シネフィルmonkさんの映画レビュー・感想・評価

シネフィルmonk

シネフィルmonk

映画(1407)
ドラマ(1)
アニメ(0)

行きずりの二人(1963年製作の映画)

4.3

『男と女』のクロード・ルルーシュ監督が26歳で手掛けた長編第2作。VHSビデオを借りて観た稀少なモノクロ作です。

連続女性殺害事件の犯人が脱走する中、見知らぬ男の車にヒッチハイクで乗り込んだ女性の運
>>続きを読む

アメリカン・フィクション(2023年製作の映画)

4.0

先日のアカデミー賞で作品賞はじめ5部門ノミネートされ、脚色賞に輝いたオスカー作品。日本では残念ながら公開はなく、制作会社のMGMがAmazonの傘下に入ったことから、Amazonプライムビデオで独占配>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

4.0

家庭崩壊寸前の様々な障害と問題を抱えた家族が娘の美少女コンテスト出場のためにポンコツなミニバスで旅するロード・ムービー。

ギアが入りにくいVWのミニバスにみんなで乗り込む姿がおかしいけど、なんだか愛
>>続きを読む

わんぱく戦争(1961年製作の映画)

3.6

フランスののどかな田舎町で繰り広げられる隣村同士の子どもたちの争い。子どもらしい下ネタで喧嘩をふっかけたり捕虜をとったり、あくまで子ども同士の戦争ごっこと思えば無邪気なものだが、これが大人の戦争だった>>続きを読む

友だちのうちはどこ?(1987年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

イラン北部の農村を舞台にジグザクの坂道を登り、遠く離れて未知の友達の家を不安げに探す主人公の少年。明日の授業が始まるまでに間違えって持ち帰ったノートを友だちに返さないと、友人が退学処分になってしまう。>>続きを読む

トリュフォーの思春期(1976年製作の映画)

4.5

冒頭、坂道を勢いよく駆け出す少年少女たち。フランソワ・トリュフォーの少年時代を連想させる問題児や友人の母に恋い焦がれる少年、アパートの中から「お腹減った〜」とアピールする娘に同居人らが食物輸送の救出作>>続きを読む

デューン 砂の惑星PART2(2024年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

前作の復習を怠ったのと、IMAX版を選ばなかったのをやや後悔しながら📮です。

砂の惑星で採取される香料スパイスを巡って惑星間の争いを描くベストセラーSF小説(原作者フランク・ハーバート)の映画化、ド
>>続きを読む

パレード(2024年製作の映画)

4.0

先月末からNetflixで配信されている話題作。この世にまだ未練を残す死者たちが会いたかった人たちを探す「パレード」に参加するストーリー。東日本大震災を背景にした設定になっており、遺された家族や仲間へ>>続きを読む

異人たちとの夏(1988年製作の映画)

3.8

劇場予告で、この春『異人たち』(2023🇬🇧🇺🇸)がリメイク版で上映されるのを知り、オリジナル版の大林宣彦監督作を鑑賞📮です。

偶然異界に迷い込み、幼い頃に死別した両親と再会するファンタジー。大林作
>>続きを読む

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

アカデミー賞発表前夜にいつもの劇場で鑑賞する。フランケンシュタインのような天才医師に蘇生されたベラの成長と冒険を性描写満載のSFタッチで描く異色作だが、私には肌が合わなかった。

エロとグロでR指定な
>>続きを読む

落下の解剖学(2023年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

カンヌ国際映画祭パルム・ドールを制したフランス映画の実力作。アカデミー賞作品賞にもノミネートされており、発表前夜になんとか間に合った。

事故か自殺か殺人かー。このキャッチフレーズに惹かれてミステリー
>>続きを読む

バービー(2023年製作の映画)

