図司雪鷹さんの映画レビュー・感想・評価

図司雪鷹

図司雪鷹

21歳の学生。最近やっと映画にはまったクチなのでお手柔らかに。笑

めちゃくちゃスコア高めです

映画(71)
ドラマ(1)

セラヴィ!(2017年製作の映画)

3.9

主人公はウェディングプランナーのマックス。今回の結婚式は17世紀の城でのかなり豪華なもの。しかし、マックスの部下たちがポンコツすぎて色々なトラブルが起こってしまう。


この映画は、キャラの多様さが面
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.6

1960年代の架空の島、ニューペンザンス島を舞台にした、少年サムと少女スージーの駆け落ちストーリー。

やっぱりウェスアンダーソン 監督の作品って一目見たら分かりますね。この作品も、ウェスアンダーソン
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.5

炎の王国って書いてあるから、溶岩が流れる島の中で色々起こると思ったが、前半だけだった。正直、もっと適切なサブタイトルがあると思う。


前半のドキドキ感は素晴らしかったが、後半になるとうーん…って感じ
>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

4.3

こんな感動して胸糞悪くなる映画はなかなかない。

これは、焼肉屋を営む在日朝鮮人一家が、高度経済成長期の日本でもがいていく物語だ。

家族構成は、父・母・娘3人・息子1人。父と母は再婚同士の結婚で、上
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.7

ドロドロ男女恋愛劇。


設定を説明するのちょっとめんどくさいので今回は省きます笑笑

まあ、義理の親子で同じ男を奪うなんて大体こんな感じになるんだろうなって感じ。この映画の重点ってそこだけじゃないと
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

ネタバレ厳禁ですね

色々映像業界に関する皮肉みたいのがたくさんあって面白かったです


とりあえずもう一回見たいです

死の谷間(2015年製作の映画)

4.0

これは、二人のアダムと一人のイブの物語。

一人の女がある谷間に住んでいた。彼女は白人のアン。核戦争後の世界でその谷間だけが安全な場所だった。彼女は農業をして何とかやりくりをしていた。

そんな中、あ
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

5.0

青年ジェームスはいつも家の中で暮らし、ブリグズビーベアという、クマの着ぐるみのキャラクターが宇宙で大活躍する冒険物の番組を見ていた。彼はブリグズビーベアが大好きで、部屋の中にはいつもブリグズビーベアが>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

5.0

主人公はクリスティン。またの名をレディバード。カリフォルニア州サクラメントのカトリック系の高校に通うパンクな女子高生だ。
彼女は我が強い。だから、本名はクリスティンなのにそう呼ばれると必ず「レディバー
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

4.0

恐竜盛りだくさんのジュラシックワールド。
イオンシネマ松本でありがたいことに旧作上映されてたので見てきました。


迫力ある恐竜たち!彼らとのバトル!とても迫力満点でした。恐竜が今の時代に生きていたら
>>続きを読む

月に囚われた男(2009年製作の映画)

3.8

ルナ産業との3年契約の下、月で一人作業する男、サム・ベル。話し相手は機械のガーティくらいだ。

そんな中、彼は作業中にある人物と遭遇する。それは、自分と同じ顔、自分と同じ記憶、自分と同じ名前を持つ男だ
>>続きを読む

フィラデルフィア(1993年製作の映画)

4.0

エイズとゲイに対する偏見と真っ向から立ち向かう法廷ドラマである。

トムハンクス演じるベケット弁護士はある日突然法律事務所から解雇される。そのころ既に彼はエイズの症状が顔に出始めていた。上層部はミスの
>>続きを読む

サスペリア(1977年製作の映画)

4.0

イタリアンホラーの決定版。

ドイツのバレエ学校に入学するためにアメリカからやってきた主人公が、そのバレエ学校で恐ろしい目に遭う。

この映画はとにかく音楽・美術が素晴らしい。ゴブリンが奏でる音楽が、
>>続きを読む

真実の行方(1996年製作の映画)

4.0

ある日、大司教が惨殺された。その容疑者として逮捕されたのが聖歌隊所属のアーロン。返り血から見て察するに明らかにアーロンが殺したと見え、死刑は免れない様子であった。

だが、注目を浴びたい弁護士マーティ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.9

今年発表された第90回アカデミー賞作品賞受賞作品。
これは冷戦時代のアメリカで繰り広げられる発話障害の女性イライザと半魚人の恋愛ドラマ。

とにかく世界観の描写がすごかった。半魚人がいる宇宙センター、
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.8

これを初めて見た衝撃が忘れられない。
人種差別をテーマにしたホラー映画。人種差別のホラーとか初めてだったしどんでん返しがすごかった。

ネタバレ要素が多すぎてストーリー展開については詳しく言えないが、
>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

5.0

"俺の舞台で勝手に勃起するな"
このセリフが何故かめちゃくちゃ印象に残っている。

まあそれはいいとして。

この映画は、かつて絶大な人気を誇り現在は落ちぶれたアクション俳優が、成功を掴もうともがく物
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.2

これは、見た目が他人とは違う男の子、オギーの人との出会い、別れ、苦悩を描いた映画だ。
ただ、描き方が結構面白い。最初は主人公のオギーの視点から物語が描かれていくが、視点がどんどん変わっていく。オギーだ
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.3

