miumiuさんの映画レビュー・感想・評価

miumiu

miumiu

映画館で観るのが好き。イチオシはCoin Firth、Mark Strong! 出演作は一通り鑑賞。(日本未公開作はこれから追う。)スパイ映画祭りをしたい、007やSFも好き。MCUも好き。今はトム・ハーディとポール・ベタニー出演作を追ってます。
基本的に好きな映画を記録するから評価は甘め。
レビュー・感想はちょくちょく再編集します。

映画(477)
ドラマ(0)

グッバイ・クリストファー・ロビン(2017年製作の映画)

3.8

ドーナル・グリーソン君主演だし観たい! と思っていた作品。
ディズニーの実写版プーさんのおかげか、日本盤リリースされてやっと観ることができました。

『くまのプーさん』原作者のA.A.ミルンと、絵本の
>>続きを読む

Love,サイモン 17歳の告白(2018年製作の映画)

4.8

ゲイであることを隠しつつ、表向きは充実した楽しい高校生活を送るサイモン。同じ高校に通う、同じくゲイ男性の「ブルー(仮名、HN)」とメール交換し始めたことで世界が変わってゆく物語。

これはもう! めち
>>続きを読む

スノーマン 雪闇の殺人鬼(2017年製作の映画)

3.6

大大大好きな『裏切りのサーカス』『ぼくのエリ』のトマス・アルフレッドソン監督作。
連続女性失踪次元、猟奇殺人事件の捜査をめぐるサイコスリラーミステリ。

スケジュール調整が上手くいかず脚本の8〜9割し
>>続きを読む

我が家のおバカで愛しいアニキ(2011年製作の映画)

3.5

ポール・ラッド出演作ということで鑑賞。
超お人好しで正直者のおバカなアニキと、個性的な妹たちの物語。
正直すぎて最悪なタイミングで言っちゃいけないことを明かしてトラブルを巻き起こすアニキ、迷惑だけどカ
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.8

モーガン・フリーマン、マイケル・ケイン、アラン・アーキンのご老人3人組が、銀行強盗を仕掛けようと企て実行に乗り出すクライムコメディ。
家を差し押さえられ、年金は止められ、「年金ぶんのお金をいただいて平
>>続きを読む

サイド・エフェクト(2013年製作の映画)

3.5

スティーヴン・ソダーバーグ監督作。鬱の患者と新薬の服用、その副作用による? 犯罪を巡るミステリ。
新薬の副作用からか、夢遊病状態で殺人を犯した患者と、薬を処方した医師。
責任を問われた医師が真相を追求
>>続きを読む

スルース(2007年製作の映画)

4.4

ジュード・ロウとマイケル・ケインのほぼ2人芝居。
犯罪小説家とその妻の愛人が、小説家の豪邸を舞台に対決する心理サスペンス。


新旧『アルフィー』対決じゃないか! と思ったら、この作品もリメイク物だっ
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.7

『インターステラー』の娘役マッケンジー・フォイちゃんのプリンセス姿が観たくて鑑賞。期待通りの美しさと期待以上の透明感にうっとり。

バレエはまったく詳しくない。バレエのストーリー通りではないのかな?
>>続きを読む

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2(2011年製作の映画)

4.6

ファンタビ2作目に合わせてハリポタイッキ見。公開時に映画館でも鑑賞。当時はヴォルデモート役のレイフ・ファインズ目当てで間を数作飛ばして映画館に行った。全作観たうえで最終章観たのは今回が初めて。

>>続きを読む

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(2010年製作の映画)

4.1

ファンタビ2作目に合わせてハリポタ追っかけ。こちらは公開時に映画館で鑑賞。ヴォルデモート役がレイフ・ファインズだと知って、3作目以降すっ飛ばして『死の秘宝』を先に観た。
ヴォルデモートとその配下との戦
>>続きを読む

ハリー・ポッターと謎のプリンス(2008年製作の映画)

4.0

ファンタビ2作目に合わせてハリポタイッキ見。第6作はたぶん初の鑑賞。原作は未読。
前作のラストを受けて闇の魔法使いとの全面戦争かと思いきや、すっかり上級生になったハリーたちの学校生活も変わらず描く。恋
>>続きを読む

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年製作の映画)

3.8

ファンタビ2に合わせてハリポタシリーズ鑑賞。こちらはちゃんと観たの初かも。
ここからはファンタビシリーズと同じ監督。魔法描写の迫力が冴え渡る!

