シネフィルmonkさんの映画レビュー・感想・評価

シネフィルmonk

シネフィルmonk

ボーン・イエスタデイ(1950年製作の映画)

3.5

田舎からワシントンに進出してきた成上りの事業家は無教養の恋人に最低限の常識と教養をつけさせようと教育係に新聞記者を雇うが…。同名の舞台劇を映画化したもので、ジョージ・キューカー監督作だけに『マイ・フェ>>続きを読む

インビジブル(2000年製作の映画)

3.1

P・ヴァーホーヴェン監督によるSFスリラーより〜。原案はH・G・ウェルズの小説『透明人間』(The Invisible Man)。国家の極秘プロジェクトのリーダーである科学者セバスチャンは動物の透明化>>続きを読む

氷の微笑(1992年製作の映画)

3.7

ベストセラーの小説家で連続猟奇殺人事件の鍵を握る妖艶な美女にシャロン・ストーン、ファム・ファタールの罠にハマっていく刑事にマイケル・ダグラス。

ヒッチコックばりのサスペンスの展開にぴったり合ったジェ
>>続きを読む

カポネ(2020年製作の映画)

2.1

このレビューはネタバレを含みます

マフィアの大ボス、アル・カポネの晩年を描いた伝記映画もの。絶大な闇の権力を握ったカポネも脱税で収監され、刑期を終えてフロリダで静かに余生を過ごすが、隠された大金の行方を探ろうとFBIの監視の目が光る。>>続きを読む

アマゾンの男(2000年製作の映画)

2.5

『リオの男』『カトマンズの男』のド・ブロカ監督とベルモンドが35年ぶりにタッグを組んだ〇〇の男シリーズ。日本未公開作、ベベル67才の出演作です。

南米のアマゾンを舞台にアマゾン川流域で新薬開発のため
>>続きを読む

白いドレスの女(1981年製作の映画)

3.7

『スター・ウォーズ』の脚本でお馴染みのローレンス・カスダンの初監督作。クレジットに名前は無いが、友人としてジョージ・ルーカスが製作に協力したそうです。

有名な『深夜の告白』のシチュエーションの異なる
>>続きを読む

47歳 人生のステータス(2017年製作の映画)

3.8

人生の負け犬根性が染み付いている中年男が息子の大学受験面接に同行して、ボストンにあるハーバード大学、自分の母校をたずねるストーリー。学生時代の友人たちは事業や本を執筆してみんな成功していて、自らを卑下>>続きを読む

田舎の日曜日(1984年製作の映画)

3.8

パリ郊外に家政婦と暮らす老画家のもとに長男家族、それに最新の車に乗って自由奔放な独身の娘がやってくる。題名の通り、田舎で久々に集う家族の休日を描いた作品。


ルノワールの絵画のような自然豊かな映像に
>>続きを読む

太陽の下の10万ドル(1964年製作の映画)

2.8

公開中の「 #ジャンポールベルモンド傑作選2 」にちなんで「 #ベルモンド傑作選番外編 」です。北アフリカの運送会社がモロッコからナイジェリアまで10万ドル分の武器を大型トラック🚚で運搬すると>>続きを読む

マーヴェリック(1994年製作の映画)

3.8

19世紀の西部劇の時代背景にアクション、コメディ要素たっぷりの #コンゲーム のお気に入り作品。ミシシッピー川を渡航する船上での賞金50万ドルをかけた一大ポーカーゲームに名うてのギャンブラー(メル・ギ>>続きを読む

テキサスの五人の仲間(1965年製作の映画)

4.0

テキサスのホテル兼酒場で年に一度、西部の金持ちが集まって開くポーカーゲームに妻、子同伴の博打好きの男が参加、実はこれがまた勝負に弱くってカモにされる始末…。『スティング』のように途中から手に汗握るハラ>>続きを読む

相続人(1973年製作の映画)

3.5

『相続人』は前の「傑作選」の『危険を買う男』のフィリップ・ラブロ監督によるスリリングなクライム・アクション。欧州有数の富豪夫妻が謎の死を遂げ、渡米していた御曹司が帰国し鉄鋼会社、新聞社ら巨大グループの>>続きを読む

