メリーさんの電話の作品情報・感想・評価

「メリーさんの電話」に投稿された感想・評価

こってりさんこってりさん
ホラーシーンが暗くて意味わからないやつでした。もうこればっかりは面白いとか以前です...
上杉奈央目当てで観ました。内容はB級にも満たないC級。上杉奈央の初々しい演技が○
ミツヒ

ミツヒの感想・評価

1.5
木々が青々と繁ってるのが和製ホラーの雰囲気に合ってないからロケーションか撮影時期を考えた方がいい、多用されるズームで安っぽい画が余計安っぽくなる、キャリーとかの過去作からの引用もそのまま過ぎて気の利いたオマージュとは言い難い
ノッチ

ノッチの感想・評価

1.5
女子高に通う美奈子と真由子は、空手部に所属するライバル同士。

彼女たちは強化合宿のため、山奥にある合宿所で寝泊まりを始めるが、ある日突然部員の沙織が発狂してしまう。

それを引き金に、10数名いたはずの部員たちが一人、また一人と姿を消していく・・・

誰もが知っている禁断の都市伝説、「メリーさんの電話」をモチーフにした学園ホラー。

メリーさんの電話と言えば都市伝説だが全く違う話。

メリーさんの電話としては話がかなりずれています。

メリーさんの目的意識が分からなくなって、なにがしたいのかよく分からない内容。

ぶっちゃけ 「お前本当にメリーさん元ネタにする気あんのかよぉ!?」というレベル。

出だしはかなり雰囲気ありましたが、合宿が始まってからはグダグダで、肝心のメリーさんも一貫性が無くて、正直もう一歩感は否めなかったです。

そして、いきなり話は『13日の金曜日』のような展開に切り替わる。

と言うかほぼスラッシャー映画な後半の展開はまあ個人的には嫌いじゃないですが、 攻撃対象間違ってない?的な部分が妙に気になって、あんまりスッキリしなかったです。

そんな感じで描写不足でちぐはぐな作品なので、お勧めはしません。

けっこうハードル下げて観たつもりなんですけどね・・・
het

hetの感想・評価

1.0
合宿でこっくりさんとか言ってエンジェル様したりする
メリーさんとは
S

Sの感想・評価

1.0
Netflixにあったので。
友達と夜中にキャッキャッして観る用には良いね
ピースしたの、ホラー映画としてはなかなか笑わされました
Netflixより鑑賞

ひどすぎてひどすぎてやばかったです
メリーさんほぼ関係ない
わけわからんゾンビ出てくる
最後キャリーのパクリ
ひどい大根役者だらけの学園祭映画でした
都市伝説のメリーさんを無理やり話に絡ませてきた感じが強い。
最後の方はもうただのゾンビ映画。でもそこだけは面白かった。
美人な先生に重い監督責任が問われていそうで心配。
minorufuku

minorufukuの感想・評価

1.0
都市伝説「メリーさんの電話」を題材にしたホラー作品。

……とてもつまらなかったです。

秀逸かつ端的な小話であるところのメリーさんの電話を長編映画にする企画として、アプローチそのものが間違っている映画。

冒頭、都市伝説の内容説明が掲示されたあと、舞台は女子高の空手部の強化合宿に移る。その場所が山奥で電話が圏外になるそうな。電話の都市伝説なのに圏外! 怪異にそんな常識は関係ないけど、よりによって…
プロデューサーに「アイドル主演で合宿を舞台にしたホラー作りたいんだけど、何かない?」と言われて書かれた脚本なのではと疑うレベル。その脚本もかなり酷い。やはり合宿ものとメリーさんの都市伝説が結びつかないため、異変が起きるたびに登場人物たちが「これはメリーさんが原因だわ」と言わせないと話が進まない。相当に不自然。合宿の夜に女子たちがコックリさん(劇中ではコッテリさん^_^)に興じるシーンがあるのだから、こっくりさんの映画にすればスムーズなのに…前例多すぎるけど。
終盤、擬人化されたメリーさんが登場するが、これがまた低クオリティ。みため怖いメイクさせて、何故か斧を持っていて、ワーと叫んで襲ってくる。叫ばせると不気味さゼロになるからやめさせろや。

しかし、なしてこんな酷い脚本ができあがるのか? 脚本は普通だったけど撮影現場で改変させられたのかも!と考えたが、脚本書いた人が監督だった。
記録用。 あやりん目当てでした。でもメリーさんあまり関係ない気が、、
>|