支那海の作品情報・感想・評価

「支那海」に投稿された感想・評価

Ricola

Ricolaの感想・評価

3.8
物語は香港から始まる。アラン・ガスケル(クラーク・ゲイブル)を船長に、キンルン号はシンガポールへ向けて出発しようとしていた。彼の情婦、チャイナ・ドール(ジーン・ハロウ)も彼を追いかけて船に乗っていた。また、出航間際に乗ってきたシビル(ロザリンド・ラッセル)はガスケルの昔の恋人だった…。


とにかく、クラーク・ゲイブルが男前すぎる…!!冷静沈着だったのに、シビルの前ではニヤけるというギャップにやられた。頼れるし、冷静な判断できるしとにかくかっこよすぎる。

ストーリーは恋愛だけではなくて、アクションやドラマ要素もあって飽きることなく見応え抜群だった。

特にアクションは嵐のシーンや海賊との戦いなどには目を見張った。

中国人の描かれ方が結構気になったけど、やはり時代背景も大いに影響してるのだろうか。
お恥ずかしながら「チャイナ・シー」が本作だとは知りませんでした。
通りで見つからないはず(笑)

いつも何かにつけてウザくなるほど自分の傍に居てくれた人が、実はこんなに愛おしい人だったのだと手遅れになるまで気づけなかった若き日の自分の浅はかさを思い出す。
本作のクラーク・ゲーブルを心底尊敬する。
あぁ~本作のジーン・ハーロウのようだったあの子に幸せあれ…
pier

pierの感想・評価

4.0
ゲイブルの男らしい制服姿と眼差しが格好良い。
ジーン・ハーロウとの共演も最高。