ブラッディ・マロリーの作品情報・感想・評価

『ブラッディ・マロリー』に投稿された感想・評価

日本のアニメや漫画に大きく影響を受けた上で生まれたフランスのオタク監督の映画。80年代ホラーのエッセンスも多分に。映像の質感まで外国映画というより日本の特撮番組みたいに見えるのは狙ってか低予算だから自然と、か。分からんが。
スコアを川井憲次に依頼ってとこがたまらない。他にはないこの作品だけの独特な旋律が素晴らしい。全編に渡って効いてるかというと微妙でメインテーマだけな感じだが。
鈴木蘭々のお姉ちゃんみたいな女の子が、主人公のマロリー。
マロリーは結婚式の当日、いきなり吸血鬼?みたいなのに変貌した自分の夫に襲われる。

しかし強気なマロリーは、ウエディングドレス着たままそれを斧で叩き殺してしまう。...と思ったら死んでない。てかマロリー、その斧はどっから出した?

バンパイアだか魔物だかになってる夫は、マロリーに呼び出されたらいつでも参上する手下みたいになる。何なんだお前はw

B級臭いのは大好きなんだけど、これマンガだね。何か楽しそうにはしゃいでるマンガ。
最後に出てくる、日本の伊豆の話は興味深いけど。
特に好きでもないバンパイアハンターもの。メイク、衣装が安いコスプレみたいで嫌。当時セルDVDパッケージがイラストで、フランス製のアニメだと勘違いし、さらに音楽が川合憲次だったのでつい買ってしまい大変がっかりした。日本のアニメ好きのフランスのオタクが監督したらしい。特撮ヒーローものの敵の女性幹部とかが好きな人は好きだと思う。
もちこ

もちこの感想・評価

3.5
なんだか
たまらなく好きな
B級映画 (*・∀・*)

昔の少女漫画『悪魔の花嫁』とかを
どことなく思い出させるような
殺した悪魔の旦那との関係性とかも好きです。

ゲームのような
戦隊モノのような
そうゆう系を見るような感覚で見たら
多少の違和感も楽しいかと思います ( ´∀`)
竿太郎

竿太郎の感想・評価

1.0
何とも安っぽい作り。前半の設定のくだらなさや演技の酷さに落胆するが、ちりばめられたコミカルな笑いあり。オカマのヅラを取り返して返すなど、謎のジョークが少し笑える。ほったらかしの展開多数でざっくりすぎる、オチもひどい。
ああ〜コレほんと楽しくて好いんだな〜!こんなして色々な困難ノリ超えてしまえる世界に憧れる!かも(z_z)
M少佐

M少佐の感想・評価

2.5
 もうね笑うしかないのです。

悪魔に騙された女、ドラァグクイーン、訳あり少女、巻き込まれ神父。
悪魔とダラダラ戦うぞい。

設定が漫画かよと思ったら監督、日本のアニメオタクでしたよハイ。

いやもうね、なんと言ったらいいか。
美味しい題材なのに今一歩。

所々見所が散見されるのがまた痛し痒し。
微妙なホラーっぽいアクション?なのか?

悪の親玉が乗り移る人が余りに偉大な人過ぎて大丈夫かと心配になる、変な映画。

あなたにおすすめの記事