タケオさんの映画レビュー・感想・評価

タケオ

タケオ

「映画とは人生の教科書である」

映画(423)
ドラマ(20)

ジョニーは戦場へ行った(1971年製作の映画)

4.1

戦場での砲撃により目、鼻、耳、口、手、足を失い"生ける肉塊"となってしまった男の物語。

まず、第一次世界大戦時の志願兵応募の宣伝文句「ジョニーよ、銃を持て」を痛烈に皮肉った題名が強烈だ。

赤狩りに
>>続きを読む

グロリア(1980年製作の映画)

3.7

最高の女ってのはさ〜、若いとか可愛いとかそんな薄っぺらいもんじゃない訳よ!

圧倒的な貫禄と存在感、ギャング相手に啖呵をきり容赦なくS&Wをぶっ放す度胸、垣間見える柔らかな母性‼︎

強さと美しさは比
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

4.2

一種の哲学にまで達した衝撃のサイコ•サスペンス‼︎

"銀残し"という技法で生み出された暗く乾いた映像やノイズを効かせた不気味な音響による唯一無二の世界観はもちろんのことだか、"7つの大罪"をモチーフ
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.8

いや〜、心地よい映画だな〜。

殺人事件が起こるわけでもないし、宇宙人が地球に襲来するわけでもない。

バスの運転手パターソンの何気ない1週間を淡々と映し出して行く作品ですが、一つ一つのシーンが詩的で
>>続きを読む

氷の微笑(1992年製作の映画)

3.5

真犯人とかどうでもいい!
事件の真相とかどうでもいい!
ダグラスとかどうでもいい!

シャロン•ストーンを視姦するための作品であり、それ以上でも以下でもない‼︎‼︎

けど、個人的にはシャロン•ストー
>>続きを読む

グッドフェローズ(1990年製作の映画)

4.2

仁義も美学もクソもねぇ‼︎‼︎

正に「ゴッドファーザー」の対局に位置するギャング映画、それが「グッドフェローズ」なのだ‼︎

ギャングやマフィアは映画などでは"漢のロマン"として美化されやすい存在
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.3

「う〜ん、いい映画だなぁ〜」
ぐらいの感想しか出てこない
.°(ಗдಗ。)°.

煌びやかな世界観や印象に残る音楽、生き生きとした魅力的なキャラクターなど褒めるべき点は沢山あるけれど、肝心の物語が個
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

3.8

狂言誘拐を企てたのは"天才犯罪者"ではなく借金まみれのうだつの上がらない"営業マン"、協力するのは"プロの殺し屋"ではなく"ポンコツコンビ"、事件を追うのは"孤高の一匹狼"ではなく"妊娠中の女署長"‼>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

3.9

人情派探偵と最強助手が事件に挑む人気シリーズの第3弾‼︎

前田敦子はあれだけど•••ご存知 大泉洋や松田龍平などの主要キャストだけではなく、北川景子やリリーフランキーなどの新キャストの演技も実に魅力
>>続きを読む

ゾンビーバー(2014年製作の映画)

3.1

アソコと死亡フラグをビンビンにおっ立てたクソリア充どもを"ゾンビーバー"が血祭りにあげる‼︎‼︎

私のような非リア充にはあまりにも愉快で楽しすぎる作品だ‼︎‼︎

安易なCGに頼らないパペット感満載
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

4.2

おぉ〜‼︎
こりゃ面白い‼

ウサギの新人警官ジュディとキツネの詐欺師ニックが肉食獣が急に凶暴化する怪事件を追うという王道バディ•ムービーを展開しながらも、社会風刺を含んだ捻りの効いた脚本や圧倒的なア
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

3.9

ヒーロー活動による市民の被害、形の異なるそれぞれの信念のぶつかり合いなどを通して"真の正義とは何か"を問うMCU屈指の異色作。

同じテーマを扱ったクリストファー•ノーラン監督の"ダークナイト"とはま
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.1

銃規制法案を巡るロビイストたちの壮絶な攻防戦を描く社会派スリラー!

まずはじめに、主人公エリザベス•スローンというキャラクターが強烈です‼︎

プライベートなど0に等しく、睡眠もとらず徹底した戦略を
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

祭りじゃ 祭りじゃ〜‼︎‼︎‼︎

巨匠スティーブン•スピルバーグがぶっ放す、空前絶後のハイテンション•アトラクション•ムービー‼︎‼︎‼︎

80年代ポップカルチャーを中心とした映画、音楽、ゲームの
>>続きを読む

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

3.3

心に傷や葛藤を抱えた人々が、交流を通してそれぞれ未来へと進みだす様を優しく、そして繊細に描き出すヒューマン•ドラマ。

第70回アカデミー賞ではマット•デイモンとベン•アフレックが脚本賞、ロビン•ウィ
>>続きを読む

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

4.4

第48回アカデミー賞で作品賞、主演男優賞、主演女優賞を含む主要5部門を独占したアメリカン•ニューシネマの金字塔‼︎‼︎

徹底した管理主義に反旗を覆す代償と対価というテーマで一概にハッピーエンドといい
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

多くの批評家からの高評価を受け、第90回アカデミー賞で主演男優賞ノミネート、脚本賞受賞という快挙を成し遂げた大ヒット•ホラームービー‼︎

白人女性の恋人ローズの実家を訪れた黒人写真家クリスを待ち受け
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

うっひょぉぉぉぉぉぉぉぉ‼︎‼︎‼︎
無茶苦茶面白いじゃないかぁぁぁ‼︎‼︎‼︎

劇場長編に初挑戦した新人監督‼︎
ほとんど無名の俳優陣‼︎
約300万円という低予算‼︎

そんなヒットとは無縁とい
>>続きを読む

マルタの鷹(1941年製作の映画)

3.4

ハードボイルド派を確立した作品として今尚高い評価を受けるダシール•ハメットによる探偵小説「マルタの鷹」の3度目の映画化作品!

