Takaomiさんの映画レビュー・感想・評価

Takaomi

Takaomi

映画(146)
ドラマ(0)

ラスト・べガス(2013年製作の映画)

3.8

何といってもキャストが豪華すぎました!!
この名優たちの演技力といい間といいすべてが高級ワインのような風貌の清楚なイケメンじいちゃんが本当にカッコ良すぎるんですよね。
将来はこんなじいさまになりたいと
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

3.6

ドキドキするシーンもあったし、全体的に綺麗な映画でもあったけれど、余韻に浸れるような感動がなかった。非常に惜しい映画。

貧富の差や時代背景など重要な部分の描写が描かれておらず曖昧になっていたんだと思
>>続きを読む

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

2.9

あまり記憶に残らなかったので二度目の鑑賞。

グロさも初回に観た時には気持ち悪くなったものの、二回目は覚悟するほどでもなかったかな。やっぱり一番キツイシーンはふとっちょ兄さんの〇〇を生で頂くことだろう
>>続きを読む

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)

2.8

結構期待値が高かっただけに、残念すぎて悲しくなりました。
殺人鬼人形のチャッキーはどこに行ってしまったんだ。。。

ありきたりなAIの暴走はみたくないよー。それだけで怖さが大幅になくなって、同情する余
>>続きを読む

ファイナル・デッドコースター(2006年製作の映画)

3.2

初代の作品では死の伏線が丁寧に描かれていて、ちょっとホラー悪魔チックで、ヤバい!ヤバい!逃げろーって感じなんだけど、回を重ねるごとに豪快に血も頭もなにもかもぶっ飛びます!!こっちこそ「ヒャッハー」って>>続きを読む

スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町(2014年製作の映画)

1.5

挙動不審な町の人々の様子に不安を募らせ、得体の知れない何かに侵略された住民たちの暴走にパニックに陥る学生たち。果たして彼らの運命は??


全半が回りくどすぎて寝てしまった。8時間前に戻す意味ないでし
>>続きを読む

ポゼッション(2012年製作の映画)

3.5

悪魔を封印していた呪いの木箱を幼い娘が開けちまって、エクソシストしてしまう非常に分かりやすい作品。

憑りつく人ってどこか悪魔にとって魅力的なんだよな。
このストーリーは「孤独」が、カギになってると思
>>続きを読む

トータル・リコール(2012年製作の映画)

3.1

うーん。話がややこしすぎて終始難解で寝てしまいました。
小説一冊を二時間で凝縮した感じというのかな、立て続けにアクションシーンがあって飽きてくる。あの世界観も上手く使いきれていなかったし。

簡単に言
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.8

やっぱりキアヌは謎めいていて闇に包まれている感じが超似合いますね!!

最愛の妻を亡くし喪失感に暮れるジョン。そんな中妻ヘレンが励まそうと最後の贈り物としてビーグル犬のデイジーを彼のもとへ贈った。
>>続きを読む

ボーン・アイデンティティー(2002年製作の映画)

3.7

漂流していたところを漁船に救われた、ジェイソンボーン。
しかし記憶喪失になってしまい、自分が一体何者なのかわからないまま、四方八方から追われることに。果たして彼の本当の姿とは??

記憶喪失になって自
>>続きを読む

フォーカス(2015年製作の映画)

3.6

視線や財布は盗めても、愛の力は誰にも盗めないし止められない。
一流詐欺師のニッキ―は詐欺師のプロを束ねて結託して荒稼ぎをしていたが、美しい素人詐欺師のジェスと出会い彼女をプロの詐欺師として育てることに
>>続きを読む

ソウ5(2008年製作の映画)

3.2

スリラーよりもサスペンス色が強くなった5。
ジグソウによる一連の猟奇殺人ゲームは終わったかに思われたが、また新たな犠牲者が。その犯人を捜査するストラム捜査官の物語。
見たことない方はまったくついていけ
>>続きを読む

世界の果てまでヒャッハー!(2015年製作の映画)

4.0

ヒャッハーシリーズはこっちの方が世界観広いし、おバカすぎるし好き!!
ヤバい展開になるのわかってるのに、すんごいところから変化球が飛んでくる感じ。

彼女にプロポーズしようと高級リゾートに訪れるフラン
>>続きを読む

ソウ4(2007年製作の映画)

3.2

うん、4から路頭に迷い始めましたねえ。結局は恨みか~い!って感じ。
ただ死体の解剖は、めっちゃリアルでおえ~ってなりました。それだけは見応えありです(笑)

ジョンがいつからジグソウへと変貌を遂げてい
>>続きを読む

トゥルース・オア・デア ~殺人ゲーム~(2017年製作の映画)

2.8

真実か挑戦かを選んで達成できなければ罰ゲームというアメリカ版の王様ゲームが、悪魔の呪いによって死んでしまう殺人ゲームに。

発想は面白いけど、悪魔の呪いにしては大学生のノリみたいに生ぬるい。
親友の彼
>>続きを読む

ソウ3(2006年製作の映画)

3.3

グロさは3が一番な気がします。むしろそっちにシフトチェンジしちゃってます。もう尊厳なんてどうでもいい!!ってなってます。
まあ、あとあと仕打ちを受けることになるんだけど。

とくにぐるぐる回る歯車みた
>>続きを読む

フェイス/オフ(1997年製作の映画)

4.0

ジョントラヴォルタ、ニコラスケイジ 二大のスターの魅力がたっぷり詰まった貴重な作品です。俳優って、映画って、すげー!となります。

凶悪犯トロイによって息子を殺されたFBI捜査官のアーチャーは、彼の次
>>続きを読む

ソウ2(2005年製作の映画)

