ゆとりですがなにかのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「ゆとりですがなにか」に投稿された感想・評価

社会人1年目にリアルタイムで観て刺さりまくった。難しいことはよくわからないけど、クドカンは社会の雰囲気をすごく敏感に読み取ってるように感じする。グサグサくる。安藤サクラさんがすんごくいい演技してる。
sera

seraの感想・評価

4.5
0
大好きなドラマ
何回見ても笑える!
この3人大好き!北村匠海もすごい好きだった!
K

Kの感想・評価

4.3
0
久しぶりに見たけどおもしろいわー。最高の 3人。笑うところいっぱい。こういうドラマもっとしてほしい。おっぱいいかがですかー、笑
なかぞの

なかぞのの感想・評価

4.5
0

このレビューはネタバレを含みます

高校生のときに見てたんだけど、ゆとりちゃんと同じ歳になって見るといろいろ感じるものがあった。

「まーちんとしか結婚しない」っていう言葉が素敵でした。🥰
そんなプロポーズがいい!!!
これ好きだったなぁ〜〜〜〜〜おっぱいいかがですかぁ〜〜〜〜〜????
河童

河童の感想・評価

3.8
0
思わずストーリーおっちゃう。1.3倍速で。おもしろいよね。くどかん。
Aya

Ayaの感想・評価

3.4
0
最初ぐさぐさ来てたけど途中からは大丈夫だった。

自分に該当する、「これだからゆとりは」っていうのあって悔しかった。

恥かくか〜
ako4u

ako4uの感想・評価

4.0
0
主役3人がうまいなーーー
松坂桃李と柳楽優弥は前から好きでしたが、岡田将生を このドラマで 初めて いーじゃん!と思いました
仲野太賀も悪くないし、このドラマの安藤さくらは可愛い

当時、クドカン脚本のドラマを観たのが初めてだったんですが
面白いなぁ!と
シビアなこと書いてんのに 明るいし面白い
言葉のチョイス 会話のセンスが 抜群
キメるべきとこがばちっとキマってる

第8回後半のまーちんと茜ちゃんには泣いた。歴代プロポーズシーンベスト3に入る
「誰と」
「茜ちゃんと」
結婚式も めっちゃ良かった

「ダイゴくんが計算機を使える時代が来ると思う。それが本当の 平等」

「変わりたいもん オレ。この先変わらないなんて 耐えられないよ」

「貴方を男として認めてるから、だから 貸しを作るんです」

「イメージする自分と、おとろえゆく自分とのギャップに落ち込む日々。もっと曝け出せばいんだよ ダメな自分を」


感覚ピエロの歌う主題歌が ドラマにマッチしてました

“あんたの正義はいったいなんだ?”

ゆとりに限らず
すべての世代同士に 各々の正義がある
いや世代間に限らず、個人の数だけ 正義がある
生きることは、万人の万人への闘争
えむら

えむらの感想・評価

3.5
0
ストーリー ★★★☆☆
キャスト ★★★★☆
サウンド ★★★☆☆
フィナーレ ★★★★☆
リピート ★★★☆☆
premiumgal

premiumgalの感想・評価

-
0
登場人物、全員大好き。フィクションだって信じたくないくらい。ドラマが終わった今も、高円寺かどこかで生きててくれたらいいのになあ…

コメディなんだけど、扱うトピックの一つ一つがグサッとくる。好きなエピソードがいくつもある。

きちんと怒られたことがないから、自分が他人の心の機微に鈍感で、言動で人の神経を逆撫でしまくってるってことに気がつけないまま社会に出てしまった、新卒数年目。とか。(太賀演じる山岸)

同期入社したはずなのに、彼女(安藤サクラ演じる茜ちゃん)とのキャリアにどんどん差がついてしまう、鈍臭くて卑屈でクサクサした彼氏。とか。(岡田将生演じるまーちん)

お互い好きなのに、彼女が「鈍臭くて卑屈でクサクサしたあなたが好き、ダメダメなあなたのままで、一緒に幸せになりたい」と思ったタイミングで、その彼が「こんなダメダメな自分から脱却したい」と決心して、これ以上ないくらいのすれ違いが起きたり。

彼女の言動を勝手に卑屈な方に解釈してしまう彼と、そんな彼に「あんたの卑屈には付き合ってられない、甘えないでよ!」「でも大好きだよ」っていうスタンスの彼女。お互い好きなのに〜〜〜〜

一生懸命やってるつもりなんだけど、仕事に対する認識が明らかに甘すぎる教育実習生(吉岡里帆演じる悦子先生)に生意気なこと言われてバチギレる小学校教諭とか。(松坂桃李演じるやまじー)

働くって、生きるって、情けなくなったり、恥ずかしくなったり、惨めになったり、理不尽を被ったり、そんなことの連続だよなあ。だけどやってくしかないよなあ。やってった先で、きらめく瞬間に出会えるって信じてる、いや、そういうの正直もうよく分からなくなってきてる、けど、たぶん、走り続けるしかないんだよ。一緒に走ろうぜ。みたいな。

心底好きな作品です。人生一かも。
>|