図師雪鷹さんの映画レビュー・感想・評価

図師雪鷹

図師雪鷹

21歳の学生。
お手柔らかに。

スコアは高めの方です。

映画(124)
ドラマ(1)

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

3.5

ロック様が元いじめられっ子という設定が面白い。ロック様の『いじめ反対』は何というか…かなり色気がある。


ロック様ファンなら確実に見逃せないこの作品。アクションもかっこいいし、この映画の1番の目玉で
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.9

脳死をもって死とするか、心臓死をもって死とするか…
なかなか難しい題材を扱った作品だと思う。

例え娘が脳死だとしても、心臓が動いているから死んでない。だから、娘を生かしたい。篠原涼子演じる主人公を突
>>続きを読む

マイケル・ムーアの世界侵略のススメ(2015年製作の映画)

3.8

マイケルムーアの映画は初鑑賞。


この映画は、アメリカをより良い国にするために、彼が色々な国に"侵略"してその国の良いところをどんどん奪っていくというものだ。

見ていくと、アメリカではなくむしろ日
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.5

こんな映画初めて見た。
そう思える映画はやっぱり良いですね。
パソコン上で完結する物語なんて今流で斬新。

オープニングから良かった。パソコン上で感動を演出するという手法は見た記憶がない。思わず、パソ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.1

クイーンが好きだったらもっと楽しめたかもしれない…

まず思ったのは、フレディマーキュリーって結構嫌な奴だな…と笑
時にはバンドメンバーがかわいそうに思えてしまうほど傲慢さを奮うフレディ。だが、彼に
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

5.0

イオンシネマ松本でリバイバル上映されていたので見に行った。完全版の方を以前見たが、自分は今日見た劇場オリジナルバージョンの方が好き。テーマが絞られているように感じ、冗長さを全く感じなかったため。

>>続きを読む

あいあい傘(2018年製作の映画)

4.2

娘のもとを去り異郷で死のうとした男。
そんな男を支えた人。
別れて25年後、父に会いに来た娘。
それぞれのドラマが交差するヒューマンドラマ。

いわゆるワケあり家族を扱った映画だ。2つの家族が中心的に
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.2

一昨日、アマゾンプライムビデオに加入しました。まだお試し期間中ですが…ネトフリと迷ってます…どっちがいいんだろう…


こういう手の話って、大体どんでん返しで真実が明かされることの方が多い気がしますが
>>続きを読む

怪盗グルーの月泥棒 3D(2010年製作の映画)

3.4

今冬公開される『グリンチ』の製作会社イルミネーションの第一作であり、恐らく社運をかけた作品だったと思われる。

結果は成功。やっぱり、ミニオンズはかわいい。


ほかのファミリー向けアニメ映画に比べる
>>続きを読む

トレーニング デイ(2001年製作の映画)

4.1

麻薬取締課に配属された新人刑事ジェイクはベテラン刑事アロンゾと訓練日(トレーニングデイ)を過ごすことになる。

アロンゾは型破りな刑事で、ジェイクに麻薬を吸わせたり令状もないのに家宅捜索したりする。
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.0

キャラクター描写がずば抜けてる。
トム・ハーディとヴェノムの掛け合い、特に食べ物関連は聞いてて癖になりそうだった。取り憑き系キャラの王道を踏みつつも、ほかにはないかっこよさ、おかしさがあって良かった。
>>続きを読む

紅の豚(1992年製作の映画)

4.5

『帰らざる日々』が心に染み渡ります……


空に憧れ飛行機乗りになったものの、そのせいで多くのものを失い、豚になってしまったマルコ…
人の命を奪うことを嫌い、戦争には協力しないので、政府に恨まれる。
>>続きを読む

泣き虫しょったんの奇跡(2018年製作の映画)

3.8

瀬川晶司という、存命中の実在する将棋棋士の人生を描いた映画。
プロの将棋棋士になるには、奨励会というプロ棋士養成機関の中で、満26歳までにプロ(4段)に昇段出来なければいけない。ダメだったら退会させら
>>続きを読む

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

4.6

ビジュアルで敬遠しないでください。
一見、完全に子供向けに思える作品ですが、老若男女問わず誰でも楽しめて泣ける映画です。
原作は未読ですが、自分が小学生のころ女子にすごい人気で、意識は何となくしてまし
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

5.0

正直、未来のミライの何倍も面白かったです。



もっと早く見れば良かったと心の底から後悔。


小学四年生のアオヤマ君は、日々世界について勉強し、偉い大人になろうと努力する男の子。言動は良い意味でも
>>続きを読む

恋愛小説家(1997年製作の映画)

4.2

"もうこれ以上は良くならな"そうな年齢の大人2人のラブコメディー。

恋愛小説家のメルヴィンは周りから非常に嫌われている。毒舌は吐くし、潔癖症すぎる。それに強迫神経症。彼の楽しみといえば、行きつけのレ
>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

4.5

レバノンの映画って…珍しいですね。


そもそもレバノンに詳しい人ってあんまりいないですよね。
昨日、塩尻東座という映画館で、レバノン事情に詳しい報道カメラマン村田信一さんの解説も合わせて見ることがで
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.7

もうわかんねぇわこれ
テレビでやってたからって何となく見てた自分も悪いけど…

これから何度見てもわからない気がする

とりあえず役所広司の演技が上手い。


法廷モノなのに事件を解決することに重点を
>>続きを読む

ルイスと不思議の時計(2018年製作の映画)