前作未見ですが普通に楽しめた。


最初のあのシーンは流石にびっくりした。だって…だって…めちゃくちゃ軽いノリのストーリーだと思ってたのに…そんな…って感じ。

とにかく、アクション、どんでん返し、ジ
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

4.2

評価低いなあ。
もっと高くていいと思うんだけど。


まず、ジブリが久しぶりにこういう冒険ファンタジーを作ってくれたってことが本当に嬉しかった!やっぱ、ジブリはこういう摩訶不思議なストーリーをやってほ
>>続きを読む

ホドロフスキーのDUNE(2013年製作の映画)

3.6

ドキュメンタリー映画。
ホドロフスキーは毒気はかなりありそうだけど、だからこそあんなに素晴らしいクリエイター達が彼の周りに集まったんだろうなーと思った。

最後の方に出てきた、DUNE=ポールっていう
>>続きを読む

リベリオン(2002年製作の映画)

3.3

とにかく設定に違和感を感じてしまった。

この世界の舞台は感情が規制されている世界で、本や芸術作品といった、感情を引き起こすものを持っている人々は射殺される。
主人公は感情を持った人々を殺すクラリック
>>続きを読む

無限の住人(2017年製作の映画)

3.3

やっぱり、あんな長い物語をこんな短い時間に収めてあるせいか、無理矢理感が否めない。

しかし、最後の戦闘シーンには、原作の名シーンがたくさん盛り込まれていて、製作陣の努力を感じた。

だが、浅野凛と乙
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.5

この映画は評価が難しい。様々な暗喩があり理解が追いつかないところがあった。

だが、現代美術がなかなか人々に理解してもらえないという事実、「貧しい人を助けよう」と言っている人でも、実際にはそういう人に
>>続きを読む

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

4.2

これは、パキスタン人のコメディアン、クメイルと白人女性のエミリーのラブコメ。
主人公はクメイル自身で、体験を元に脚本は書かれた。

パキスタンと、クメイルが住んでいる米国とはかなり文化の差異がある。故
>>続きを読む

アダプテーション(2002年製作の映画)

4.1

評価ちょっと低くない?もうちょっと高くていいと思うんだけど。

これは、ニコラスケイジ演じる脚本家チャーリーカウフマンの物語。ちなみに、チャーリーカウフマンという男は実在しており何とこの映画の脚本家だ
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.5

松本ではやっと公開。しかも、1日一回しか上映してない。
見に行ったら女性が9割越え。さすが。BL映画はこうでなきゃ笑
主人公はティモシーシャラメ演じるエリオ。彼はアメリカの大学の教授を父に持ち、毎夏に
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

5.0

この映画は本当に傑作だ。
家族愛というテーマをSFという題材で1番上手く調理した作品だと思う。

舞台は未来の地球。吹き荒れる土が農作物を脅かし、もう誰も住めなくなる直前に迫っていた。そんな中、主人公
>>続きを読む

ズーランダー(2001年製作の映画)

4.0

モデルはバカという前提で描かれてる映画。(大丈夫だったのかなぁこの設定)

そのバカさ加減がすごいいい感じで最後まで楽しく見れた。

特に、ベンスティラーとオーウェンウィルソンのウォーキング勝負・パソ
>>続きを読む

トロピック・サンダー/史上最低の作戦(2008年製作の映画)

3.7

グロ耐性がない人にはオススメできません。コメディなのに結構グロいです。いや、逆にコメディだからグロいのか?まあいいや。

ベンスティラー、ロバートダウニージュニアがバカすぎて感動します。

リアリティのダンス(2013年製作の映画)

3.8

あんな生々しく神秘的な放尿シーンを見るのは初めてだった

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

是枝監督、パルムドール受賞おめでとうございます!
家族ぐるみで万引きをする家族…それは社会としては許される存在ではないのだけれど、その家族にしかない幸せや喜びがあった。でもこれが映画として作られてるっ
>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

4.2

人生初のシアター独占!やった!ありがとう!

これは病気で妻を亡くし、更にイラク戦争で息子を亡くしたドクが、1人じゃ寂しいからと、ベトナム戦争時代の友人サルとリチャードと共に息子を引き取りに行き埋葬す
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

4.0

スタンリーキューブリックの名作中の名作。
これは、山奥のホテルの管理人の職を務めることになったトランス一家の父、ジャックトランスがホテルに住みついていた悪霊に支配され妻と子供を襲うホラー映画だ。
>>続きを読む

コンタクト(1997年製作の映画)

5.0

科学者の主人公のエリーはある日、ヴェガからの電波信号をキャッチした。長年の努力が功を奏したのだ。上司に予算を削られたり、長年キャッチできなかったりしても諦めなかったおかげだ。そこには、政府の宗教顧問パ>>続きを読む

さらば冬のかもめ(1973年製作の映画)

4.1

ジャックニコルソン がカンヌ国際映画祭男優賞を受賞した作品。
2人の海軍下士官バダスキー、マルホールが、軽犯罪を犯して逮捕された新兵メドウズを護送する間に起こる友情ロードムービー。
メドウズはまだ未成
>>続きを読む

>|