汚れなき抱擁(1960年製作の映画)

3.6

女性ならみんな振り向くほどの睫毛の長い美男子、プレイボーイのマストロヤンニが放蕩三昧のローマから故郷のシチリアに戻り、写真で一目惚れしたカルディナーレと結婚、幸せな生活が続くように見えたのだが…。>>続きを読む

アルフレード アルフレード(1972年製作の映画)

3.6

『イタリア式離婚狂想曲』(1961)、『誘惑されて棄てられて』(1963)につづく監督ジェルミ、主演サンドレッリ、音楽ルスティケッリのトリオによる「 イタリア式コメディ 」。

そこに『卒業』等
>>続きを読む

80日間世界一周(1956年製作の映画)

4.0

まだ飛行機も出来ていない1872年。英国ロンドンの社交クラブで「80日間で世界一周できる」と賭けをし、急遽雇った助手とともに気球や船、汽車、象などに乗って世界各地をかけめぐる楽しい冒険娯楽作。主演の紳>>続きを読む

奇人たちの晩餐会(1998年製作の映画)

3.6

出版業を営むブロシャンの楽しみは週イチで「バカ」な人間を招いて、友人同士で笑いものにするという悪趣味の催し。今宵招かれたのは、マッチ棒の工作が趣味という税務局勤めのピニョンという小男。この男が全てにお>>続きを読む

ドレッサー(2015年製作の映画)

4.0

舞台劇を映画化した同じ『ドレッサー』でも、こちらは英国BBCで製作放送されたTV映画版(ドラマ)のほうです。内容はリメイクというより、時代設定、登場人物もまったく同じ。『ファーザー』でアカデミー賞主演>>続きを読む

ドレッサー(1983年製作の映画)

4.1

ロナルド・ハーウッド原作の舞台劇をピーター・イエーツが映画化、その後英国BBCで製作放送されたTV映画版の2つを続いて鑑賞しました。

ともに時代設定は1942年。第二次大戦でドイツ空軍のロンドン空爆
>>続きを読む

素晴らしき戦争(1969年製作の映画)

3.6

セルビアによるオーストリア皇太子暗殺事件を契機として幕を開けた第一次世界大戦を替え歌、ミュージカル風に皮肉を込めて描いた反戦映画。渋い俳優だったリチャード・アッテンボローの監督第1作。

歌あり、ダン
>>続きを読む

狂熱(1921年製作の映画)

3.4

ちょうど百年前、フランスで製作されたサイレント映画。ジャン・ヴィゴと同じく短命で世を去り、現在も“ルイ・デリュック賞”として名を残す前衛的な映像作家デリュックの代表作。マルセイユの港町の酒場に集まる男>>続きを読む

ジョージー・ガール(1966年製作の映画)

3.3

大柄で器量は良くないが、ハートはとても温かいヒロインのジョージーがルームシェアする女ともだちの産んだ子供を育て、不遇な中に幸福を見出していくストーリー。

ヒロインにヴァネッサ・レッドグレイヴの妹のリ
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

3.8

鬼才キューブリックの天才と変態ぶりを縦横無尽に発揮した本作。製作した英国では長く上映禁止だったとか🤔。性描写を強くイメージしたヘンテコな衣装、オブジェやあまりの暴力に富んだセンセーショナルな映像は目を>>続きを読む

誰が私を殺したか?(1964年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

録りだめしておいたスカパー!のザ・シネマ「VIDEO SHOP UFO」より不定期に📮します。今作はハリウッドきっての演技派女優ベティ・デイヴィスが一人二役で双子姉妹の愛憎劇を演じるサスペンス。一人は>>続きを読む

if もしも・・・(1968年製作の映画)

3.7

フランスのヌーヴェル・ヴァーグと連動、もしくは先んじる形で'50'60年代に英国で巻き起こった怒れる若者たちらを描いたブリティッシュ・ニュー・ウェイヴ、あるいはフリー・シネマの代表作。

