝!!!広告で感動したもん…
ありがとう嵐〜!!
y

yの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

Dolbyシネマ先行上映で鑑賞〜。(11/11)
まず、迫力が本当にすごくて、画質と音も最高峰!やっぱり初っ端の感謝は泣ける...

嵐をよく知ってるカメラマンだからこそのカメラワークばかりで、アリーナ.スタンド.ドローンと いろんな目線からライブ見てる感じが新鮮で楽しかった〜!

個人的には、believeで嵐越しの客席のシーンが新鮮で好きだったなー!あと、嵐コールを、ステージからはけた嵐が聴いてるところグッときた〜

映画館に向かう途中のワクワク感、見終わった後は友達と余韻に浸って...という時間が、本当にライブ会場に行ってる感覚で幸せだったなー!

撮影とは聞いて参加してたshootingが、こんな形で映画になって、その一部になれたことに感激◎
ひより

ひよりの感想・評価

5.0
最高の体験だった。最初の登場から涙がぼとぼと落ちて、いろんな思いが溢れて止まらなかった。ドルビーの凄まじさ、音が溢れて歓声が響いて、本当にあの時間にタイムスリップしたみたいな臨場感で鳥肌モノでした。みんなすごく輝いてて、アイドルって本当にすごいなぁ、と改めて実感した。
エネルギーがすごくて圧倒されたあっという間の2時間半、ほぼほぼずっとニノを観てた。アイドルしてる二宮和也を、ひたすら目に焼き付けた。いろんな気持ちがあるけど、やっぱりステージの上のニノを信じたい。最高にカッコよかった。嵐、ありがとう。堤さん、ありがとう。
Okanori

Okanoriの感想・評価

-
まだ歓声をあげる事ができた時代………

あまりにも高倍率で、一生に一度でいいから見てみたいな…と思っていたら、もう二度と見れない(かもしれない)グループになってしまった。

そういう人にもこうした形で機会が開かれた事がまずありがたい…と思って見てみたら、とにかく大野智の歌声を生で聴いてみたくなってしまい、ミイラ取りがミイラになってしまう映像。
なおみ

なおみの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

1度目は4Kドルビーシアター。
2度目は2K上映(11/26拡大公開版)。
ドルビーシアターでの音と映像は臨場感があり、また細部まできれいに映し出してくれて、違いはとても大きい。ここまでのLIVE filmはこれから先も観ることはないかもしれない、とまで思った。
「嵐」のパフォーマンスも凄い、舞台演出も凄い、そして記録した filmの圧倒的な量にただただ感服です。
メンバーの背中越しの客席のハンドライトとエンドロール後の歓声の余韻が特に好きです。
kippy

kippyの感想・評価

-
ドキュメンタリー映画ではなくライブ映像
5人の姿、「Directed by 松本潤」、最新テクノロジー、会場の熱気と一体感…最高でしかない。心から楽しめて感動できる日本のエンタメ
ファン以外の方も夢の世界を是非観てほしい。
>|

あなたにおすすめの記事