魔法省が前面に出てくる第5弾。
魔法省から乗り込んでき
>>続きを読む

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年製作の映画)

3.8

ファンタビ2作目に合わせてハリポタ追っかけ。こちらは原作未読、映画もたぶんほぼ初鑑賞の4作目。

ハリーも仲間も成長し、「ザ・青春映画」な4作目。それまで仲良く協力してきたハリーとロンの喧嘩、賢く勇敢
>>続きを読む

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

4.3

ファンタビ2に合わせてハリー・ポッター復習中。ハリーたちがちょっと大人っぽくなる第3弾。
原作発表当時、めちゃめちゃ忙しくて読書どころでなく、ここからは原作未読。
今作は地上波吹替は観ていたけれど、字
>>続きを読む

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

3.8

ファンタビ2作目に合わせて再鑑賞。
原作小説はリアルタイムで読んだはず、ロンの妹、ジニーが好きだったなあ。

1作目同様、ハリーを筆頭に子どもたち中心に、ホグワーツ校にまつわる謎を解くファンタジーミス
>>続きを読む

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

3.8

ファンタビ2作目公開に合わせて再鑑賞。
この作品は原作小説もリアルタイムで読んでいた、1作目はさすがに「原作ファンの鑑賞眼と期待に応える忠実な実写化めざします」感が強い。

このシリーズ、たくさん洋画
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.2

先日1作目を観て、映画館で観なかったことを後悔。
今作は初日に字幕で鑑賞、翌日3D吹替も鑑賞。満足!
圧倒的な映像美、衣装や美術がツボすぎてうっとり。
1作目のメインキャラ4名のキャラクターと恋模様が
>>続きを読む

奇人たちの晩餐会 USA(2010年製作の映画)

3.7

昇進を目指し恋人と結婚することを夢見る主人公のティム、上司が開催する奇人を笑い者にする晩餐会(ここで認められることが昇進への道)に、偶然出会ったネズミの剥製を作るバリーとともに参加することに。

ステ
>>続きを読む

泥棒貴族(1966年製作の映画)

4.3

コリン・ファース、キャメロン・ディアス、アラン・リックマン出演の『モネ・ゲーム』の元ネタがコチラ。(『モネ・ゲーム』はリメイク作品。)
観たい観たいと思っていたら、近くのTSUTAYAの「発掘良品」コ
>>続きを読む

パーマーの危機脱出(1966年製作の映画)

4.1

マイケル・ケイン演じるハリー・パーマーシリーズ第2作。軍から引き抜かれ、上司に弱みを握られ、渋々サラリーマン・スパイに甘んじるリアルスパイ。今作はベルリンが舞台、一筋縄ではいかないミッション、スパイ同>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

映画館でQueenを聴けるなんて! と楽しみにしていました。リアルタイムで聴いた世代じゃないけれど大好き。

フレディ・マーキュリーの伝記映画にして、友情と絆と家族の物語。泣いたー、めちゃめちゃ泣きま
>>続きを読む

バッド・ティーチャー(2011年製作の映画)

3.4

観るの2度目。
教師としてというより、人としてダメすぎるだろ! な主人公。キャメロン・ディアスが演じると何だか可愛く見えてしまう笑
玉の輿に乗ることと、そのための豊胸手術のことしか頭になく、あの手この
>>続きを読む

暗殺の森(1970年製作の映画)

4.1

子どもの頃のトラウマを乗り越えるために「普通でありたい」と願い、情勢に合わせてファシストに入党、秘密警察として反ファシストの大学教授の調査、暗殺を命じられた主人公。
普通であるために結婚した若い妻との
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

