Ginnyさんの映画レビュー・感想・評価

Ginny

Ginny

時系列関係なしの映画採点は
WATCHA の ユーザー名cateまで
(ハリポタコスプレアイコンです)

本アプリ登録時から初見の映画のみレビューは残してます。それ以前の多くのものは未レビュー未登録。何故なら初見の時の感想を大事にしているからです。

映画(187)
ドラマ(15)

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.9

12/14 応援上映📣
ペンライトを入場の時に渡されて 鑑賞中明かり邪魔じゃ…と思ったら気にならなかった!
むしろライブシーンで ペンライトやみんなの拍手があることで フレディが応えてる!という一体感
>>続きを読む

8 1/2(1963年製作の映画)

3.6

途中まで見ながらイライラしっぱなしでした。
私生活でも、他人がずっと喋りっぱなしというのがかなりストレスでイライラするので、洪水のような大人数の台詞にうんざりしてました。
それと、本当にこれを評価して
>>続きを読む

風と共に去りぬ(1939年製作の映画)

4.8

なんという映画なのか。
壮大なスケールに驚きました。
OVERTUREやINTERMISSION等、BGMの時間もあり、映画なのか劇場なのか、錯覚してしまう程、豪華絢爛でよい時間でした。
上映時間は3
>>続きを読む

用心棒(1961年製作の映画)

4.0

面白かったのだけど…、聞き取れないということが想像以上にストレスになり、前半は楽しむことができませんでした。
そのあとに見た別の洋画の字幕を見て、どれだけ安堵したことか。
海外で評価の高い黒澤映画。字
>>続きを読む

エコール(2004年製作の映画)

2.0

決定的に「何か」を明らかにしないけれど、風景の捉え方や少女たちの日常、大人の謎めいた行動で漂わせて表現しており、「何か」あるのかと目が離せなくなる。

こういった話があるのは面白いと思うし、
表現の自
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

5.0

100億満点!!!!!!!!!!!!
良すぎてエンドクレジットで泣いた。
まったく飽きなかった。集中切れなかった。
ずっと惹きつけられっぱなしだった。
ずっと面白かった。
もっと見たい。ずっと見ていた
>>続きを読む

ルルドの泉で(2009年製作の映画)

3.6

カメラワークが大変好みな映画でした。
黒澤明やウェスアンダーソンまでいかずとも、左右対称に景色を捉えたり、静かで美しいシーンが続くので眼福でした。
動きも少なく、物音も煩くなく淡々と進むさまが心地よい
>>続きを読む

ひまわり(1970年製作の映画)

4.5

死因:切ない
ってくらい。切なすぎてしぬ。
それほどまでに胸が締め付けられる。

あまりの展開に呆然とショックで見続け、映画が終わってから泣ける。
それほどまでに切ない。切なすぎる。切ない!どうしろっ
>>続きを読む

太陽がいっぱい(1960年製作の映画)

4.0

あんまり好きじゃないけど、終わり方が良かったので。

全員好きじゃない…好きな人が一人もいない。
見ていてハラハラ、そしてイライラ。
それは惹きつけられてるってことですもんね。
最後のシーンが、予想だ
>>続きを読む

蜘蛛巣城(1957年製作の映画)

3.6

テレビで海外の人が選ぶすごい日本人ランキング、みたいな番組で黒澤明の映画撮影へのこだわりとして本作の三船めがけて本物の矢を射るシーンが紹介されており、その矢の迫力と言い、三船の演技といいすさまじく、こ>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.5

絶対絶対絶対エンドクレジットの最後の最後まで見るんだぞ。
約束だぞ(涙

後半、今までのことが字幕ででくる、その事実に泣ける。
自分に置き換えたら、耐えられないことが起きてた。

この映画のもととなっ
>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

4.5

こんな良いなんて聞いてない!
そんな気持ち。
良いと聞いてはいたけど、有名な『雨に唄えば』の曲やシーンだけ。
そこだけ搔い摘んだ印象で、間違って認識して遠ざけていた。
こんなに素敵なんて。

起承転結
>>続きを読む

天国と地獄(1963年製作の映画)

4.8

めっちゃ面白かったんですけど…!

143分。有意義な143分でした。
大きく分けて前後半に内容は分けられると思うのですが、
前半の終わりには三船敏郎演じる権藤の男気に泣けましたよ。まさか。

もう一
>>続きを読む

なぜ人間は創造するのか(1968年製作の映画)

3.2

ソールバスの映画タイトル集に収録されていたので、見ました。
英語のネイティブスピーカーの人が書く英語好きだな。

感覚的なところもあり、前知識もなくぼーっと見ていたので掴み切れませんでしたがなぜか面白
>>続きを読む

ソール・バスの映画タイトル集(1977年製作の映画)

3.5

ワクワクするオープニング映像を、解説とともに振り返ることができる貴重な映像集でした。

ちょっと凝ったオープニング映像やエンドクレジットって好きなのだけど、ずっと見ていられる、飽きないものってそんなに
>>続きを読む

フィールド・オブ・ドリームス(1989年製作の映画)

2.5

良い映画だとは思うのだけど…。

ストーリーが進んでいくうちにわかっていくこと、繋がっていくことがあり最後30分くらいは驚きと感動もあったけれどそこに行くまでが長く退屈を感じることもありました。
起伏
>>続きを読む

霧の中の風景(1988年製作の映画)

4.4

終始カメラワークと画面コントラストに感動しっぱなしでした。
美しい。
それは駅に向かう姉と弟の後ろ姿の始まりからグッと惹かれた。

とてもひどいシーンもあるけれど、
構図、描き方の計算されつくした感じ
>>続きを読む

アルザック・ラプソディー(2002年製作の映画)

