家族シネマの作品情報・感想・評価

家族シネマ1998年製作の映画)

가족시네마/KAZOKU CINEMA

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

3.0

「家族シネマ」に投稿された感想・評価

joker

jokerの感想・評価

3.0
予想はしていたが、
あまり面白くはなかった。

脚本は興味深いのだが、
俳優がそれに伴っていない印象。

やはり『命』クラスの俳優とスタッフが揃わなければ、柳 美里さんの戯曲は壁が高い。

金さんのどこまでアドリブか分からない芝居は、面白かった。
Atomy

Atomyの感想・評価

3.2
ギャンブルにはまり、長年家族を顧みてこなかった父、キャバレーで働く母、会社員の長女、無職の弟。個性豊かな彼らが、AV女優の次女の頼みで、実録の家族映画に出演することになる。

台本があって初めてカメラの前に存在する家族が、なんだかみょーに面白かった。特にお母さんがめっちゃいいキャラ。女であることと母であることを悪びれすやってのけている。

一番上時みな長女も、写真を撮られるシーンでは弾けまくっていて、誰かと思った。

原作は柳美里著の同名の小説。長女を演じているのは、柳の妹。
ちなみに、父役は、恐らく作家のヤン・ソギル。