修羅がゆく8 首都血戦の作品情報・感想・評価

「修羅がゆく8 首都血戦」に投稿された感想・評価

大きな力にも屈せず、自らの矜持を貫き通す本郷組長の生きざま、自分はやくざではないし、それに憧れるものでもないですが、心揺さぶられる。
自分の生き方を、信念を、改めて省みる。
そんな作品です。