西郷どんのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「西郷どん」に投稿された感想・評価

ひでG

ひでGの感想・評価

2.0
0
昨夜は、楽しみにしていた「青天を衝け」が中止になっていた💦

「祭り」の外に居ると、祭りをみんなが無理して盛り上げようとしてるのが、なんか苦しくて、、

そこで??僕が観た「大河ドラマ」のランキング。

まあ、毎年観ているコアなファンではないので、正確じゃないけど、、あくまで個人の記録っす。

で、本作は、ワースト3位!

先に言っておくけど、
西郷どん役の鈴木亮平は、涙ぐましいほどの熱演で、この一年間の唯一の収穫。

鈴木亮平は、好き!
よく頑張って👍いました!

それにしても、原作が、脚本が
だめだね、本当にダメだった。

すごく生意気な言い方を許してください。

この原作者と脚本家は、歴史を描くということが全く出来ていない!

いくら西郷隆盛が主役だとしても、
この人物はなんなん?

こんないい人いるか?

貧しい民に、女性までも優しい
今の世の中にいても、最高の人権者だよね

歴史には、光と影があり、表と裏がある。

そこを描かなければ、物語の面白みは出ない!

特に一年間、安いヒューマンを見せられたら、胃もたれするわ、って大河でした。

ドラマは、最高点が4.0です。
鈴木亮平さんがどんどん大きくなって心配でした。
青木さんが良い演技でした。
二階堂ふみさんは小さな体に溢れる情熱を宿している感じが良かった。
上海十月

上海十月の感想・評価

3.8
0
鈴木亮平って意外に良い役者なんだなぁ。前半辛かったが奄美大島に流されてから面白くなった。二階堂ふみがハマり役。明治篇が回数少ないので西郷挙兵の描き方が微妙に変。本作で良いところは、西郷が遠島されたり京や東京から離れると周りの期待が高まり本人の気持ちと違ってきている事が描かれている。近年の研究だとやっぱり西郷は、新政府に対抗できると思って挙兵したのではないかと推測されてますね。西郷の奢りかもしれないとして。しかし、戦争らしい戦争もした事がない人達が短期間で国政を変革したのは驚きだと改めて思いますね。
Chii

Chiiの感想・評価

-
0
記録。
すごく良かった!
ピッタリのキャストですね(´▽`)
ストーリーも気になりすぎて一気見。
若い頃にこういうのを見ておけばもっと歴史が好きになったかなぁ(笑)
薩摩や土佐や会津の言葉、それぞれ特徴あって好きです。
ニコ

ニコの感想・評価

3.0
0
鈴木亮平、出演作で一番良かったのでは?
今までの役作りが、ここで花咲いたかのように
貫禄たっぷりで熱量を感じた。

一番印象に残るのは、二階堂ふみ。

二階堂ふみの持ち味が100%生かされた役柄だった。(待ってました)

(非凡役ではなく、こういうのを演じているのを
観たい。)
2021.04.02
#46
愛加那が一番印象に残った。二階堂ふみの演技が良かった。
憲

憲の感想・評価

4.8
0
青天を衝けを毎週見ているので、それに合わせて時代の重なる西郷どんを鑑賞。
まともに大河ドラマを見たのは10年以上前の龍馬伝依頼で、その時の西郷隆盛は優柔不断なイメージでしたが、"西郷どん"で描かれた西郷隆盛は民や友の為にまっすぐな思いやりのある方でした。
時代を超えて愛される理由が良くわかる。

天に生かされ"天命"という言葉が型にはまる西郷隆盛でしたが、優しさだけではどうにもならず、戦の鬼と化したり『天が味方せん時は 俺が味方してやる』と言っていた大久保利通に裏切られ、友との戦へと向かっていく彼を見るのは胸が痛かったです。

「おいは国とは『生きたいと思うもんの集まり』だと思いまする」という思いやり、"敬天愛人"の言葉の意味はしっかりと理解して、肚に落としたいと思います。


大河ドラマの良い所だと思うのですが、歴史の偉人たちが俳優さん達の中に入って自分たちを演じているような、素晴らしいドラマでした。
岩倉具視を演じた鶴瓶さんは鶴瓶さんにしか見えなかったけど(笑)
おかげ

おかげの感想・評価

5.0
0
ずっと最後の5話くらい残してあって、今更完結。めちゃくちゃ泣いた。笑

西郷先生、どれだけみんなに慕われてたの…
「敬天愛人」素敵な言葉だなぁ。

最後の大久保利通が悪者感出過ぎてて普通にやなやつだなって思いながら見てたけど、最後の映像みて、こんなに仲良しだったのにどうしてえええ!!って鼻水だらだらでさらに号泣した。

みんながみんな、日本の国を良くしていこうと思っているのにその願いがすれ違ってしまう、、、悲しいね。
NHKオンデマンド最高。ラストシーン、吉之助さあと正助どんのシーンがずっと頭から離れない。。。もう一回観たい。
ゆうです

ゆうですの感想・評価

3.2
0
後半が意外と面白くて予想外だった
きーさんと鶴瓶が良い
俺は長州と土佐が好きだからなのかもしれない
>|