The Comey Rule(原題)のドラマ情報・感想・評価

「The Comey Rule(原題)」に投稿された感想・評価

まー

まーの感想・評価

4.2
0

このレビューはネタバレを含みます

トランプ大統領により解雇された元FBI長官の暴露本『より高き忠誠 A HIGHER LOYALTY 真実と嘘とリーダーシップ』の映像化作品。

前編はヒラリーのメール問題。
大統領選を前にして浮上するヒラリーのメール問題を捜査するFBI。
どう転んでも大統領選に影響してしまうFBIの苦悩と苦渋の決断。
公平さを保つためには仕方なく、長官としてFBIを守るためには仕方ないの連続。

後編はトランプ大統領のロシア介入疑惑についての話。
トランプからの圧力が半端ない。
コミーはFBIは政治とは独立した機関で公平で中立な立場を貫こうとしたけど、トランプの自分への忠誠心を誓わせようとする姿を見て吐き気がしたし、アメリカの司法制度がトランプによって崩れていく姿は見ていられなかった。

真のリーダーシップとは?
FBIと国民のため、トランプからの圧力にも負けず悔しい気持ちを抑え、どんな困難な状況でも誠実なコミー姿を見てこんな上司の元で働きたいなと思った。

ラストがなかなかショックの連続で、コミーが解雇されただけでなく、一緒に仕事した仲間たちも解雇や辞任していたのもショックだったし、最後のテロップで2020年大統領選にもロシア介入という文字が流れてえーー!ってなってしまった。

普段流して見てたニュース。
裏側がこんなだったなんて、、、
このドラマを2020年大統領選が終わった後に見て良かった。
ユンファ

ユンファの感想・評価

4.1
0
元FBI長官ジェームズ・コミーがトランプをボロクソに書いた暴露本をドラマ化。
現職大統領をここまで悪辣に描けるあたり、流石は自由の国。
最近では「リチャード・ジュエル」の脚本などを手掛けているビリー・レイの演出は手堅く、前後編合わせて3時間を越える長尺も感じさせない。
特にトランプ登場以後の緊張感は尋常ではなく、良くも悪くも興味深いキャラクターであることは確かだ。
にしても、アメリカはロクな政治家がいないなあ…日本も同じか。
coda

codaの感想・評価

4.0
0
コミー長官の倫理観の高さと当時の
葛藤を知れて良かった。
有名どころの当事者を把握してたので
映像が加わってより整理できた。
トランプとその取り巻きどもの反吐が
出るような卑怯さが対照的。
大統領を降りてからが本当の楽しみ。
MayumiM

MayumiMの感想・評価

4.5
0
職務という使命に忠実であることが仇になるってどんな世の中だ一体。

それにしても、メラニアさん出てこなかったなァ。誰が演るのか楽しみだったんだけど……。
シネマ

シネマの感想・評価

4.0
0
オバマ在任中にFBI長官になり、トランプに解任されたコミー元長官の暴露本が元のドラマ。Showtimeが制作しただけあって面白かった。コミーさんの人物像がよくとらえられなかったのだけれど、ヒラリーのメール問題、トランプのロシア疑惑の事がわかった。懐かしのフリンさんも登場し、名字のとおりの事を昔して首になった元軍人だったと記憶。今やロシアの公然としたスパイになってるのね。制作も含め有料放送の醍醐味を感じる作品。
mayaramu

mayaramuの感想・評価

4.1
0
政治、社会情勢にうとい私にも面白く、一気に見てしまった。
新聞の見出しやテレビニュース程度の軽く浅い知識しかなかったけれど、そんな散らばっていた出来事がつながり、事件の流れやそれぞれの心情なども分かって良かった。

でも、それよりも心を打ったのはコミー氏の仕事に対する姿勢。公人であっても、誰の方を向いて仕事をしているのか、しばしば忘れたり、忘れたフリでやり過ごす事は多いのではないかと思う。
国民の為という揺るがない覚悟と誠意に涙…でした。
前編はヒラリーメール問題に揺れるFBI苦渋の決断、後編はロシアゲートでひたすらトランプに圧をかけられる長官の姿が描かれる。疑惑の衝撃度合いと現実のやるせなさがなかなかヘヴィ…。
jeanoak

jeanoakの感想・評価

3.5
0
大統領選の裏側、側面が分かる。そして奇しくも本日が、またその大統領選。

最高権力と距離を置く、中立的立場を貫くことの難しさが分かる。そしてその中立性が求められる機関が少しでもどちらかよりになると、途端にそのパワーが強靭になり、周囲への影響力が増す。。

さて今度の大統領選はどうなるか…
Walkure

Walkureの感想・評価

3.8
0
アクションがないので地味な印象だが、こういう作品が制作される事自体米国の懐の深さを感じる。
tomomo

tomomoの感想・評価

3.8
0
どうなるんでしょうね、大統領選。
トランプ大統領から解任された元FBI長官による暴露本を映像化。

2016年11月、共和党候補ドナルド・トランプが民主党候補のヒラリー・クリントンを破って次期大統領に決まる。コミーはFBIによる私用メール問題の捜査がヒラリーを落選させたとして世間のバッシングにさらされる。そんな中、ロシアがアメリカの大統領選に介入していたことが明らかになるが、疑惑が解明されないまま新政権が誕生。
コミーはトランプ大統領に取り込まれないように距離を保とうとするが…。