1.0

アカデミー賞ノミネート作で観たけど
レビューは省略

10ミニッツ・オールダー イデアの森(2002年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

『10ミニッツ・オールダー』で「イデアの森」と邦題のついたもう一つのDVDでは、8人の巨匠の中で時間軸の不思議な謎に誂んだのは2人。

ベルトルッチの 「水の寓話」は、インドの寓話をもとにしたショート
>>続きを読む

10ミニッツ・オールダー 人生のメビウス(2002年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ビクトル・エリセ、アキ・カウリスマキの久々の新作公開を機にDVDで鑑賞した。

上記2人に加え、ヴィム・ヴェンダース、ジム・ジャームッシュ、ベルナルド・ベルトルッチ 、イジー・メンツェル 、フォルカー
>>続きを読む

ミツバチのささやき(1973年製作の映画)

3.5

ビクトル・エリセの新作公開を機に過去作を再鑑賞してます。

スペインの内戦が終わり、村に巡回興行で来た「フランケンシュタイン」の映画に魅せられたヒロインのアナ。純真な大きな瞳から注がれる視線と風景。
>>続きを読む

カラーパープル(2023年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

オリジナルのスティーブン・スピルバーグ監督作(1985 )をもとにしたミュージカル版リメイク作。

20世紀初めのアメリカ南部テネシーが舞台。黒人社会の中でもさらに格差があり、過酷な状況に置かれたヒロ
>>続きを読む

瞳をとじて(2023年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

数日前に上京した折に渋谷の映画館で、『カラーパープル』と新作2本立てで鑑賞しました📮。

今作は寡作の巨匠ビクトル・エリセの31年ぶり長編新作。今作で本人が長い沈黙を破ったのをオーバーラップさせたかの
>>続きを読む

フラッグ・デイ 父を想う日(2021年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

実話に基づく、愛する父が実は犯罪者だったという娘の葛藤と家族の関係を描いた作品。

息を吐くように嘘を付く父親と監督をショーン・ペン。実娘のディラン・ペンが父娘共演のほか、息子役も実の息子が出ていると
>>続きを読む

MEMORY メモリー(2022年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

70才を迎えたリーアム・ニーソンがメキシコを舞台に認知障害に苦しむ殺し屋を演じるクライム・サスペンス。結構好みだった『アンノウン』と似たつくり。 

「007/カジノ・ロワイヤル」のマーティン・キャン
>>続きを読む

ナポレオン(2023年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

フランス革命の混乱をおさめ天才戦術家として皇帝まで登り詰め、欧州諸国から恐れられた英雄ナポレオン。このイメージを持っていたので、リドリー・スコット版の今作品ではかなり戸惑った。

最初の妻・ジョゼフィ
>>続きを読む

aftersun/アフターサン(2022年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

*

町山智浩氏のYouTube解説をはさんで、『aftersun/アフターサン』を2回通して観た。

主演のポール・メスカルがアカデミー賞にノミネートされたり、多くの賞を獲得してインディペンデント映
>>続きを読む

枯れ葉(2023年製作の映画)

4.5

労働者3部作『パラダイスの夕暮れ』『真夜中の虹』『マッチ工場の少女』に連なるアキ・カウリスマキ監督の6年ぶり新作。

勤めていた仕事を首になり、お互いの名前も連絡先も知らぬまま出会った不器用な中年男女
>>続きを読む

PERFECT DAYS(2023年製作の映画)

4.3

これはもうたくさん投稿されているので、鑑賞した感想のみ。スカイツリーを見下ろす東京を舞台に寡黙な公衆トイレ掃除員の規則正しい日常生活が周囲によってかき乱されていくも、心地よい清涼感として余韻の残る作品>>続きを読む

TOVE/トーベ(2020年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

岸田今日子さんの『ムーミン』をTVで見て育った世代なので、主要キャラクターが登場するメルヘンチックなストーリーかなと思ってたら、肩透かしを食らった。

なにより、トーベ・ヤンソンのことは映画を見るまで
>>続きを読む

サンシャイン・ボーイズ(1975年製作の映画)

