ゆりなさんの映画レビュー・感想・評価

ゆりな

ゆりな

派手なのも、素朴なのもすきです。
http://yurinabcd.hateblo.jp

映画(1017)
ドラマ(1)

ディオールと私(2014年製作の映画)

3.7

公開当時から評判良くて気になっていた作品。フランス語のドキュメンタリー映画ってたぶん初めてでドキドキした。

オートクチュール、アトリエ、たまのジョーク。
わぁ〜「ファントム・オブ・スレッド」の世界だ
>>続きを読む

春の雪(2005年製作の映画)

3.4

美しい、愛おしい、愛らしい、いじらしい。
時が止まってしまえば良いのに、ってこの映画のためにある言葉よね。
三島由紀夫らしさ全開。

昔よく映画レンタルすると、本作の予告が見飽きるくらい入ってたな〜!
>>続きを読む

ティファニー ニューヨーク五番街の秘密(2016年製作の映画)

3.5

おお、バズ・ラーマンにギャツビーの衣装担当にロブ・マーシャルにヴァン・クリーフの元お偉いさん。
こうやってNYを見るとSATCを思い出すなぁ〜!

ティファニーブルーって、やっぱり他にないから、どこか
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

4.0

斎藤工って本当にかっこいいんですね。笑う。低い声と身長効果は死ぬほどありますよね。あと血管。
そ、そして浅見れいなはいつからこんなに美しくなったんですか。目が離せなかった…はぁ。恍惚のため息。

注が
>>続きを読む

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

3.5

広瀬すずが、ちょっと幼いんだけど千早にきちんと見える。目がキラキラ!溢れるフレッシュさ!
真剣佑のかっこよさは、メガネの奥から魅力が溢れてましたね。

何気に一番かっこいいのって、須藤さんじゃないです
>>続きを読む

噂のアゲメンに恋をした!(2007年製作の映画)

3.5

ジェシカ・アルバの可愛さたるや。明るい弾ける笑顔が屈託のないほど可愛い!
でもってペンギンの飼育員さんというギャップが…たまらない…。
この設定を作った脚本家に拍手。

プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング(2004年製作の映画)

3.7

冒頭でアン・ハサウェイが「あれから5年」と言っていたのだが、なんと私も1を観てから5年経ってた!なんていう偶然。

ディズニー・アーカイブス展で映画に使われたドレスが飾ってあって、そのレースの繊細さと
>>続きを読む

曲がれ!スプーン(2009年製作の映画)

3.5

とぅっはーーー長澤まさみ可愛い。

2009年なのに野暮ったさがない、この顔とメイク。当時zipperやファッション誌でたくさんこのポスター見たなぁ。
10年後でも通用するこのビジュアルポスター、可愛
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.7

イザベル・ユベール、役によって全然違うんだな〜!
綺麗だけど、どこか可愛らしい顔立ち。

「ぼくの名前はズッキーニ」でも思ったのだけど、フランスの性事情や恋愛模様が日本とは違い過ぎて驚く。
ひょえ〜と
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.7

ボ ブ か わ い す ぎ。

ワンパクな猫のボブにメロメロ。そしてボブの目線に変わるところにドキドキした。
これ実話なのかすごい〜!カントリーなアコギと歌声がたまらない。映画館で観れれば良かった〜
>>続きを読む

プラネタリウム(2016年製作の映画)

3.7

リリー・ローズ=デップとナタリーが出ていて、可愛くないわけがない。

新しいガーリー映画の代名詞としてあげられる本作ですが、きっと後から付いて来たもの。FURGEをめくっているかのような、トラッドでお
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.8

こんな嫌な蒼井優ちゃんがいるなんて。すごい。大好きな小松菜奈ちゃんが好きな蒼井優ちゃん。あぁ、見てはいけないものを見てしまった気分だ。ザラザラしてて、湿っぽい…って見出したら大変感動的なラストへ。阿部>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.2

柔らかな日常の風景、カントリーな曲が流れるOP、はい乗っけから好きです。フロリダの海辺の街が舞台。この寒々しい感じ良いなぁ〜!マンチェスター・バイ・ザ・シーを思い出す。姪っ子・甥っ子という関係性も。>>続きを読む

きらきらひかる(1992年製作の映画)

3.0

こっちは江國香織の1992年の映画。
「きらきらひかる」そんなに古いと知らなかったので驚き!
豊悦、今とぜんぜん違うのに、声が一緒。そして薬師丸ひろ子こんなんだったんだなぁ。

「東京タワー」と違って
>>続きを読む

東京タワー(2004年製作の映画)

3.7

たっっっっまらない。

江國香織ほぼ全巻読破してるほど好きなわたしとしては、この気だるい雰囲気をきちんと表現できているところに感激。
(冷静と情熱の間は、王道の恋愛映画になっちゃってて悲しかった)
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.3

東京国際映画祭で人気過ぎて見れなかった作品をやっと。
松岡茉優ちゃんが可愛くなくて、こういう子いるいる〜ですごい!憑依している。
いやしかし、テンポ早すぎるわユニークだわで笑う。面白い友達複数といる飲
>>続きを読む

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

3.5

我々のハガレンといえば、土曜だか週末のお楽しみ。アニメEDの北出菜奈の「消せない罪」と映像に鳥肌。次はラルクのREADY STADY GOにポルノのメリッサ…という最高の作品を作り上げた一大挙党ですよ>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.3

