ドロメ 女子篇の作品情報・感想・評価

ドロメ 女子篇2016年製作の映画)

上映日:2016年03月26日

製作国:

上映時間:98分

3.1

あらすじ

海が見渡せる山の上にある男子高、泥打高校と山の麓にある女子高校、紫蘭高校は来年から共学になることが決定している。来年の統合を見据えて両校の演劇部は合同合宿を男子高校で行う事となった。颯太(小関裕太)たち男子校部員は女子部員との出会いに胸を膨らませ、女子校部員たちを待ち、小春(森川葵)たち女子校部員は男子部員との出会いに期待と不安を抱きながら男子校へと山道を向かう。道中、女子たちは崖の下で泥まみれ…

海が見渡せる山の上にある男子高、泥打高校と山の麓にある女子高校、紫蘭高校は来年から共学になることが決定している。来年の統合を見据えて両校の演劇部は合同合宿を男子高校で行う事となった。颯太(小関裕太)たち男子校部員は女子部員との出会いに胸を膨らませ、女子校部員たちを待ち、小春(森川葵)たち女子校部員は男子部員との出会いに期待と不安を抱きながら男子校へと山道を向かう。道中、女子たちは崖の下で泥まみれになった観音像を見つける。男子校に辿りつき、いよいよ男女合同合宿が始まったのだが、恐ろしく、そして奇妙な出来事が次々に部員たちを襲っていく。そして、次第にそれは昔から山に言い伝えられている“ドロメ”の仕業であるという事が明らかになって行く….。

「ドロメ 女子篇」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

2018/08/20
小春ちゃんが可愛いから+1.0点

…なんでこれ観たんだっけ?笑

1つの話を男子編、女子編と2つの視点でそれぞれを単体の映画にしてる、その構成は面白いけど…

内容が…
何度か寝落ちしながら、なんとか見終えたけど、いつか男子編を観るときは来るのか…
dude

dudeの感想・評価

3.8
いやー幸せ。日が進むごとに現象が加速していく感じは『ヘルハウス』っぽいしカーテンに包まってスライドしていく動きとか不気味なんだが、結局のところ女子高生たちの少しヒリヒリしつつワイワイやってる感じが楽しい。感染者?を一度ぶっ殺せば正気に戻るという超ご都合主義で貪欲なルール設定もそれでいいのだ。「やったー!」
小夏

小夏の感想・評価

-
予想外にも胸が苦しくなるような女の子の世界を垣間見れた。ホラーというジャンルでいいのか?と思うくらい青春映画で、青春映画好きに見てほしい。爆音の中、ドレスを着て金属バットを振り回す森川葵が可愛い。
Yu

Yuの感想・評価

-
男子編先に見ての鑑賞ってやらしい身体してんな‼やっぱり花火のシーンは見ててハッピーになれたってやらしい身体してんなァ‼結局みんなそこそこ見せ場あって楽しそうなのをたくさん見れてよかったってやらしい身体してんなァ‼
やらしい身体してんなあ!!!
ヒョー

ヒョーの感想・評価

2.1
今回は作品のレビューとは関係ない話がメインとなりますので興味ない方はそっ閉じでお願いしやす。

じゃまずレビューから。
森川葵が可愛いかった。
森川葵が出てなかったら最後まで見なかった。以上

短いながらも的確なレビューが書けました。
(自分で言うな)

では今回のメインです。
本当は今日『ハン・ソロ』を見に行きレビューあげる予定でしたが雨なので断念しました。
(だって外出たくないし)
そこでこんな企画を考えてみました。

『劇場鑑賞ビギナーだった私が感じた映画館についてのアレコレ』

普段なかなか書けない事なので今回は思う存分吐き出したいと思います。
✌( ͡° ͜ʖ ͡°)✌オエー

①映画館の座席について
前はできるだけ真ん中付近で見たいと思っていたのですが最近考えが変わってきました。
ここしばらく前後左右色々な席を試してみた結果、意外といいのが後ろの席。
メリットとしてはスクリーンを見上げなくていいので首が疲れない。
それと音も良いと思います。
デメリットとしては劇場全体が見えてしまいスクリーン以外の色々な情報が目に入いる事ですかね。
基本は真ん中がいいですが観客が多い場合は迷わず後ろの席に決めています。