4.0

かつての人気ボードビリアン「サンシャイン・ボーイズ」。46年間もコンビを組み、一世風靡した伝説のコンビだが、引退後は11年間も互いに口を利かないほどの仲の悪さ。しかし、その2人がTVの企画で再会するこ>>続きを読む

パラダイスの夕暮れ(1986年製作の映画)

3.8

引退したと思ったら監督業を再開してくれたアキ・カウリスマキの最新作『枯れ葉』、インスタでも投稿され始めましたね〜。関西は29日からなので、「労働者三部作」復習しながら待つことにします。

ごみ収集車の
>>続きを読む

ニール・サイモンのキャッシュマン(1983年製作の映画)

4.0

『グッバイガール』の監督ハーバート・ロス、脚本ニール・サイモンによるコメディドラマ。原題は「Max Dugan Returns」。母子家庭で慎ましく暮らしている女教師の家に突然、28年前に蒸発した実父>>続きを読む

スイート・チャリティ(1968年製作の映画)

3.8

フェデリコ・フェリーニの『カビリアの夜』(1957🇮🇹)をブロードウェイで公演し、成功をおさめた振付師ボブ・フォッシーがミュージカル映画として監督、シャーリー・マクレーンが男運のないヒロインを演じた懐>>続きを読む

おかしな夫婦(1970年製作の映画)

3.8

「甦る映画遺産」のDVD復刻版を買って鑑賞しました。

オハイオの田舎から栄転を賭けた重役面接のためNYへ出てきたサラリーマン夫婦に待ち受けるトラブルと不運の連続。マシンガントークさながらのジャック・
>>続きを読む

メグレと若い女の死(2022年製作の映画)

3.5

パリのパーティに参加しようとしたが拒まれた身元不明の若い女性が殺され、事件を追う警視メグレをジェラール・ドパルデューが演じる。

ジョルジュ・シムノンの晩年の原作を映画化、パトリス・ルコント監督作。モ
>>続きを読む

キューブリックに魅せられた男(2017年製作の映画)

3.7

四年前、キューブリック没後20周年特別企画で『キューブリックに愛された男』と同日にカップリングで上映された作品。タイトル通り、映画の細部にこだわり気難しいイメージのキューブリックを裏方として支え続けた>>続きを読む

アイ・アム・キューブリック!(2005年製作の映画)

3.5

スタンリー・キューブリックの偽物でゲイの詐欺師をジョン・マルコヴィッチが怪演している。

映画は日本で劇場未公開だったみたい。実は本人にとうてい似ていると思えないのだが、キューブリックになりすました男
>>続きを読む

バリー・リンドン(1975年製作の映画)

3.8

キューブリックらしいエキセントリックな描写は感じないが、18世紀のイギリスの農村風景や騎士団、貴族社会を色鮮やかに再現し、観ているものをその時代にタイムスリップさせてくれる作品。

農家の青年が成功の
>>続きを読む

栄光何するものぞ(1952年製作の映画)

3.5

昨日はJR大阪駅から地下鉄で一駅の中崎町にあるプラネットプラスワンでこの映画を観た。

喫茶店の二階に簡単な受付と20人の固定席、追加で10席ほどのパイプ椅子席があり、プロジェクターを投影する20畳ほ
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

全編を通してとにかく走りまくる主人公。生まれつき身体に障害を持ち、知能指数も劣っているフォレスト・ガンプが純真な心で、ベトナム戦争やケネディ大統領銃撃、中国とのピンポン外交など、アメリカの重要な政治、>>続きを読む

チャンス(1979年製作の映画)

3.7

『エンパイア・オブ・ライト』で最後、ヒロインが劇場で一人で観た作品。懐かしいので、この機に久々に鑑賞📮です。

『ピンク・パンサー』シリーズのおどけたクルーゾー警部役でおなじみのピーター・セラーズが知
>>続きを読む

>|