ドロメ 女子篇の作品情報・感想・評価

ドロメ 女子篇2016年製作の映画)

上映日:2016年03月26日

製作国:

上映時間:98分

3.1

あらすじ

海が見渡せる山の上にある男子高、泥打高校と山の麓にある女子高校、紫蘭高校は来年から共学になることが決定している。来年の統合を見据えて両校の演劇部は合同合宿を男子高校で行う事となった。颯太(小関裕太)たち男子校部員は女子部員との出会いに胸を膨らませ、女子校部員たちを待ち、小春(森川葵)たち女子校部員は男子部員との出会いに期待と不安を抱きながら男子校へと山道を向かう。道中、女子たちは崖の下で泥まみれ…

海が見渡せる山の上にある男子高、泥打高校と山の麓にある女子高校、紫蘭高校は来年から共学になることが決定している。来年の統合を見据えて両校の演劇部は合同合宿を男子高校で行う事となった。颯太(小関裕太)たち男子校部員は女子部員との出会いに胸を膨らませ、女子校部員たちを待ち、小春(森川葵)たち女子校部員は男子部員との出会いに期待と不安を抱きながら男子校へと山道を向かう。道中、女子たちは崖の下で泥まみれになった観音像を見つける。男子校に辿りつき、いよいよ男女合同合宿が始まったのだが、恐ろしく、そして奇妙な出来事が次々に部員たちを襲っていく。そして、次第にそれは昔から山に言い伝えられている“ドロメ”の仕業であるという事が明らかになって行く….。

「ドロメ 女子篇」に投稿された感想・評価

ほしの

ほしのの感想・評価

4.8
これ結構すごいね!チグハグさが絶妙に機能してる。

冒頭から女子高生3人の楽しそう感がハンパない。なんなんだあのルンルン感は!つかみが上手い映画は良い。観る気がグッとあがる。

青春とホラー、あるいはアイドルとホラーって感じ。ホラー演出がちゃんとしてると思う、自分はすごく怖かった(自分がすごく怖がりだっていうのと、プラス 登場人物に肩入れしてたからか)。

泥、泥で汚すってあたりがいいですね〜。ドロドロドロ〜

1番 ダントツで良かったのは、仲直りの鼻チュー 。どんなけ可愛いんだよ!何かが炸裂してた。

バット振り回しもなかなか良いけど、リンチがまあまあしつこいあたりにグッとくる。ルサンチマンとかリンチとかとても上手に扱う監督だと思う内藤瑛亮は。とても信頼してる監督。


森川葵の表情をしっかり撮っておくところも良かった。内藤瑛亮すごいね。森川葵 とても可愛いね。あと、内藤瑛亮映画の教員の配役や演出がツボ。

男子編は見ないです。男子高生には興味ないので。
中途半端すぎるB級、としか思えませんでした、、、
90分返して欲しいっす。
次男

次男の感想・評価

2.7
こういう中途半端な出来の作品って、マイノリティ嗜好というある種の選民感をもった観客たちに、生暖かく見守られているような気がする。その面白さを僕も味わいたかったけれど、ごめん普通にまったく面白くなかったわ!

◆◆

ハサミのくだりたった一つでホラーのテイストをちゃぶ台返しさせたのはすごい!と思いつつ、そうやってホラーを茶化したような姿勢に、なにか憤りを感じてしまった。だって、茶化したことでコメディをするでもなく面白い展開になるでもないのだもの!ただただ茶化しただけ。ただ真面目から逃げただけ。ドロメも、急に伝染したりワープしたり、とにかく設定がルーズすぎ。低予算だから?サブカルだから?奇抜な作家性?「敢えて」を便利使いするのは違うと思うし、低予算だろうがアイドル映画だろうがスプリッタだろうが、本気で詰めに来てくれよと思う。設定を詰めるのに金はかからんでしょ。

なんて、マジレスするのも無粋なのかな。へらへらと生温い温度感で接してればいいのかな。

◆◆

引き画の中で起こるホラーアクションは素敵だったし怖かった、特にトイレでドロメが出てくるところ!ワンシチュエーションで引き多めなのにあまり退屈しなかったのは、なんだかんだ言って楽しんだ証拠なのかしら。(カットバックがゲロ長いのはこの監督の作家性なのか90分確保の尺伸ばしなのかどっち?テンポが死に腐ってた気がするのは固定観念にとらわれすぎてるのかな)。

◆◆

「嫌なら見るな」?たしかに!男子編観たらどっか行くね!
女子編と男子編で同じ話で視点が変わるのっておもしろいなと思ったけどB級感ハンパない。
高校生の頃の友情ってこんな感じだったかもと懐かしく思った。
普段ホラー見ないから笑ってしまった。
まゆみ

まゆみの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

小関ゆうたイケメン!
ドロドロにゆるーく追いかけられて最後みんなで叩いてたおすあほーな感じだった
ひろ

ひろの感想・評価

3.0
ホラーというより特撮?壁の目がキョロキョロしたのは笑った(о´∀`о)森川葵のゴスロリ金属バット。
水の街

水の街の感想・評価

4.0
はじける青春、そして泥。

森川葵のタータンチェックのミニスカート最強って、ファーストカットから目を奪われていたら、あれ?皆同じスカート、あっ!制服なのね、と期待ふくらむ部活もの。

「強風待ちでーす。」と、そのタータンチェックのミニスカートを本気でめくりにいったであろう制作陣の精神に、まず敬礼。

煮え切らない恋愛よりも怪奇が先に来るテンポも良く、ストーリーに沿って眼福な衣装替えをするあたりは神業ではないですか。どんなに地味でも、可愛い子が来たジャージが、一番カワイイと立証してしまう葵ちゃん、万歳。欲いえばメイド服も見たかった。いや、見たことあった。

今やアイドルの必須条件とも言われる過呼吸から、花火にはじまり、構えにおわる、葵ちゃんスイッチ、もう堪りません。寝る時はNew York Dollsのミカちゃんがまた超いい子、女子の友情が微笑ましい。


で、素敵な海でしょ、駿河の湾奥。マイロコです。
ued

uedの感想・評価

-
私ホラーダメなんだけど、
森川葵と小関裕太が好きなので見ました。

泥って、みずかけたら流れるんじゃない?
首見つけたんだから首くっつけたらいいじゃん。
ハサミが1番恐怖✂️悪意ある。
「リップの塗り方キモいんだよ!!」

怖すぎるってわけじゃないけど、
ただただ気持ち悪かった…
レビューで男子編の方が怖いの出てくるって聞いたので、
男子編はみるのやめようと思いました。

森川葵はとっても可愛いです
Rookie

Rookieの感想・評価

3.3
ホラーではなく、ほらーって感じ笑
青春コメディで大好きです笑

主役の子可愛いよ可愛い
「おばさんの荷物も運んでくれるー?」
ホラーではない。(笑)別物としてみると、大好きだった木曜の怪談に似てなくもなくて懐かしい気持ちになれたので観てよかったかな?(笑)
でもラストがよくない。
>|