3.6

主人公ルイスはある日両親を亡くし叔父ジョナサンのもとに預けられる。その叔父は実は魔術師だった…という王道パターン。
叔父の隣人の美魔女(2つの意味で)ツィマーマンとも仲良くなり、ルイスは2人に支えられ
>>続きを読む

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち(2017年製作の映画)

4.3

『いつだってやめられる』シリーズの第2弾。

前回を超える面白さでびっくりした。


第1弾で、合法ドラッグ製造に情熱をかけすぎて、警察に捕まってしまったピエトロとその仲間たち。そんな彼らに、声をかけ
>>続きを読む

スティング(1973年製作の映画)

4.0

詐欺師と警察による化かし合い。

テンポが良いストーリーにこころを掴まれました。

頭脳戦だけではなくアクションも非常に良く、飽きることがありませんでした。


そういえば、あの曲ってこの映画の音楽だ
>>続きを読む

レッズ(1981年製作の映画)

5.0

理想を追いかけ破滅していく男。
最後まで強さを失わない女。


『俺たちに明日はない』『天国から来たチャンピオン』のウォーレンベイティ が、製作・監督・脚本・主演の4役を兼任し、アカデミー監督賞を受賞
>>続きを読む

フィッシャー・キング(1991年製作の映画)

4.8

ジャックは人気DJだった。ただ、常に過激な語り口であり、リスナーをがっかりさせることもあった。ある時、ジャックはある男性のリスナーからの悩み相談に、いつも通りの口調で答えた。

それが、思わぬ悲劇を生
>>続きを読む

散り椿(2018年製作の映画)

3.8

例えどんなことをあっても生き抜く。


強いメッセージ性を感じました。


役人の不祥事を追及し、扇野藩を追い出され、妻と共に地蔵院に身を寄せた男、瓜生。
そんな彼が扇野藩に戻ってきた。緊張が走る城内
>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

3.3

妻を亡くして色々自由になってしまったおじいちゃんと真面目な孫が繰り広げるコメディ。

おじいちゃんはロバートデニーロ、孫はザックエフロン。ロバートデニーロの真骨頂はシリアスな役ですけどコメディでもイキ
>>続きを読む

卒業(1967年製作の映画)

4.0

アメリカンニューシネマの代表作。
他人によって作られていく自分の将来に疑問を抱いた青年ベンジャミンが、本当の将来について苦悩する物語。

そもそもことの発端は、知り合いのロビンソン夫人から肉体関係を迫
>>続きを読む

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

3.8

奥さんを寝取られたせいで、躁うつ病を克服中のパットと、夫を亡くした上に会社もクビになったティファニーの恋愛物語。


デヴィッドOラッセル監督ってホントに俳優を際立たせるのが上手い。主演の俳優だけでな
>>続きを読む

いつだってやめられる 7人の危ない教授たち(2014年製作の映画)

4.0

金銭的に追い詰められた、大学の研究員ピエトロが、金を儲ける為に合法ドラッグを仲間たちと売りさばくコメディ。何となくブレイキングバッドに似てるけど、仲間たちが、化学者、数学者、考古学者など、多種多様なの>>続きを読む

普通の人々(1980年製作の映画)

5.0

1つの家庭の崩壊を描いたドラマ。
名優ロバートレッドフォードは、この作品で数多くの賞を受賞し、演技だけでなく、製作者としての地位も築いた。

主な登場人物は極めて少ない。まず、父カルビン、母ベス、次男
>>続きを読む

天国から来たチャンピオン(1978年製作の映画)

3.9

ウォーレンベイティ が製作・監督・脚本・主演のコメディ映画。
アメリカンフットボールの晴れ舞台、スーパーボウルを前に急死してしまったジョー。天国に行きそうになったジョーだが、実は、彼の担当の天使が間違
>>続きを読む

ハート・ロッカー(2008年製作の映画)

4.2

これはイラク戦争中のアメリカ軍爆弾処理班を描いた映画だ。

主人公のジェームズは、とても奇妙な男である。爆弾処理の腕は確かなものなのだが、爆弾処理に熱中するあまり仲間と繋がる無線を切ったり、自分が手を
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.5

本当は字幕で見たかったけど周りの映画館には吹替しかなかったので…

これは、大人になったクリストファーロビンがプーさんと出会ったことから始まる物語だ。
幼い頃、クリストファーロビンはプーさんと別れるこ
>>続きを読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

4.2

ウォール街の狼と呼ばれた男、ジョーダンベルフォートの手記を元に作られた映画。

3時間と非常に長い映画だが、マーティンスコセッシの手腕、俳優陣の演技、笑いどころの数々によって、名作に仕上がっている。
>>続きを読む

沖縄スパイ戦史(2018年製作の映画)

4.3

衝撃的な内容だった。


国が、国民ではなく国を守るために民衆に強いてきたことの数々。


民衆による民衆の監視。
マラリアの地への強制疎開…などなど。

証言は非常に多く、めちゃくちゃリアルだった。
>>続きを読む

2重螺旋の恋人(2017年製作の映画)

4.2

とても変態的な映画だった。


これは、体に問題を抱えるクロエという女性が、ポールという精神分析医と出会い彼と恋に落ちるが、実はポールにはルイという双子の兄がいて、クロエはそっちにも惹かれていってしま
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.7

移民のために原住民を地方に追い込んで出来たアメリカという国の闇を描いた映画。

やっぱりこの映画は主人公が良いですね。非常に辛い過去を持ちながらも、世界で生き抜くために感情を押し殺す。

感情を押し殺
>>続きを読む

>|