プリズン・ブレイク ファイナル・シーズンのドラマ情報・感想・評価・動画配信

プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン2009年製作のドラマ)

Prison Break Season 4

製作国:

再生時間:44分

4.1

あらすじ

「プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン」に投稿された感想・評価

こたつむり

こたつむりの感想・評価

2.5
2
★ ここは底なし沼さ 抜け出せない
  そこは地雷原さ 歩み出せない 
  イヤだ イヤだ イヤだ イヤだ

完全に蛇足となってしまったシーズン。
「脱獄」を広義の意味で捉えたのは仕方がないとは思いますが…「タイトル詐欺」であるのも事実。

ただ、その辺りは擁護したい気持ちもあります。あの“龍の球を集める物語”だって、中盤以降はタイトルに結び付けるのが強引でしたからね(別の星でも集めていましたが)。「タイトルなんて飾りです。それが偉い人には分からんのです」というのも一理あると思います。

だけど、本作の場合。
それ以上に萎えたものがありました。

それは、プログラムを盗む方法。
なんとハードディスクに近づくだけでデータが盗めるのです。何それ。どういう原理なんですかね?せっかく、厳重なセキュリティで守っているのに、常日頃からネットワークに接続しているのでしょうかね?意味が分かりません。

勿論、ドラマの設定にツッコむのは野暮。
脚本に合わせて楽しむのが幸せになれるコツなんです…が、いやいやいやいや。太陽が西から昇り、東に沈んで許せるのは天才バカボンだけ。ドヤ顔で「盗め」と言われてもドン引きなのです。

やはり、前シーズンで終わりにすべきだったのでしょう。いや、第2シーズンで終わらせれば理想的でした。少年漫画でも顕著ですが「長期連載=面白い」ではないですからね。単行本が70冊以上あってもスカスカな作品もありますから。

あ。これは悪口じゃないですよ。
違いますよ。僕はあの漫画の話題なんて出していないですよ。死神(以下自主規制)

まあ、そんなわけで。
着地点が蛇足となってしまった哀しい物語。アメリカらしい話ですが…残念ですね。

ただ、そんな中でベリック先輩は救いでした。
というか、彼は『プリズン・ブレイク』の中で最も成長したキャラクター。ある意味で主人公だったと言っても過言ではありません。あのマホーンやティーバッグも霞むくらいですからね。最高だぜ、ベリック。
ゆりな

ゆりなの感想・評価

4.4
0
16時間ぶっ通しで見た自分に引いてる😂

ベリックーーーー😭😭😭😭

息つく暇もなくて、疲れた。
やはり私はスクレ推し🥺✨

このレビューはネタバレを含みます

マホーンは最後までマイケルを裏切らなかったんだね。
9話は自分でも引くほど泣いた、ベリックずるいよそれは、嫌なヤツだったじゃん。
MOEMI

MOEMIの感想・評価

3.8
0
マイケルTT
なんでそんなにかっこいいのー。

最後いろいろ盛り沢山で、設定もうグダグダ感あったけど、個人的には満足!!
ShotaSato

ShotaSatoの感想・評価

2.0
0
話を続けるためとはいえ設定が雑過ぎて途中から見れなくなった…
みほみほ

みほみほの感想・評価

4.2
0
いよいよ、シーズン4まで駆け抜けてきた🏃💨

そろそろどんなネタで勝負してくるのかによっては、運命の分かれ道ってところだけど、冒頭でまたかよ この流れ…とうんざりさせておいて、思わぬ形で大集結するのがとても嬉しくて、差した嫌気はすぐにぶっ飛んだ。そこにおいては、とても上手い展開だったと思う。
元々は探り合い、かつて敵同士だった者が、同じ任務を請け負ううちに痛みを共有して、恨みを乗り越えて分かり合う姿も物凄く良かった。

ただシーズン4の前半を丸っきり使ってようやく達成しても、簡単に打ち砕かれ…スキュラの取り合いでひしめき合い 騙し合う下りは退屈を感じたし、若干興醒めしてしまった。
エピソード16「マイアミ」~エピソード20「攻防戦」までは停滞気味に感じたし、最後はどうせMスコちゃんが勝つんだろ!って流石に今までの展開から思ってしまうので、そこまでハラハラ出来なかった。(もう万策尽きた!アウト!って時には必ず助け舟が来るしね…笑)

スキュラ…スキュラ…!!としつこくて、前半のベリックが霞んでしまったけど、最初はあんなに憎たらしくて嫌な奴だった彼が、シーズン2で痛い目を見て、さらにはシーズン3で命まで脅かされながらコテンパにやられて、人の気持ちを知り改心したのか、今では悪態つく場面もありながら、どこか人間味に溢れてて大好きだったキャラクターなので、あの展開には大号泣。しばらく息が吸えなかった。ベリックファンなのでとても寂しいし、彼の存在はプリズン・ブレイクを盛り上げる宝のようでした。(ウェストモアランドの猫ちゃんを殺ったのは今でも許せないけどね。)