『ハリー・ポ
>>続きを読む

Let's Rob the Bank(英題)(1964年製作の映画)

3.6

邦題『銀行を爆破せよ!』のタイトル、しかもカラー版でアマゾンプライムビデオで視聴です。

怪盗『ファントマ』シリーズ等でフランスでは人気随一だったルイ・ド・フュネス主演のコメディ。銀行員に株で騙されて
>>続きを読む

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(2008年製作の映画)

3.8

端午の節句🎏なので、童心に帰れる冒険ファンタジーを再鑑賞📮します。監督スピルバーグ、製作総指揮にジョージ・ルーカス、ハリソン・フォード主演のシリーズ4作目。今回は米ソ冷戦下の1950年代を舞台に、イン>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年製作の映画)

3.7

5月4日はSWに登場する名台詞“May the force be with you”( #フォースと共にあらんことを )にちなむ「スター・ウォーズの日」。今年はシリーズ全9作のうち、新三部作のエピソ>>続きを読む

ナック(1965年製作の映画)

3.7

サブタイトルに “いかにしてそれを会得するか”とあるように、「The Knack」 =(女をモノにする)コツを学ぼうと、モテモテ男の友人にくっついてまわる冴えない小学校教師と風変わりな芸術家気取りの若>>続きを読む

アントニアの食卓/アントニア(1995年製作の映画)

3.7

戦後間もないオランダのとある村に娘を連れたアントニアが故郷の家に戻り、太陽のような明るさと大地のような包容力で古い道徳観に凝り固まった村民と交流していくストーリー。ほぼのどかな農村風景。死期間近のアン>>続きを読む

料理長(シェフ)殿、ご用心(1978年製作の映画)

3.5

ロンドン、ヴェネツィア、パリで世界的に有名なシェフが次々と得意料理の調理法を使って殺害されてゆく。果たして犯人は?、というストーリー。双葉十三郎氏の #外国映画ハラハラドキドキぼくの500本 紹介作。>>続きを読む

華やかな魔女たち(1967年製作の映画)

3.6

イタリア映画界を代表する5人の監督が"魔性の女をテーマに競作した全5編のオムニバス。カルロ・ポンティと並んでイタリア映画界の大物プロデューサーのディノ・デ・ラウレンティス製作、妻でもあるシルヴァーナ・>>続きを読む

マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!(2017年製作の映画)

3.8

"60年代、イギリスから世界に向けて発信された音楽、モッズファッションなど活気に溢れた「スウィンギング・ロンドン」をインタビューやアーカイブ映像で振り返るドキュメンタリー。

ザ・ビートルズ、ザ・ロー
>>続きを読む

フレンチ・コネクション(1971年製作の映画)

3.7

W・フリードキン監督、主演の熱血漢"ポパイ"ことドイル刑事を演じたG・ハックマンのともに出世作。アカデミー賞の作品賞、 監督賞、 主演男優賞など主要5部門のオスカー獲得。

フランス・マルセイユの港か
>>続きを読む

欲望(1966年製作の映画)

3.5

イタリア映画界の大物プロデューサーのカルロ・ポンティ製作、「愛の不毛シリーズ」のM・アントニオーニがメガホンをとり、カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作。英国・ロンドン市内にスタジオを持つ若いプロ写真>>続きを読む

厳重に監視された列車(1966年製作の映画)

3.8

チェコ・ヌーヴェルヴァーグの旗手イジー・メンツェルの長編デビュー作でアカデミー賞外国語映画賞受賞作。第二次大戦下、ナチス・ドイツに占領されたチェコスロバキアで父親の跡をついで鉄道駅員となったか細い青年>>続きを読む

地獄に堕ちた勇者ども(1969年製作の映画)

4.0

第二次世界大戦前のドイツを舞台にナチス勢力の台頭と退廃、国内で絶大な勢力を誇る製鉄王一族の骨肉の争いを貴族出身のヴィスコンティならではの壮大なスケール、歌劇風に描いた「ドイツ三部作」の第一弾。

最初
>>続きを読む

>|