マルタの鷹像を巡る争いに巻き込まれる私立探偵サム•スペードを我らがボギ
>>続きを読む

ベン・ハー(1959年製作の映画)

4.2

名匠ウィリアム•ワイラー監督による最強のスペクタクル超大作‼︎‼︎

ユダヤ人貴族の子ジュダ=ベン•ハーの波瀾万丈な人生をイエス•キリストの誕生と復活と交差させながら描いた本作は、アカデミー賞史上最多
>>続きを読む

バーバレラ(1967年製作の映画)

3.3

1968年

それは、当時のアメリカを痛烈に風刺した「猿の惑星」に、革新的な撮影技術と難解な内容から今なおSF映画の金字塔として名高い「2001年宇宙の旅」など多くのヒット作が公開され、SF映画の在り
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.1

本作の見どころは何か?
かっこいいクリス•プラットとブルー!
最新鋭のVFXやCGで暴れまわる迫力満点の恐竜たち‼︎
ブライス•ダラス•ハワードの胸‼︎‼︎

以上‼︎‼︎‼︎

もう、これ以上褒める
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.8

すべての男(ヒーロー)に、
はじまりの物語がある

SW屈指の人気キャラクターハン•ソロが、いかにしてチューバッカと出会い、ならず者となり、そしてファルコン号を手に
>>続きを読む

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

4.1

性的暴行事件の発覚により映画界から姿を消したケヴィン•スペイシーですが、本作を鑑賞するとやはり俳優としては頭3つ抜きん出た怪物であることを再認識させられます。やっぱり凄い俳優だなぁ〜。

まずはじめに
>>続きを読む

バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート(2015年製作の映画)

3.3

ダメ男に引っかかってばかりのマーサは、ある日理想的な男フランシスと出会う。急速に惹かれあっていく2人だったが、なんとフランシスの正体は世界中のあらゆる組織に狙われる伝説の暗殺者だった‼︎

「クロニク
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.9

「ジョン•ウィック」で犬を殺した監督と「プラダを着た悪魔」のスタジオが贈る、自己中破天荒無責任ヒーロー•ムービー第2弾‼︎

畳み掛けるような小ネタやブラック•ジョークの応酬、内蔵ぶちまけ生首が宙を舞
>>続きを読む

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

3.8

二人の男女が出会い、愛し合い、結ばれ、すれ違い、そして別れていく。

愛が生まれた過去の物語と愛が破滅していく現在の物語を巧みに交差させ、鑑賞者に"人と人とが愛し合う切なさ"を完膚なきまでに叩きつける
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

4.3

最果タヒによる詩集「夜空はいつでも最高密度の青色だ」を、石井裕也監督が"2020年東京オリンピックを前に忙しく変化していく東京を舞台にした、孤独や苦悩を抱えた2人の男女の交流"という形で物語として作り>>続きを読む

ベルリン・天使の詩(1987年製作の映画)

4.6

ヴィム•ヴェンダース特有の芸術性とか、淡々と詩的に流れていく物語の味わい深さとか、ブルーノ•ガンツやピーター•フォークの演技とか、ソルヴェーグ•ドマルタンの美しさとか、本作の素晴らしさを今更語るまでも>>続きを読む

パリ、テキサス(1984年製作の映画)

4.3

孤独に荒野を彷徨う男トラヴィス。
4年ぶりに再会を果たした息子のハンターとともに最愛の妻ジェーンを探す旅に出た彼は、一体どこへと辿り着くのだろうか?

「ベルリン•天使の詩」などの作品で知られるヴィム
>>続きを読む

ベオウルフ/呪われし勇者(2007年製作の映画)

3.2

「ベオウルフ」とは、8〜9世紀に掛けて成立したと言われる英文学最古の叙事詩で、「指輪物語」の作者J•R•R•トールキンもこの英雄譚の研究者として知られているように、多くのファンタジー作品に多大な影響を>>続きを読む

13日の金曜日(1980年製作の映画)

3.5

キキキ•••マママ•••

不気味な効果音とともに現れては、クリスタルレイクのキャンプ場に訪れた監視員候補生を血祭りにあげる恐怖の殺人鬼!
狙われた監視員候補生は生き残ることができるのか⁉︎

ホラー
>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003年製作の映画)

4.5

J•R•R•トールキンによる長編小説「指輪物語」をピーター•ジャクソン監督が"完璧"に実写化したファンタジー•超大作三部作の完結編‼︎

遂に迎える決着の時!

演技、演出、音楽、脚本などあらゆる点に
>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(2002年製作の映画)

4.4

J•R•R•トールキンによる長編小説「指輪物語」をピーター•ジャクソン監督が"完璧"に実写化したファンタジー•超大作三部作の第2弾‼︎

個人的には前作でも十分に素晴らしい作品でしたが、本作を鑑賞する
>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング(2001年製作の映画)

4.2

今なお絶大的な人気を誇るJ•R•R•トールキンによる長編小説「指輪物語」を、ピーター•ジャクソン監督が8年の歳月をかけて"完璧"に実写化したファンタジー•超大作3部作の第1弾‼︎

人間、エルフ、ホビ
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

4.1

原作者でもある大友克洋が映画用に描きあげた絵コンテをベースに、約10億という破格の製作費で生み出された本作は、正に"日本アニメ映画の金字塔"と呼ぶに相応しい伝説的な作品だ!

2019年の架空の都市"
>>続きを読む

>|