3.4

ソウシリーズは、なんとも評価しがたい作品ですね~!
何度か見ているんですが、いつもごちゃごちゃになってしまうので今回は続けて見ることにしました。
グロさは回を重ねるごとにパワーアップしています。

2
>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.6

超名作というのは聞いてたけど、ようやく見れました。
誰もが恐れる伝説の悪党カイザーソセの正体を暴いていく物語。

序盤はエピソードよりも話が難しく長いので、わかりにくくてウトウトしてしまいましたが、後
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

5.0

首から下が全く動かない車椅子生活を送るフィリップとヘルパーとして雇われたスラム育ちの黒人青年ドリスとの交流を描いた実録ヒューマンドラマ。

僕は現在一人暮らしをしていて、それと同時にヘルパーさんを24
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.7

冴えない主人公のティムがタイムトラベルできる能力があることを知り、愛とは人生とはなにかを学んでいく物語。

もし満足がいくまで過去をやり直せたら?こんなに素晴らしいことはないでしょう。
映画のように好
>>続きを読む

ミッドナイト・ラン(1988年製作の映画)

4.0

「来世で会おう!」家族でサクッと見られるテンポのいいアクションロードムービー!
デニ―ロがここまで動き回る映画は初めてかもしれない。

FBI捜査官、セラーノの手下、どこまでも追いかけ警察署に何度も連
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.3

ゆるいコメディかと思ったらなかなかにハードなヒューマンドラマでした。
教育とは宗教とは家族とは何かを母親の死をきっかけに考えて行く作品です。もう少しロードムービー感も欲しかった気もするけど。

自給自
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.5

前作のジュラシックワールドの事件以来、閉鎖して荒れ果てたパークの島が噴火するというので、恐竜たちを保護することに。

ストーリーがさらにありきたりになったので、そこには触れません。
でも前作よりも印象
>>続きを読む

フィールド・オブ・ドリームス(1989年製作の映画)

3.2

とうもろこし農家を営むレイ・キンセラが、ある日お告げを聞いたことがきっかけで野球場を作り始めることに。
この頃のアメリカの時代背景やアメリカ人の野球に対する熱意に理解のある人でないとわからない映画です
>>続きを読む

トランス・ワールド(2011年製作の映画)

3.1

パラレルワールドの不思議な世界。アメリカ版、世にも奇妙な物語。
ファンタビのティナ役キャサリンウォーターストーンが出演しています。
雰囲気も全然違うので初めはわかりませんでした!

ストーリーが斬新で
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.8

やっぱりジュラシックシリーズは映画館で見るべき映画ですね!
前作の約15年ぶりの最新作ということで、恐竜たちの迫力やCGすべてにおいて、パワーアップしています。出演恐竜もシリーズ最多。

正直ストーリ
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

誰かと語るのではなく、自分のフィーリングに委ねて観てほしい映画です。
なぜ宇宙船がやってきたのか。それを調査していく物語。一体、彼らの目的とは?

多くを言うとこの映画の良さが消えてしまいますが、少し
>>続きを読む

エンド・オブ・キングダム(2016年製作の映画)

3.7

エンドオブシリーズの第二弾!次があるとしたら、エンドオブアースでしょうか 笑
イギリス首相の国葬で集められた、各国の首脳たちがテロリストの奇襲に巻き込まれることに。

警護が固いはずの首相たちが清々し
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.6

ナイトクラブで用心棒を務めるトニーは、負けん気が強く気性が荒い。
流暢な口ぶりで言いたいことを言うが、家族や友人からは愛されていた。
ある日、天才黒人ピアニストのドクターシャーリーの南部へのコンサート
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

4.1

家族からも見放され、ミュージシャンとしても夢破れて、何の目的もないままホームレスとして路上生活するジェームズ。
挙句にはヘロインに手を出して、薬物治療を受けるが、死にかけるほどの常習者。どん底で精神も
>>続きを読む

レナードの朝(1990年製作の映画)

4.4

第一世界大戦中の1916年から世界的に流行し、その後1930年以降はほとんど発症が報告されていない不思議な病、嗜眠性脳炎に患者とその家族、ロビンウィリアムズ扮するセイヤ―医師が回復に真摯に取り組む闘病>>続きを読む

メン・イン・キャット(2016年製作の映画)

3.3

大企業の社長トムは、家族よりも仕事が大切。そんな仕事人間の彼がひょんなことから猫になってしまう。果たしてトムの運命はいかに!

これは家族でポップコーンとコーラと一緒に、ゆったりと見たい映画です。
>>続きを読む

ワン・デイ 23年のラブストーリー(2011年製作の映画)

3.4

23年間の7月15日だけを切り取った斬新なラブストーリー。
お互いに惹かれあって誰よりも距離が近いはずなのに、すれ違ったり近づいたりする姿はじれったくて思わず癖になります。

とにかく!アンハサウェイ
>>続きを読む

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

3.6

家族に恵まれ、財産に恵まれ、安泰で充実した生活を送っていたモーガン演じるカーターとジャック演じるエドワードはある日余命宣告を受け、それがきっかけで世界を旅することに。

小さな世界で家族のために生きて
>>続きを読む

リング(1998年製作の映画)

4.0

これぞ、王道ジャパニーズホラー!
このタイトルだけでもわかってしまう、国民的スーパースター「貞子さん」の誕生一発目の作品です。

今ではスマホから出てきたり、蜘蛛みたいな足をはやしてモンスターとして扱
>>続きを読む