1959年製作のおすすめ映画 779作品

1959年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、クライド・ジェロニミ監督の眠れる森の美女や、ハーディ・クリューガーが出演する狙われた男、勝手にしやがれなどの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

数あるディズニー映画の傑作の中でも、美術面においてこの作品の右に出るものはそうそうないと思う。 シャルル・ペロー原作…

>>続きを読む

ディズニーでこの映画はシンデレラと同じくらい好き😘 オーロラの美しさと美声は魔法使いからのプレゼント😊 あのウエスト…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

軽妙なジャズが流れ、『プレイタイム』の様な車の往来が映し出され、「おっ、なんか楽しい事が始まる予感がするぜっ!」なんて…

>>続きを読む

陽性童貞映画(陰性はイエジのアレとか)。硬派を気どるも即落ちなハーディ・クリューガーがチョロすぎてニヤつくが、孤独なフ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

有名なゴダールの『勝手にしやがれ』を スターチャンネルで、やっと やっと 見ました! ヌーベルバーグの作品とか… …

>>続きを読む

アウトローな主人公をとりまくお洒落な街・ファッション・会話!休日の朝に観るには最高すぎた… 密告者は密告し、強盗は強…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

記録(過去に観たもの) 今年1本目のレビュー。 古い映画が観たいと思っていた私、学校の宿題(世界史)で今作を観ようと…

>>続きを読む

「タイタニック」「ロード・オブ・ザ・リング〜王の帰還〜」とアカデミー賞最多11部門受賞で並ぶ超大作歴史スペクタクルとい…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

プー。 「どうだい!」 軽石を削って食って自在にオナラを出す。 そこにシビれる!あこがれるゥ! いや、どうでもえぇわ。…

>>続きを読む

時代は高度成長期となり、戦時中の質素な暮らしは影を潜めてテレビ、洗濯機など一般家庭にも次々とアメリカ式の生活が浸透して…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

フランソワ・トリュフォー不朽の名作! ものすごい久しぶりに鑑賞しました。 学校にも家庭にも居場所が無いドワネル少年。…

>>続きを読む

フランスの少年アントワーヌの話。 誰も優しく本当のことを聞いてあげようとしない。偏見、無視、邪魔者扱い。複雑な家庭事…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

東京国際映画祭の特別企画「トリビュート・トゥ・コメディ」で「お熱いのがお好き」を何十年ぶりかで見た。4Kにリストアーし…

>>続きを読む

アメリカ映画協会が選んだコメディ100選で第一位に輝いた、まさに頂点のような作品。 中2だった私はこの映画を見てジャ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1960年、フェデリコ・フェリーニ監督。 カンヌ国際映画祭パルムドール、アカデミー衣装デザイン賞他 作家志望だがゴシ…

>>続きを読む

終戦後、我々はあらゆる自由を許されたが、人はあらゆる自由を許されたとき、自らの不可解な限定とその不自由さに気づくであろ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

浮草 「後悔先に立たず」をこんなにも美しく表現できる作品は他にあろうか。 大切にしなくちゃいけない人を大切にできな…

>>続きを読む

雨降って地固まる、人間模様のほの温かさを描いた名作。小津監督作品の中では取り分けテンションが高く、逆に取っ付きやすくな…

>>続きを読む

ヒロシマモナムール/二十四時間の情事

製作国:

上映時間:

91分

ジャンル:

3.6

おすすめの感想・評価

ヒロシマ 自分は生まれは違うけど、物心ついた頃からヒロシマに住んでいる。 映画の冒頭。1959年のヒロシマが映され…

>>続きを読む

原爆投下から14年後の広島。 フランス人女性と日本人の男性が 肌を重ね合う不穏なシーンから〜 (エマニェル・リヴァさん…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

グル・ダットについて初めて言及するってのに遺作からってのは我ながらどうかと思うものの、タイミングが合ったのがこれだけだ…

>>続きを読む

名声を得れば蜜のように甘い世界、それを失えば毒のように苦い世界、虚言と贋物で飾り付けられた華のある映画界、いや栄華界。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

久しぶりに観てまず感じたのが、「『北北西に進路を取れ』ってこんなエロい作品だったっけ?」という戸惑い(笑 年齢を経て…

>>続きを読む

〝あなたはハンサムだから❤️〟 はいはいでたでた、大正義ハンサム |ω・`) サスペンスのランキングとかで入っ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

《息づく登場人物》 ジョン・カサヴェテス監督作品。ジョン・カサヴェテス作品は初見だったのだが、今見ても新鮮さがある作品…

>>続きを読む

12月9日はアメリカにおけるインディペンデント映画の礎を築いたジョン・カサヴェテスの生誕87周年! 本作は元々ハリウ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

冒頭のシーンと最後のシーンの繋がりの意味が分かった時、それはもう涙でいっぱいでした。 僕の中で戦争映画というジャンル…

>>続きを読む

【もう一目家族に会うために…】 ーーーーーーーーーーーーーー 監督:グリゴーリ・チュフライ 製作国:ソ連 ジャンル:戦…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

なんかこのタイトルバック見た記憶がある…と思ったら、昔読んだ金井美恵子の映画レーザーディスクの評論集「愉しみはTVの彼…

>>続きを読む

最高傑作作って監督業を引退するとかダグラス・サークカッコよすぎる。 個人的には「天はすべて許し給う」が好きだが、今作は…

>>続きを読む

最高殊勲夫人

製作国:

上映時間:

95分

ジャンル:

4.2

おすすめの感想・評価

増村保造監督作品初鑑賞。 このジャケットの可愛らしさに惹かれ、この作品をまず鑑賞してみた。 この監督の製作した映画や…

>>続きを読む

三原家の3人兄弟と野々宮家の3人姉妹。三原商事の社長である一郎と野々宮家の長女が結婚。さらに重役である二郎とは次女が結…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

パッとタイトルだけ見ると『眼のない顔』って勘違いしちゃいますが、『顔のない眼』です(笑)私も逆やと思ってました(^_^…

>>続きを読む

助けて… わたしの顔が … 崩れていく! 交通事故で顔に大火傷を負い、人目を避けてひっそりと暮らすクリスティーヌ。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

圧倒される カーニバル ブラジル リオデジャネイロ 躍りに踊る! 町中ワチャワチャ "幸せかって? 踊って…

>>続きを読む

ストーリー的にはそんなに面白いとは思わなかったけど、華やかな魅力と歓びがどっさりあった。まず、主演の男優がすごくいい!…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ダニー・ケイ主演「5つの銅貨」は50年代に多く作られたジャズ奏者の伝記映画の中でもかなりの傑作だと思う。 もしこの映…

>>続きを読む

幸せに泣き不幸に泣き、そしてまた奇跡と幸福に泣く、これぞ名作、これぞ音楽は魔法、クララが立ったの8倍は泣ける。ある音楽…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

図らずして奪ってしまう男と、何もかも奪われた男。 タイトルも有名だし、内容も悪くなかったですが、ちょっとアイテムの出…

>>続きを読む

有名だしヌーヴェルヴァーグの名作って言われてるし期待して見ちゃうよね。 んとね~ 思ったより普通だった(´ヮ`;) …

>>続きを読む
>|