ゆみゆみさんの映画レビュー・感想・評価

ゆみゆみ

ゆみゆみ

映画は家で観ることが多いです。でも最近また映画館も復活し始めました。死ぬまでに観ておきたい作品がいっぱいあるので、まだまだ死ねません!
星4.0以上は是非オススメしたい作品です。

映画(706)
ドラマ(53)

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

ラストのエリオの表情に心情を揺さぶられる思いで観終わった。

【あらすじ】
1983年、夏。イタリア北部の別荘で避暑を楽しむ17歳のエリオ(ティモシー・シャラメ)。大学教授の父の教え子が毎年一人ずつ、
>>続きを読む

フランソワの青春(1969年製作の映画)

3.6

11歳の心に傷を負った少年の切ないひと夏の恋。これだけで既に美しい。

【あらすじ】
フランスの田舎町に伯父夫婦に引き取られ暮らす11歳のフランソワ(ジャン=フランソワ・モーラン)は、学校に行かず家庭
>>続きを読む

ストーンウォール(2015年製作の映画)

3.7

性的マイノリティって言うけど、少数派だからこそ、その団結力と仲間意識は強い。

【あらすじ】
1960年代後半。ダニー・ウィンターズ(ジェレミー・アーヴァイン)はインディアナ州の田舎で育つがゲイである
>>続きを読む

グースバンプス モンスターと秘密の書(2015年製作の映画)

3.8

思ったよりだいぶ面白かった。

【あらすじ】
田舎町に引っ越してきたザック(ディラン・ミネット)は隣の家のハンナ(オデイア・ラッシュ)と親しくなるが、父親のスタイン(ジャック・ブラック)にハンナにも家
>>続きを読む

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

3.9

苦しかった…観るのが。

【あらすじ】
ペンキ屋のディーン(ライアン・ゴズリング)と看護師のシンディー(ミッシェル・ウイリアムズ)夫婦の、出会いから結婚までと5年後の結婚生活を交互に並行して観せる。
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

5.0

最高って言葉しか思い浮かばん。
(興奮してネタバレしてたらすみません)

【あらすじ】
2045年、世界は荒廃し、スラムと化す。人々はバーチャル世界「オアシス」へ逃げ込み生きていた。「オアシス」を作っ
>>続きを読む

生きる(1952年製作の映画)

4.5

次は700本目だなぁと思うとなんか、感動する作品がいいなぁと考えて、結局黒澤明になった。

【あらすじ】
市役所の市民課課長の渡邊勘治(志村喬)は体調が悪く、病院の検査を受けたところ、胃潰瘍と診断され
>>続きを読む

グリーンルーム(2015年製作の映画)

3.6

アントンの作品なので観た。

【あらすじ】
4人組パンクバンドの「エイント・ライツ」《パット(アントン・イェルチン)、サム(アリア・ショウカット)、リース(ジョー・コール)、タイガー(カラム・ターナー
>>続きを読む

恋妻家宮本(2017年製作の映画)

3.6

観たのに忘れてた…

【あらすじ】
高校教師の陽平(阿部寛)と美代子(天海祐希)夫婦には一人息子がいたが、結婚し独立してしまった。これから二人の生活は始まる時に、陽平は隠してあった美代子の記入済みの離
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.7

終始、空気が澄んでいるのに、淀んで動かないという雰囲気。閉塞感と大自然の開放感のギャップ。

【あらすじ】
利用率ナンバーワンの検索エンジンを開発した社長のネイサン(オスカー・アイザック)が社員のケイ
>>続きを読む

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

3.7

ものすごい色彩。壁も壁紙も衣装も傘も何もかもがカラフルでキラキラしてた。

【あらすじ】
17歳のジュヌビエーヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)と恋人ギイ(ニーノ・カステルヌオーヴォ)。愛し合う二人に兵役によ
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.5

ようやく感想書く…
とにかく子どものような気持ちで観た。

【あらすじ】
ミゲルは音楽が大好きにもかかわらず、高祖父(ひいひいおじいちゃん)が音楽をやりたいと妻子を置いて出て行ったことから、ミゲルの一
>>続きを読む

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

3.5

オラフが主役の物語。
長いと思って観たから大丈夫だった。

時間が合わず吹き替えで観たけど、オラフが好きで、ピエール瀧もうまいし、松たか子も神田沙也加もいいし、吹き替えで良かったかも。

ストーリーは
>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.5

感想書くの忘れてた。

程よく怖いけど、感慨とかはあんまりないかな。友達関係のあり方とか問いたいなと思うような結末だった。

わー、これ以上感想がない。
特に悪くもないので文句も出ない。

インビジブル・ゲスト 悪魔の証明(2016年製作の映画)

4.0

久しぶりに興奮気味に面白いなぁと呟いた。

【あらすじ】
ホテルの一室でローラ(バルバラ・レニエ)が殺され、傍で気を失っていた愛人のアドリアン(マリオ・カサス)は突入してきた警察によって、犯行を疑われ
>>続きを読む

ピーチガール(2017年製作の映画)

3.3

こっちは打って変わって、主役二人(山本美月と伊野尾慧)の演技がイマイチで、脇役二人(真剣佑と永野芽郁)が良かったんでアンバランスながらも、とにかく最後まで観た。
こういう設定アカンよ。
どっちも悪くな
>>続きを読む

きょうのキラ君(2017年製作の映画)

3.6

主役二人(中川大志と飯豊まりえ)と脇役二人(葉山奨之と平祐奈)の演技が良いので、難なく観られた。
ストーリーとしてはうまく行き過ぎなところはあるけど、まぁそういう作品としてありかなと思う。
主役二人が
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