このドラマの良いところは、登場人物それぞれをよーく描いて見せてくれるので、表面上だけでなく感情移入してしまう作りなところ。
その点、マイケルの手術のくだりで、懐かしい人が出てきてとても嬉しかったけど、その彼との約束がどうにも置いてけぼりにされてて、シーズン4を見終わった今、すごくもやもやしている。そもそもあの約束の時には すでに命の期限が短かったので、シーズン超えても割と丁寧に伏線が回収されているドラマなのに、その点だけはおざなりにされてしまったのが残念。送金だけして終わったのかなぁ…それとサラをフォックスリバーに引き入れたベリックとの間に、なにかエピソードがあるのかと期待してたのに、結局何もないんかーい!!ってなった。(色々な意味でシーズン5に期待…)

前半はなかなか面白かったけど、いつもながら度重なる裏切りと騙し合いの連続なので、真っ直ぐ観ずに裏をかいてしまうくせが出来ました(笑)それと暫く出てこないキャラクターは、必ず何かしらで突如登場してくるからテンション上がる。


プリズン・ブレイクのキャラクターの中で、人気No.1と言っても過言ではないティーバッグだけど……今回は特に可哀想だったなぁ。(シーズン3よりかは沢山いつものティーバッグ節が見れて嬉しかったけど)
彼は確かに極悪人だけど、何故か憎めない気質がある。一瞬でも営業マンとして振舞った時の姿とか、心の中で悪を手放そうと葛藤する姿を見ていて、とても切ない気持ちになった。いい事する度に裏切られて、スキンヘッド達にボコボコにされて、ずるい奴なんだけどなんだかとても哀れで、幸せになって欲しくて堪らなく辛かった。こういう事例を見る度に、育ちには抗えないからキツくなる。

シーズン3が短くて見やすかった分、シーズン4では時間を消費する為に、Mスコちゃん達に無茶させてる感じがして、エピソードが短くても良いからもっと濃くして欲しかった。
それとアジア人の彼の謎の裏切り行為やマホーンの報復(あの最期は見てられなかった。)など前半が割と張り詰めていただけに、後半戦のスキュラ攻防がつまらなく感じた。

考えてみたらマホーンだって元は組織の犬で、シーズン2ではMスコちゃんの仲間達をバンバン殺したような奴なのに、同じような存在の彼(将軍に雇われていた黒人)には情けもかけずにあのやり方で葬るのだから…ちょっと身勝手に感じた。自分は奴(雇われている黒人)と同じではないと言い聞かそうとしているような彼の抗いの表情がとても印象に残った。

全体的には後半の停滞もあって飽き気味ではあったけど、エピソード22「決着!」のラストに感動してしまったので、冒頭の良さと結末の感動で一気にスコアが上がりました🎶

アマプラではシーズン4にくっついてる形で、ファイナル・ブレイクがあるのだけど、フィルマでは映画扱いになって別物になっている摩訶不思議現象が起きているので、とりあえずエピソード22まで観たところでこの感想を書きました。


いつもサラが足を引っ張っては助けられ、そして助ける構図にちょっと飽きたし…皆新しい女とくっつくの早いな…と笑ってしまうけど、ベリック、ティーバッグ、(特に)ケラーマンが大好きになれてとても楽しいドラマでした。

それが誰であれ、電気椅子に座るという光景を見ると恐ろしさに胸が苦しくなるし、大統領はどこに雲隠れしてるんだ…ともやもやした。ドン・セルフのあの結末にも。。

まだまだファイナル・ブレイクと、シーズン5という楽しみが残っているから解決するかもしれないし、しないかもしれない。Mスコちゃんが降板して続編は不可能になっても、何かしらでまたドラマが復活してくれたら良いなと願っています。
RickMorty

RickMortyの感想・評価

4.0
0

このレビューはネタバレを含みます

面白いけどだらけた

パナマの刑務所から脱獄したあとも逃げるために色々ある
かめ

かめの感想・評価

4.5
0
裏切って裏切られて、何回同じこと繰り返してんねん!!!って途中でなってたけど、もうキャラクターたちに情が移りすぎてそんなことはどうでも良くなってくる。
個人的にスクレが出てくる時の、ギター?なのかな?優しい音楽がジーンとくる。
みんな幸せになってほしい、って誰目線なんだろうって気持ち。
MERY

MERYの感想・評価

4.2
0
敵サイドも見方もみんなが協力するのすごく胸熱展開で先が楽しみすぎる
halu

haluの感想・評価

4.1
0

このレビューはネタバレを含みます

お母さんが生きてたの衝撃的な上に平気で息子のこと撃つし、2人は本当の兄弟じゃないとか驚きの連続すぎた笑
マホーンがイケおじすぎるしマイケルと協力とかもう頭が良すぎて2人めちゃ好きですわ
>|