日本沈没ー希望のひとーのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「日本沈没ー希望のひとー」に投稿された感想・評価

Yムラカミ

Yムラカミの感想・評価

3.5
0
「ドントルックアップ」と同様に、日本沈没を唱える人間とそんなの信じないという人間の対立構造を描いている。

ストーリー構造として主人公サイドが日本が沈没することで報われるというものなので、ディストピア系になりがちでありあまり予想を大きく越えなかったという気がする。
xre25vn

xre25vnの感想・評価

3.0
0
設定5/脚本3/役者2/映像音楽2/個性3

詰め込みすぎだなー・・
アニメ版とちがい、全然つまらないということではなかった。主人公界隈の掛け合いは考えさせられるところもあったし、移民交渉の展開は安易と感じつつも『日本沈没』でしか描けない何かを見ているという感じはあった。

ただ全体を通してテーマがとっ散らかっていたせいで良さが半減。自分もご多分に漏れず「未来推進会議が無能」「日本がなかなか沈没しない」のイライラはかなり強かった。未来推進会議は役者ばかり批判されてるが、中村アンが英語を話すシーンに苦言を呈してたエピソードからも分かるように、台本が相当残念なのでは。官僚の能力ナメてる…?

『半沢直樹』は優秀すぎてコロナ禍のメッセージとかうまいこと足し込んで綺麗にまとめてたけど、今回は無駄にハードルあげないで本来から描きたかったことを描ききってればもう少し見やすかったのかなー?もったいなさを感じる作品でした。
moviey

movieyの感想・評価

3.6
0
日本が沈没する…?

タイトル通り、日本が沈没していく話。
恐ろしさはもちろん、ハラハラドキドキ。
日曜劇場感たっぷりで、濃かったー。
これ観たあとに現実世界で地震がくると怖いのよね。
人間が暮らす地球環境が破壊されないためにも、人間自身が危機感高く、地球守っていきましょう!
roromasa

roromasaの感想・評価

3.0
0
詰め込みすぎな気もしたが、しょうがないかな
もし現実になったら移民は辛すぎるね
ユーロ

ユーロの感想・評価

3.5
0
面白かった!日本が衰退して各国に移民するって言うのは皮肉を込めた比喩表現したかな・・。
jonajona

jonajonaの感想・評価

3.6
0
結構好き。とびとび鑑賞
ディザスター映画が好きなので日本沈没をやってくれて嬉しい。小松左京の日本沈没オリジナルの方は未見

ディザスタームービーとして凡愚ですが主人公達が全く市井の人々ではなく国を動かす官僚や政治家で、日本という巨大企業がぶっ壊れていく中で腐った内部闘争を繰り広げながら社員たる国民を守れるか話し合う幹部達の舌戦を見るというスタイルは『半沢直樹』に近いものがあり、同時に『シンゴジラ』的とも言える。ちゃんと名作を踏まえて作ってる感があって前半はたのしめる。
香川照之演じる博士がもはや完全に預言者なのがわかりやすくていい。
反面、こいつらは上の方から沈没眺めて情報を秘匿するか後悔するか喧嘩してるけど下々のものが映らないのでいい気なもんだなぁとも思う笑
後半から主人公のやってる事が市民第一というのじゃなくなって、老害政治家に毒されて失敗に向かってる気がするのに何やかんやいい音楽流れるのがむむむ!川平ジェイ!
国民の為に自己犠牲するぞ!みたいなタイミングでいい音楽がかかると反射的に身を捩って🥴舌ベロベロ👅しちゃいそう、あひゃや〜〜

大事変を前にした時の国ってこんなだろうかね。大問題を前にしてもうまくいかないってのはよくできてる。実際はもっとひどいと思うけどなあっ!
MrKATO

MrKATOの感想・評価

4.0
0
TBS「日曜劇場」はあの「半沢直樹」に代表されるヒット作を生み出していますが、これまで何度も映像化されている「日本沈没」をどう料理するのか、興味深々でした。(私たちの世代では、終末思想、パニック映画としての「日本沈没」ですから)

本作、本当に上手くアレンジしたドラマになったな、というのが感想です。(小松左京が描きたかった「日本人が国を失い放浪の民族になったらどうなるのか」に及んでいるところなども)

まずは「地球温暖化」という今どきのテーマを中心に据えたこと。次に関東沈没、日本沈没の二部構成にしたこと。これまでの映像化では、まず地方での異変が起こり、その後の「関東大震災」が最大の見せ場だったんですが、いきなり関東の危機、首都の危機を持ってきたのは(主に関東圏の)視聴者を掴んだと思います。それに伴う官邸内での権力闘争の現実感、「関東復興支援」「がんばろう東京」などのメッセージもかなり刺さるものでした。(このあたりは「シン・ゴジラ」にも通じてますよね)

そして「日本沈没編」。ここでも特撮を駆使した、日本沈没の惨状ではなく、市井の人々の複雑な想い、絶望と救いを描き、さらに日本人移民の受け入れに対する世界各国の反応を描いています。(各国の受け入れに対しての反応は、ややファンタジー「楽観」かな、とも思いました)

最終回で驚いたのは、「感染症」を持ち込んできたこと、明らかに「コロナ禍」を意識した展開。(これもまた「地球温暖化」に結び付けた離れ業)もはや沈没より、感染症の方が深刻度が高いシーンでしたよ。
これまでにない、田所博士という「変人」を、創作した香川照之を始め、若手俳優陣も好演。掘り出し物のドラマでした。世界での反響も気になります。

「現実には人類の事業はすべて地球の活動に影響を及ぼしている。環境を無視してきたツケが回ってきたんだ」
「正しいことをした人間や弱い立場の人間が理不尽な思いをする。そういうのが私許せないんです」
「結局俺が見ていたものは、株価と為替の数字だけで国民一人一人の顔は見えていなかった」
「もっともっと恐れた方がいい。人間はこの地球があるからこそ生きていけるんだ」
グッチ

グッチの感想・評価

1.2
0
社会人5年目。コロナ禍の時のドラマ。豪華キャストだったけど引き込まれなかった。途中離脱。
みずーん

みずーんの感想・評価

2.4
0
一体いつになったら地球が崩壊していく映像を見せてくれるんだ!邦画あるある
俺

俺の感想・評価

2.9
0
詰め込み過ぎでは?と思ってしまった
キャストは良いのに薄い感じが残念
1つ1つをもっと深く掘り下げて欲しい
>|

あなたにおすすめの記事