危険旅行の作品情報・感想・評価

危険旅行1959年製作の映画)

製作国:

上映時間:99分

3.3

「危険旅行」に投稿された感想・評価

一

一の感想・評価

-
中村登らしい観光映画。相変わらず高橋貞二は厚かましい。稲子の長崎の乳母・沢村貞子、日焼けメイクがすごすぎて最初誰かわかんなかった。そしてやけに強調された垂れ乳。芸が細かい。
凡作すぎるぞ中村登。有馬稲子が出てる以外いいとこ見つかんねえ。伊藤雄之助もなんか遠慮してる感あるし。ただ、当時の風景や景色を堪能したい人は必見。
アグファカラーで描かれる50年代末の西日本の風景が、それはもう美しくてうっとりする。有馬さんもものすごくすてきで、フェリーで海をバックにしたシーンなんか、往年のハリウッド映画のヨーロッパ―ニューヨーク間の豪華客船の1場面かと思ってしまう。
ひょっとしたら、冒頭の伊藤雄之助はワンカットでめちゃくちゃしゃべってなかった?(カット割ってたかな?)

2019/10/6「ラブコメ大好き!」@ラピュタ阿佐ヶ谷