3.6

娘が熱狂するほどの良さはわからんかった。キラキラ輝くばかりの青春なんて、実際はほとんどないのかも知れないなぁ。

【あらすじ】
転校して来た西宮硝子は耳が不自由だった。最初は筆談にも応じてた子ども達だ
>>続きを読む

オケ老人!(2016年製作の映画)

3.6

ぼんやり、ゆったり観るのに最適な作品。

【あらすじ】
高校教師の千鶴(杏)は着任した梅が岡でオーケストラの演奏に感動し、自分も入団する。ところが、演奏を聞いた梅が岡フィルハーモニーではなく、間違えて
>>続きを読む

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

3.7

「ちはやふる」に続いて広瀬すずと真剣佑の作品を鑑賞。
結論言えば面白かった。キャスティングも良かった。ただ…

【あらすじ】
福井県立中央高校に入学したひかり(広瀬すず)は、幼馴染でサッカー部の孝介(
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.3

このシリーズは、実写化してほんと正解のやつ。青春映画といえばという問いに一番に思い浮かぶ作品に。そして広瀬すずの当たり役。

【あらすじ】
高校3年になった千早(広瀬すず)達は、瑞沢かるた部に新入生を
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.5

なんという荒削りな脚本だろうか。ストーリーそのものより、役者陣の演技力で終始泣かされた。杉咲花の最優秀助演女優賞は納得の結果だ。

【あらすじ】
おかあちゃん(宮沢りえ)と高校生の娘安澄(杉咲花)は、
>>続きを読む

不倫の果て(2017年製作の映画)

3.2

ロシア産W不倫の話。ニーナがマジで美しい。

【あらすじ】
貧しい大学教授サシャ(アレクセイ・チャドフ)の美しい妻ニーナ(アンナ・チポフスカヤ)は、中国語を学ぶ学生でもあった。ある日、ニーナは夫が借金
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

大人のファンタジー。

【あらすじ】
1960年代。米ソの冷戦時代。アメリカの宇宙科学研究所で清掃員をしているイライザ(サリー・ホーキンス)と同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)は、研究対象の謎の
>>続きを読む

ニューヨーク、アイラブユー(2008年製作の映画)

3.5

11人の監督による12本のオムニバスが、ニューヨークを舞台に、時に交錯しながら、進んでいく。

こういうの面白いなぁ。俳優も豪華だし。岩井俊二のオーランド・ブルームが良かった。汚い格好も似合う。
そし
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.9

去年のアカデミー賞で「ラ・ラ・ランド」と作品賞の取り違い発表された作品。観終わって感じたのは、作品賞はやっぱり「ラ・ラ・ランド」だよ、という勝手な感想だった。
だけど、この作品は「ラ・ラ・ランド」のカ
>>続きを読む

聖の青春(2016年製作の映画)

3.8

松山ケンイチの演技に感服。

【あらすじ】
プロ棋士・村山聖六段(松山ケンイチ)。彼は子ども頃から「ネフローゼ」という腎臓の病気を患いながら、「名人」のタイトルを取るため単身、広島から上京する。そして
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.7

ティーンってモンスターだな。本人は本気だけど、頑固で、空回り、純粋で不確定。

【あらすじ】
17歳のネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は、家でも学校でも変わり者。優秀でイケメンの双子の兄ダリ
>>続きを読む

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

3.7

なかなかの俳優陣だけど、少し入り込めなかったなぁ。

【あらすじ】
6歳の娘を亡くしたハワード(ウィル・スミス)は仕事も手の付かず、ドミノを並べる毎日。見かねた同僚のホイット(エドワード・ノートン)、
>>続きを読む

七月と安生(2016年製作の映画)

3.9

中国の作品がこんなポップな色使いで、近代的なんてびっくり。上海や北京は完全なる大都会なんだなぁ。

【あらすじ】
幼馴染の七月(チーユエ:マー・スーチュン)と安生(アンシェイ:チョウ・ドンユイ)。自由
>>続きを読む

いきなり先生になったボクが彼女に恋をした(2016年製作の映画)

3.5

なんとなく観てしまった。
韓国ドラマのようで、日本ぽいところも。ラブストーリーだけど、胸キュンな感じは全然ないという笑。
まぁでもラブコメとしてぼんやり観るには難しくもややこしくもなくいい作品かな。
>>続きを読む

パニック・ルーム(2002年製作の映画)

3.8

filmarksの評価が低めなので、観ようと思わなかったけど、つけてたTVで始まったので観始めたら!面白いやん!これ!

【あらすじ】
離婚したメグ(ジョディ・フォスター)は娘サラ(クリステン・スチュ
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

5.0

これも思ってたのと、ちょっと方向性が違った。それが余計に面白かった!

【あらすじ】
仕立て屋の息子P.T.バーナム(ヒュー・ジャックマン)は仕事で訪れる屋敷の娘チャリティ(ミシェル・ウイリアムズ)と
>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

3.8

思ってたのと違った。そして良かった。
見せ方がうまいやつ。

【あらすじ】
別れた彼女クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)を訪ねたジョエル(ジム・キャリー)は、彼女がまるで自分を知らないように振る
>>続きを読む

シチリアの恋(2016年製作の映画)

3.6

この作品の基本の組み立てやストーリーの見せ方はかなりちゃんとしてるのに、何故かノレない不思議な映画。

【あらすじ】
上海の設計事務所で働くシャオヨウ(チョウ・ドンユイ)とジュンホ(イ・ジュンギ)。二
>>続きを読む

ウェディング・テーブル(2017年製作の映画)

3.8

こういうの好き。何にも考えずに、楽な気持ちでゆっくり観られる良作。

【あらすじ】
結婚式の新郎新婦から一番遠い(トイレに一番近い)19番テーブルに座ることになった、新婦の親友エロイーズ(アナ・ケンド
>>続きを読む

>|