この映画は、スラムダンクなんですよ。わたし含め、みんなが大好きな。

10人以上に「ボヘミアン・ラプソディ観た?」と聞かれていたのですが、やっと観ましたよ。みんな、語る準備はいつでもOKさ!!
(ちな
>>続きを読む

レナードの朝(1990年製作の映画)

3.7

あぁ…これは胸が痛くなる、実話に基づく映画。当時アカデミー賞の主要部門を総なめにした作品で、1990年代はこういった撮り方の映画が多いなぁとしみじみ。途中で観るのを辞めてしまった、カッコーの巣の上でを>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.8

ストップモーション大好きな私が映画館で見逃して恋い焦がれていた作品。

まず映像の綺麗なこと綺麗なこと。
江戸の村や日本の夕焼け、朝の雪景色。
ちょこんとしてて、肩に乗る小鳥みたいな折り紙のハンゾウが
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.8

本当に小松菜奈が好きなんです、わたし。ありがとう、小松菜奈ちゃんを主演にしてくれて。

原作にあったユイちゃんとバイト中に好きなものを言いあって、本当は「店長」って浮かんだけど言えなくて…ベッドの中で
>>続きを読む

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

3.6

前髪があって黒髪のサリー・ホーキンス、どこか日本人みたいで可愛いなぁ。影のある表情はフランス人のよう。

恋をしていきなり世界が開けて輝いて見える感じが、イキイキしてて良い。何もかもが新しく見えるんだ
>>続きを読む

泣き虫しょったんの奇跡(2018年製作の映画)

4.5

これめちゃくちゃ良い映画ですよ。
映画化されるだいぶ前から、原作の存在を知っていたので、すごく待ち遠しかった一本。

最初の子供時代からエモさMAXで、ずっと息が苦しくなるくらいドキドキしながら観た。
>>続きを読む

レゴバットマン ザ・ムービー(2017年製作の映画)

3.7

パスワードは「くたばれアイアンマン」

公式の許可は大丈夫?唐突にくるブラックジョークに笑わずにはいられるず、映画が好きでこの温度感を分かる友達と3人くらいでヒャーヒャー観たい。

このシーンいらない
>>続きを読む

光をくれた人(2016年製作の映画)

3.7

めちゃ泣ける!という前評判を聞いていたのだけど、まず舞台が壮大でした。
重くて軽くは観れないんだけど、普通に結婚して、子供ができて…ってことがいかに幸せか分かる。

壮大なオーストラリアの景色と、ごう
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.8

2018年に、映画館で動くプーさんと100エーカーの森を見れたことに感謝。次に映画化するとしたら20年後くらいかな??

子どもの頃に大事にしていたことを思い出させくれる映画。
私の大好きな原作の「プ
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.8

マクドナルドの実話。「ウォルトディズニーの約束」の監督らしい、フィルムっぽい時代特有の撮り方が良いね〜!

多様性が認められてきて、個性や自由が良しとされている世の中。ジェンダーや思想もそう。自由にな
>>続きを読む

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

3.6

音楽がない、ごうごうとしたドラマティックじゃない映画。
毎日いっぱい働いて、歯車になったら、訳分からなくなるよね。
ドイツとルーマニアの貧富の差もリアル。

最後にギュッと良いセリフが凝縮されていて、
>>続きを読む

顔たち、ところどころ(2017年製作の映画)

3.8

たまに居酒屋とかで、世代全然違うのに仲良い不思議な人たちいるじゃん。あれです、あれ。

絵本をめくるみたい!カラフルなドキュメンタリー映画。OPのイラストも音楽も可愛くてルンルン。でもEDはまた違った
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.2

劇場マンマミーアとダンシング・クイーン聴けるだけでも、映画館に行く価値ありですよみなさん!あとは名優3人のおじさんが踊ってるだけで、ニヤニヤしちゃう。こんなコンテンツある?特にコリン・ファース。

>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.9

自分で制作費を払い、アクションをこなすトム・クルーズの本気っぷりといったら。
007の方がスタイリッシュなアクションだけど、トム・クルーズがこの映画にどれだけ思いをかけているか知っていると、もう拍手喝
>>続きを読む

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.6

雰囲気が初っ端から好き。街、働く姿、洋服、音楽。だけど取り立てておしゃれに撮ってる!ってわけでもないナチュラルさが良い。フランスのマルセイユの雰囲気も素敵。

色々な場所へサプライズのようにデートへ連
>>続きを読む

センセイの鞄(2003年製作の映画)

3.7

原作の死ぬほどファンなのでたまらない。小説より甘じょっぱい感じがたまらない。

サクサク進むけど、映像だから情景が浮かびやすいところが良い〜!サトルさんのお店が予想通りのガヤガヤした和風の居酒屋でたま
>>続きを読む

オンネリとアンネリのおうち(2014年製作の映画)

4.2

いつだったかの休日に恵比寿で観たのですが、始まった瞬間「わ〜〜〜可愛すぎる〜〜ここ恵比寿なの?てか、今日これから電車乗ってお家帰るの??あした仕事?無理無理無理ー!」となりました。ウケません?

フィ
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.2

ディズニー・アーカイブス展行った帰りに観ることになるとは。ずっと泣きそうで、食い入るように観た、あっという間の120分。

アカデミー賞にノミネートされてずっと観ようと誓っていた作品、やっと観れた。感
>>続きを読む

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

4.0

「諦める」じゃなくて「卒業する」。そうやって前に進むのだって人生だ…みたいな一文をどこかで見た。
まさにこの言葉がぴったりな映画だった。

初っ端から死ぬほど切ない!新しい世代が登場し、どんどん追いや
>>続きを読む

>|