4.3

実話ベース。女子テニス世界チャンピオンのビリー・ジーン・キングと、元男子チャンピオン、今はシニアでプレーするギャンブル好きなボビー・リッグス。
男女の賞金の格差是正を求めて女子テニス協会を立ち上げた「
>>続きを読む

僕が星になるまえに(2010年製作の映画)

3.3

ベネディクト・カンバーバッチ映画初主演作。
29歳にして末期ガンの主人公が、友人達と旅するロードムービー的ストーリー。

とりあえず、ベネディクト・カンバーバッチが若い!
ダウントンアビーの伯爵、パ
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.0

マイク・ミルズ監督自身の母をモデルにした作品。
アネット・ベニング演じる、高齢出産で子どもを産んだシングルマザーのドロシアと息子のジェイミーを軸にしながら、下宿に住む写真家アビー、ジェイミーの女友達ジ
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.3

トム・ハーディがマーベルものに参戦ということで楽しみにしていた本作! 初日に鑑賞。

地球外生命体シンビオートに寄生された主人公エディと、寄生したヴェノムのバディムービー。
とにかくトムハの演技力がこ
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.5

映画館で観て以来、ひさしぶりの鑑賞。
劇場公開時はアン・ハサウェイとメリル・ストリープばっかり見入ってた。
が、同僚のエミリー・ブラントとスタンリー・トゥッチもすごくイイ! 『メンタリスト』のサイモン
>>続きを読む

ハットンガーデン・ジョブ(2017年製作の映画)

3.3

英国ハットンガーデンにある貸金庫で実際に起きた強盗事件をもとにしているとか?
マフィアの依頼を受けた刑務所出たての主人公が、前科持ちの老人達を仲間にして金庫破りを試みる犯罪ストーリー。

ザ・英国映画
>>続きを読む

砂漠でサーモン・フィッシング(2011年製作の映画)

3.7

変な邦題…と思ったら原題も内容もそのまんまだった。イエメンで鮭釣りを実現させようと奮闘するストーリー。原作小説あり。
コンサルタントのハリエットに相談を持ちかけられ「中東でそんなことできるわけない!」
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.5

アメリカ先住民が追いやられた土地「ウインド・リバー」で見つかった少女の遺体から端を発する事件捜査の物語。

評判の高さから楽しみにしていた作品。
元妻と家族がネイティブアメリカンで、ハンターを生業とす
>>続きを読む

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

3.9

日本のライトノベルが原作のSF映画。
タイムリープ能力を身につけてしまった主人公ケイジが、宇宙からやって来た生命体「ギタイ」殲滅のために死闘を繰り広げる物語。
これは思った以上に見応えありました。満足
>>続きを読む

トランセンデンス(2014年製作の映画)

3.4

ポール・ベタニー出演作を追いかけて鑑賞。ジョニー・デップとの共演作3作あるうちの1つ。

天才科学者の意識をインストールしたスーパーコンピュータ。
設定からしてSFエンタメなのかと思いきや、ドキュメン
>>続きを読む

つぐない(2007年製作の映画)

4.2

幼い少女の恋心と嫉妬と、嘘に端を発して離ればなれになった男女の、切ない恋の行方。第二次大戦の頃の英国が舞台。

最近観た『追想』と同じイアン・マキューアン原作。監督・スタッフインタビューによると、原作
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

4.0

ノーマークだったこの作品、評判の良さから映画館で観ることに。合わせて前作もチェック。

1作目が弱者を守る! 悪者と戦う! 殺す! とシンプルだったのに対し、2作目は複数の殺人事件がからむミステリース
>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

3.8

シリアスでハードボイルドな懲悪アクション。
続編作られていなければ自分ではなかなか観ないジャンル、新鮮でした。

ホームセンターで働くマッコール(デンゼル・ワシントン)、実は元CIAでかなりの凄腕。
>>続きを読む

>|