2.4

なるほど高評価。
学のある人間は理解できるのでしょう。

ちなみに私はメビウスに対する前知識ナシの人間です。

宮崎駿が影響されたというだけあり、まんまと思える要素あり。
他にもルパン マモーのやつの
>>続きを読む

禁じられた遊び(1952年製作の映画)

3.8

想像していた内容はもっと楽観的なものだったけれど、時代設定も知らず、実際に見始めて驚くことばかりでした。
冒頭から少女が見舞われる事態が衝撃で、「禁じられた遊び」というのも幼子ならではの悪意のない純粋
>>続きを読む

第三の男(1949年製作の映画)

3.8

今現在、面白い映画って話題になり口コミで広がるけれど、この映画が公開された当時も盛り上がったんじゃないのかな。
想像以上に面白かった。

( ゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
>>続きを読む

ホリデイ(2006年製作の映画)

3.0

見たかった映画!アマゾンプライムで。

役者陣の魅力全開の安定して見れる映画。
ジュードロウがこんなにかっこいいなんて知りませんでした。
捻りがない、深みもないなんて言ってしまえば身も蓋もないですが、
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

2.8

見たよ。
めっっっっっっっちゃプーさん可愛いの。
ユアンマクレガーはいつまで経ってもユアンマクレガー!当たり前だけど。
「revolution」「love」とか彼の発音を聞くだけでムーランルージュ!!
>>続きを読む

シティ・オブ・ゴッド(2002年製作の映画)

3.5

感想書きますよぉ

「私」の対極にあるような映画、という第一印象。
なんつーもんを貸してくれたんだ、と。
でもこんな縁でなければ見なかったと思います。

この映画の中には私の好きなディズニーがよく言う
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

2.5

元気が出る映画として有名でWOWOW加入していた時に録画してたけど中々見なくて、アマゾンプライムにそろそろ閲覧期間終了すると出てたので見た!ようやく見た!!

想像は、わちゃわちゃして爆笑連続かと思っ
>>続きを読む

ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!/ハード・デイズ・ナイト(1963年製作の映画)

4.2

世界遺産を見た。
泣いた。

4人が一緒にはしゃいでる様子を見て ビートルズは世界遺産だと思った。
笑いながら歌っているジョンはじめ、みんなの笑顔を見ていたら あまりの尊さにずぅっと閉じ込めておきたい
>>続きを読む

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years(2016年製作の映画)

5.0

すごくすごく良かったです。
こんな風に感動すると思わなかったし、ビートルズへの印象が変わりました。

生きている人間を対象物として「物」扱いしないでほしい。
生身の人間なのだから、尊重してほしい。
>>続きを読む

Dear Friends ディア フレンズ(2007年製作の映画)

2.0

これ、前売り券を買ったのに見に行かなかった映画…。でも北川景子ちゃんが好きなので、今回見てよかったかもです。

北川景子ちゃんはもう最高に外見が好みだけど演技あんまり好きじゃなかった。んですが これ、
>>続きを読む

ポール・スミス Gentleman Designer/モダン・トラッドの英国紳士 ポール・スミス(2012年製作の映画)

4.0

アマゾンプライムビデオを物色していたら出てきた作品。

ハリポタの影響でイギリスが好きで、
ヴィヴィアンとポールスミス憧れでした。片手で数えられるくらい、それもセール品でしか買えてないけど 今でも買っ
>>続きを読む

ダイアナ(2013年製作の映画)

2.3

エレベーターが閉まったところで終わってたら、もっとこの映画好きでした。

前半は世界観になれるまで結構退屈…。
長いなと感じる。
ナオミワッツは親友ニコールキッドマンに比べると…という印象でしたが映画
>>続きを読む

パレードへようこそ(2014年製作の映画)

3.2

泣いた。

心意気に、感動した。

ゲイ・レズビアンだから。
炭鉱組合だから。
そういう肩書やラベルで支え合おう、だから力になろう、じゃなくて。
人と人との縁。目の前の人を見て、その人となりを信じる。
>>続きを読む

陽炎座(1981年製作の映画)

2.0

学がなくて大変申し訳ないのですが…。
この映画を楽しみ理解し評価できる器を私は持ち合わせていないようです。

映画が始まったときは、「文学」を感じました。
泉鏡花は大学の時に授業で触れたことがあります
>>続きを読む

パリ、テキサス(1984年製作の映画)

4.2

とっても美しい映画でした。

レンタルでBlu-rayがあるならってそっちを手に取って。
ノートPCの再生ソフト今調子悪いから。
55インチのテレビで見た。

はじめから驚きました。
青々とした空と、
>>続きを読む

ベルヴィル・ランデブー(2002年製作の映画)

3.5

シュールで面白いアニメ映画。
高畑監督が ジブリライブラリーとして選んだ1作品。
デフォルメ表現が良い。
かなりとんがったデフォルメだけど おかしな中でバランスはとれていて独自の世界観を作れている。
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

4.0

イギリス大好きファミリー映画。

先週行ってきて初めて見てきたロンドンの街並みがそのまま映っていた。
こんなときめき初めて。
ロンドンの空気感をそのまま持ってきてチャーミングに ブラックになりかねない
>>続きを読む

七人の侍(1954年製作の映画)

5.0

擦り寄るとかではなく、私の映画人生において、この『七人の侍』はこの点数がふさわしい気がしている。
それは今まで見てきた映画のことも、これから先見るであろう映画のことを考えても、この映画の存在はとても大
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

とっても良い映画でした。
心が温まったし、涙を止めることができなかった。
登場人物たちのやさしさに触れて感動しました。

子役たちが本当にかわいくて愛しい。
描き方の手法が想像していなかった、登場人物
>>続きを読む

>|