②時間チェック
みなさんは映画鑑賞中に腕時計をチェックしますか?
私は100%チェックします。
けして映画に集中してないわけじゃなくバロメーターとしてチェックするんですね。
例えば二時間の映画の場合、ちょうど半分の一時間かな?と思うタイミングでチェックするのです。
だいたい一時間ぐらいの場合は普通に楽しめてる。
一時間をとっくに過ぎている場合は集中して見ているので相当面白い作品。
逆にまだ40〜50分ぐらいの場合はあまり集中できていないのでイマイチとか。
そんな感じで自分がどれぐらい楽しめているかのバロメーターとして時間を見るのです。
これは毎回のルーティーンとなっていますね。

③パンフレットに対しての要望
今の製本したパンフレットも従来通りあってもらっていいのですがそろそろデジタル販売もして欲しいです。
パンフレットも数が増えるとかさばるんですよね。
これ以上物を増やしたくないからデジタル化希望です。
それと気軽に外で読めるので暇つぶしにも出来るしね。

④朝一鑑賞の特権
私の場合スケジュールの関係で朝一で見る事が多いんですよ。
特権としては劇場が空いている。
それとイオンシネマだと午前10時までに始まる映画は500円も安く見れるんです。
それとこれが大きい。
電車に乗って劇場に行くんですが周りは学生や社会人がいっぱい。
他の人はこれから仕事や勉強をする中で私は映画を見るという優越感。
これがたまらない!
いつも心の中でニヤニヤしてますw

⑤映画終りはケンタッキーかマック
うちの近場にある映画館は全部で6館あるんですが何故かすべての映画館の近くにケンタッキーとマックがあるのです。
(駅前に映画館があるからでしょうけど)
朝一で見るので終わるのがだいたい昼頃。なので昼飯はほぼケンタッキーかマックで済ませるのです。
私の中では映画鑑賞とセットになっていますね。
ちなみにポップコーンは食べません。
だってポップコーンでお腹いっぱいにしたくないからw
みなさんもそういうの何かありますか?

⑥エンドロール問題
一応最後まで見ますがエンドロール長くないですか?
正直あの時間は退屈なんだよな。
そこで提案!エンドロールには必ずNG集を付けるというのはどうでしょう。
これなら最後まで退屈せずに楽しめる。
ただ感動系の作品にNG集があったら台無しだけどねw
余韻もへったくれもないわ。

そんな事で私が感じた映画館のアレコレを発表してみました。
まだまだ色々ありますが今回はこの辺で終りにしたいと思います。
Haman

Hamanの感想・評価

3.4
すんげえ可愛いわけでも不細工なわけでもない、丁度良い塩梅の女の子たちなんで目の保養には十二分。仁志敏久のパワプロの能力みたいな丁度良さ。
内容には特に触れないでおきたい。
B級ホラー映画なんですけど、もちろん森川葵目当てで鑑賞(*´∀`*)

来年度から合併して共学になる予定の男子校の演劇部と女子校の演劇部が ひと足早く合同合宿を行うことに。
その合宿中に起きた怪奇事件を扱った作品。

同じ内容を女子メンバー目線で描いた「女子篇」と男子メンバー目線で描いた「男子篇」の2種類があって、両方見ることでそれぞれの描かれなかった内容を補完しあうとのこと。
どっちから見ても楽しめるらしいんですけど、私は「女子篇」からの「男子篇」って順番で♪

ドロメと呼ばれるゾンビっぽい生物が出てくるけど、そこまでホラー映画っぽくなかったかな~。どちらかと言うとコメディ色が強かったし、青春映画っぽい雰囲気だったし。(ジャンル変わっとるやんw)

演劇部の合宿なんで舞台の練習風景がメイン。でも演目に「シラノ・ド・ベルジュラック」をチョイスしたのはなんでだろう。本編のヒントが隠されてるのかなぁ~って思ったんだけど、そうでもなかったし。
最後もあえて説明不足で謎を残す終わり方だったんで、これはもしかしたら「男子篇」への壮大な伏線とか!?
どんな展開なんだろ。これは期待しちゃいますな♪
観たよ

主人公がイライラ可愛い😍

ドロメさんあんなビジュアル怖いのに皆んな根性あるわ😂
泣き虫

泣き虫の感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

ドロメのビジュアルやばい!!!!
怖い!!!!
最後、ド級のドロメはあの人数で勝てるのかー!!?

泥を吐き出せば助かるという、優しい設定。
キモイキモイと思ってた桐越先生、どこに行ったのかなー?
19

19の感想・評価

3.2
男子編への序章と思って見る方が良い

女子あるある 分からなくもないけど、あるある!とまではいかない感じ笑
>|